Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
メバエ   [外厩馬 / ノーザンファーム空港]
2017/08/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「外傷部は見た目にも目立たなくなってきましたし、もう影響はないと判断しています。今週に入ってからリフレッシュのため小休止させていますが、15-15秒程度をコンスタントに乗りながら体重も維持出来ているのは良い傾向で、体が減らなくなってきましたね。以前よりも落ち着いていて敏感な部分も薄れてきましたし、ここまで地道に進めてきたことが形になってきている印象です。9月中には送り出せると見ていますので、このまましっかりと乗り込んでいければと思います」とコメントしていました。鍛錬の成果で中身も進化している様子が伺えます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は465kgです。
2017/07/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「中間も順調に乗り進めることが出来ており、怪我の影響はないか注意しながら見ていますが、現段階で気になる点はありません。可動部の負傷でしたから心配でしたが、大事に至らず安堵しています。現在は坂路でハロン16秒を切るところまで進めていますので、更にペースを上げて乗り込んでいく予定です」とコメントしていました。見た目に傷跡は残っていますが、走ることに対しての影響がなく一安心です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は460kgです。
2017/07/14
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「乗り出してからも傷口が開くようなこともないですし、経過としては良好です。既に坂路にも入れてハロン16秒台までペースを上げていますが、現在の感じからすればこのままピッチを上げていけるのではないかと見ています。まだ見た目には外傷の跡がハッキリと残ってはいますが、今後の調整に支障はなさそうですよ。北海道も日中はかなり暑いため、他の馬もそうですが同馬もいつもよりおとなしい感じがしますので、体調面にも気を配りながら進めていければと思っています。ご心配をお掛けしてしまいましたが、影響は最小限に食い止めることができましたし、秋を見据えてしっかりと乗り込んでいきたいですね」とコメントしていました。トラブルに際し、デビューが遅れることも懸念されましたが、ほぼ影響はなさそうです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は462kgです。
2017/07/05
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「想像以上に傷の回復が早く、抜糸を済ませたうえで昨日4日から騎乗を再開しました。今のところ傷口が開いたりすることもありませんし、このまま進めていけそうなので週末には坂路にも入れたいと思っています。今の感じであれば、秋の前半でのデビューも可能ではないでしょうか。無理はさせられませんが、徐々にピッチを上げていければと考えています」とコメントしていました。患部の状態が心配されましたが、牧場の懸命な対処により、当初の見込みよりも順調に回復しています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/06/29
ノーザンファーム空港に滞在中。本日の調教中に騎乗者が落馬し、放馬した際に転倒するアクシデントが発生いたしました。担当スタッフは「馬体の左側から転倒する形になり、左前脚の上腕部と肘の部分に裂傷を負ったことから、すぐに縫合の処置をおこないました。また、左側面の全体的に細かな擦り傷が見られますので、そちらも消毒等の処置をしています。獣医師の診断では、現時点で競走能力への影響はない見込みであるとのことですが、可動部が裂傷してしまっているので回復には少々時間が掛かってしまいそうです。今のところ完全に休養させるのではなく、一週間ほどはウォーキングマシンでの運動に留め、その後については患部の症状を見ながら騎乗再開のタイミングを図りたいと思います。ここにきて馬が良くなってきていただけに、痛恨の極みです。やや敏感な性格でもあるだけに、我々も騎乗者も細心の注意を払いながら取り組んできたのですが、このような事態となり大変申し訳ございません。早ければ来週に騎乗を再開できるかもしれませんが、まずは患部の回復を最優先にしたいと思います」とコメントしていました。今後は患部の症状を見ながら処置を続け、騎乗再開のタイミングを図ります。
2017/06/23
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「先週末に熱発し、熱自体は1日で引いたのですが、ここ最近は坂路2本の調教をしっかりこなしてくれていましたので、このタイミングで小休止させることにしました。それでも以前のように騎乗を休ませているわけではないですし、乗り込みはしっかり行っています。走りや体の使い方は良くなってきていますし、鍛錬の成果が出てきました。欲を言えば、もう少しリラックスして走れると良いですね。闘争心があるのはいいのですが、力みが抜けてくれればエネルギーの消費も効率良くなるので体付きにも余裕が出てくると思います。今後は秋前半のデビューを視野に乗り進めていく予定です」とコメントしていました。スリムに写った馬体も、随所に筋肉が備わって厚みが増し、見映えのするフォルムに変貌を遂げています。軽快で機敏なキャンターを見せており、期待は更に高まってきました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は458kgです。
