Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ヴィーヴルサヴィ(リトルディッパーの2015)   [募集馬 / 社台ファーム]
2017/04/17
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン並びにトレッドミルでの運動を行っています。担当スタッフは「この中間に幾らか疲れを感じさせたことから、騎乗を休止して軽めの運動に切り替えました。一過性の疲れと見ていますし、そろそろリフレッシュを挟むことも検討していましたので問題ありません。近いうちに騎乗を再開出来そうですよ。夏場からというよりも秋口の始動をイメージしていますので、今後もじっくりと乗り込みながら更なる成長に繋げたいですね」とコメントしていました。まだまだ良化の余地を残しますので、焦らずに成長を促したいところです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/03/31
社台ファームで育成中。現在は直線・周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は直線ダートコースで1000mを18〜20秒ペース及び周回ダートコースで1200mのキャンターを基本に調整中です。週に1回直線コースでの調教は2本行っています。まだ緩さが残りますが、徐々に背腰もしっかりとして蹴る力がパワーアップしてきましたね。クモズレを起こすのも減ってきています。この時期としては軸のブレがなく、正確なフットワークを刻んでいます。まだまだ変わってきそうな体型をしていますし、これからどう変化していくのか楽しみですね。ここまでは順調です」とコメントしていました。現状は幼さの残る体付きですが、成長途上でも能力を存分に感じさせる動きを見せており、今後の成長が楽しみでなりません。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高161cm、胸囲190cm、管囲20.5cm、馬体重は523kgです。
2017/02/28
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動並びに直線・周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も直線ダートコースで1000mを18〜20秒ペース及び周回ダートコースで1200mのキャンターを基本に調整中です。直線コースでは必ず後傾ラップを刻むように心掛けています。背腰を中心にやや疲れを感じさせたことから、この中間はトレッドミルでの運動を取り入れながら進めていますが、一時期よりも疲労が抜けてきた印象です。継続して乗り込んで来たことで緩さも少しずつ解消され、こちらが思っているよりも良い成長曲線を描けていますよ。この調子で底上げを図っていきたいですね。ここまでは順調です」とコメントしていました。まだ体付きに余裕があるため、素軽さという点では一息ですが、体幹がしっかりとして来ているようで動きも着実に良化している印象です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高160cm、胸囲188cm、管囲20.5cm、馬体重は528kgです。
2017/01/31
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに直線・周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「引き続き直線ダートコースで1000mを18〜20秒ペース及び周回ダートコースで1200mのキャンターを基本に乗り込んでいます。力任せに走るのではなく、リラックスして走れているのは好印象です。汗をかきにくい時期なので体重は増えていますが、伸縮性の高い動きを披露し、重苦しさはありません。軸のブレがなく、肩周りを中心に筋肉が発達して逞しいシルエットになってきました。この時期としての完成度は高い印象ですが、まだ背腰が緩いですし、それに伴ってクモズレ(後肢球節下部に出来る傷)を起こしやすいので注意したいと思います。緩さが解消してくれば更にハミを取ってくれるようになるはずですよ」とコメントしていました。父の産駒らしい体型の持ち主ですが、母の父アグネスワールド号の影響か更にコロンとしたスピード馬らしい体型に変わってきています。強風にも動じず、安定感のあるフットワークを披露していました。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高160cm、胸囲185cm、管囲20.0cm、馬体重は520kgです。
2016/12/30
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、直線及び周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も直線ダートコースで1000m、周回ダートコースで1200mのキャンターを基本メニューに調整を進めています。幾分ペースは上げていますが、砂の深いダートでの調教は若馬には結構な負荷が掛かりますので、今は速めを乗るよりもじっくり乗り込んで基礎体力の強化に努めているところです。いかにもタートルボウル産駒らしいフォルムで、芝・ダート双方に対応してくれるのではないでしょうか。一時期に減った馬体も回復し、一回り大きくなって更に逞しくなりました。これからの成長がとても楽しみですし、ここまでは順調です」とコメントしていました。先日は兄のバイオンディップス号が後続に9馬身差を付ける圧勝劇を演じました。本馬も兄のような見映えのする雄大な馬格の持ち主で、将来性を存分に感じさせます。現在の測尺は体高159cm、胸囲185cm、管囲20.0cm、馬体重は514kgです。
2016/11/29
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、直線及び周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「母親や兄弟たちが気難しくレースで能力を発揮しきれない馬が多いことから注意していますが、同馬はおとなしくて素直ですし、馴致も滞りなく終えることが出来ました。直線ダートコースで1000m、周回ダートコースで1200mのキャンターを基本メニューに調整を進めています。まだ速めの調教は課しておらず、まずはじっくりと基礎固めに注力する予定です。今のところ気性面で不安を感じることはありませんが、血統的なことも考慮しながら進めていきます。走ることに対して前向きで機敏な脚捌きには好感触を抱いています。正しい姿勢で騎乗者の指示を受けることが出来ていますし、安定したフォームでパワフルに駆けているので期待の高い1頭です」とコメントしていました。血統背景からも気性面が課題になると見ていましたが、現時点で不安を感じさせることはありません。今後どのような成長曲線を描くのか今からとても楽しみです。現在の馬体重は504kgです。
page top
page top