2017/06/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「週2回の坂路調教を継続しており、1本目を18秒ペース、2本目を16秒ペースで乗っていますが、そんな中でも体が減るどころか増えているので、とても良い傾向ですね。気候が良くなってきたこともあって状態が上がってきたようで、体質面も強化され精神面の成長も感じさせますし、軌道に乗ってきましたね。元から素質は高く評価されているだけに、この調子で更にレベルアップさせたいですね」とコメントしていました。今春のクラシック戦線は父の産駒が大活躍を見せましたが、来春は同馬が活躍を見せてくれるのではないでしょうか。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は462kgです。
2017/05/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調で、ペースこそ変わりありませんが、週2回の坂路2本の登坂も継続しています。汗をかきやすくなってきましたが、以前に比べて馬体が減らなくなってきましたし、良いボディラインを維持出来ているのは良い傾向です。飼葉もしっかりと食べていますよ。まだ精神的に不安定なところがあり、一旦スイッチが入ると大変なところもあるので、そこは注意しながら進めるつもりです。そんな中でも走り自体は着実にレベルアップ出来ていますし、この調子で進めながら心身の更なる成長に繋げていきます」とコメントしていました。オークスではハービンジャー産駒のモズカッチャンが勝ち馬に迫る走りを見せ、2着に好走しました。先週、西村調教師も同馬を視察され、以前に比べ馬体がボリュームアップしたことに好印象を持たれたようです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は454kgです。
2017/05/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「騎乗再開後もすこぶる順調で、中間から週2回の坂路調教で2本登っています。1本目は18秒、2本目は16~17秒ペースで乗っており、まだまだ走りには余裕がありそうです。脚元や体調面で不安はなさそうですが、2本乗っている分だけ体が減ってきていますので、今後も適度に小休止を挟みながら乗っていければと思います。期待が高いようで西村先生からは早く入れたいと言われているのですが、もう少し土台を固めなければなりません。焦らずに基礎を固めていきたいと思います」とコメントしていました。父の産駒はオークスに4頭がエントリー。来週の大一番にもペルシアンナイトが控えており、評価と期待は高まるばかりです。同馬も偉大な父や母系の更なる繁栄をアピールする役割を担ってほしいものです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/05/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「先々週から騎乗運動を再開しました。長く休ませたわけではありませんが、体がふっくらし、気持ちも落ち着いてリフレッシュ効果が感じられますね。坂路では1ハロン18秒ペースで1本を基本としていますが、今の貯金を保っていって2本乗れるようにしたいですね。まだ体幹がしっかりとしきれていませんが、その点が解消してくれば必要な筋肉も自ずと身に付いてくると見ています。とにかく動きが素軽く、芝が合いそうな印象です」とコメントしていました。休ませた効果により、体をふっくら見せ毛ヅヤも良くなっています。ペルシアンナイト、モズカッチャンなど春を迎えて父の産駒が大活躍していますが、来春は同馬が競馬場を沸かせてくれることでしょう。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は458kgです。
2017/04/17
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンおよびトレッドミルでの運動を行っています。担当スタッフは「体調面や脚元に問題はないのですが、テンションが上がりやすいことと、体が減りやすいことを考慮し、一旦リフレッシュを挟むことになりました。気持ちも落ち着いて体もふっくらしてきましたので、今のところ来週には騎乗を再開する予定です。能力の高さを感じさせますが、まだ未完成ですので今後も焦らずに進めていきます」とコメントしていました。昨日の皐月賞(G1)では父の産駒ペルシアンナイトが僅差の2着と奮闘し、父の評価を更に高めています。同馬の期待も高いだけに、素質の芽を摘まないように成長度を見ながら進めていく方針です。今のところ、来週にも騎乗調教を再開することになっています。
2017/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「脚元に関しては問題なく、順調に乗り進めることが出来ています。坂路では1ハロン16秒ペースにペースアップしていますが、手応え十分に駆け上がっています。体重は幾らか増加しましたが、骨格からするとまだまだ物足りません。全身を使って走れる馬ですし、騎乗者も高い評価を与えています。調教後も元気一杯で体力的にはまだまだ余裕がありそうですよ。あと1~2ヶ月は下地をしっかりさせて、全体をフィットさせたいと思います。能力の高さを感じているだけに馬の成長に合わせて見合った負荷を掛けながら育てていきたいですね」とコメントしていました。飛節部の不安は解消しましたが、もう少し体付きに余裕を持たせたいところです。伸びやかで柔軟性のある動きから高い資質と豊かな将来性を感じさせる同馬ですので、今のうちにしっかりと基礎を固めていきます。
現在の測尺は体高159cm、胸囲178cm、管囲20.0cm、馬体重は434kgです。
2017/02/28
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「飛節部の腫れも解消したことから、騎乗運動を再開し、坂路調教も行っていますが、現状は問題無さそうですね。坂路では1ハロン17~18秒ペースで1本を基本としていますが、17秒を切ることもありますし、楽な感じで走れていますよ。まだ食べた物が実になりにくいようで、体付きが細めに映るのでもう少し余裕を持たせたいですね。体力的には対応可能ですので、体付きに余裕が出来てきてから登坂本数を増やしたいと思います。まだ成長途上ではありますが、父の産駒らしく全身をしっかりと使って動けているように能力の高さを存分に感じさせています。どこかでガラッと変わってくれると見ていますし、今後の成長がとても楽しみです」とコメントしていました。飛節部の腫れも治まり調教再開後の調整は順調です。坂路では首と体をしっかりと使った走りを披露しています。先週は父の産駒ペルシアンナイト号が重賞を制し、春の大舞台に向けて名乗りを上げていますので、同馬が競馬場で走るのが待ち遠しいです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高159cm、胸囲178cm、管囲20.0cm、馬体重は426kgです。
2017/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。中間は左後肢の飛節部に腫れが見られたことから大事を取って先週から騎乗を控えています。担当スタッフは「飛節部の腫れは徐々に落ち着いてきていますが、重要な箇所なのでウォーキングマシンでの運動で様子を見ています。重度ではないですし、よく見られる症状ですので心配はありません。体重こそ変わりありませんが、全体的に見た目は逞しくなってきました。動きは機敏でしなやかですし、高い資質を感じさせますね。精神面も落ち着いていますし、素直な性格でこれと言った癖も見せていません。お休みさせたこともあって無理はさせませんが、間もなくトレッドミルの運動を始める予定です」とコメントしていました。飛節部の腫れは幸い一過性のもので今後に影響を与えるものではありません。いかにも芝が合いそうで弾むような足捌きが目に付きます。父の産駒は今年もクラシックシーズンを賑わしそうですが、来年は同馬が盛り上げてくれることを期待せずにはおれません。今後は、同馬の状態を確認しながら左後肢の飛節部に注意を払い調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高159cm、胸囲178cm、管囲20.0cm、馬体重は432kgです。
2016/12/30
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンターと週に2回は900mの坂路を2本登坂しており、ハロン17秒までペースを上げています。もう少し縦に伸びて、幅も出てきて欲しいところですが、体重は減少しながらも腹周りは良い意味で余裕があるのは好印象です。今は成長段階でこれから体格も変わってくるはずなので、今後の成長を大いに期待しています。動きはとても柔らかくてしなやかで能力を感じさせる1頭です」とコメントしていました。今年も幾多の活躍馬を輩出した牧場でしっかりと鍛練を重ねています。現在は基礎固めに注力していますが、来春には一段と逞しくなった姿を披露してくれることでしょう。現在の測尺は体高159cm、胸囲178cm、管囲20.0cm、馬体重は431kgです。
2016/11/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコース、屋内坂路コースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「落ち着いた性格で馴致も無事に完了し、スムーズに調教へと移行することが出来ました。週に2回は900mの坂路を1本登坂しており、ハロン18〜19秒位のところまで進めています。これから厳冬期を迎えますし、冬の間は時計消化よりもしっかりと中身の構築と体力造りに重きを置く方針で、来春の雪どけの頃に15-15秒を開始するイメージです。横から見た姿は成長を感じますが、これで幅がもっと出てくれれば期待は更に膨らみますね。奥行きのある血統背景もそうですし、柔軟性のある動きが魅力的で手先の軽い馬なので楽しみな逸材です」とコメントしていました。カタログ写真撮影時よりも一回り大きくなり、確かな成長を実感することが出来ます。偉大な母系を更に繁栄させる一役を担ってくれることでしょう。現在の馬体重は437kgです。
page top
page top