Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
アカネコントレイル(スギノセンヒメの2015)   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2017/04/17
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋外のダートコースでの騎乗運動を中心に調整を行なっています。担当スタッフは「左飛節硬腫は徐々に良化してきており、休むことなく乗り進めることが出来ています。先日、屋外の1600mのダートコースが使えるようにになりましたので、現在は20秒ペースで調整中です。力を要する馬場ですが、脚捌きはしっかりとしていますし、力強いフットワークを見せています。この調子で乗り込んでいき、坂路入り再開のタイミングを図る予定です」とコメントしていました。飛節の状態は安定していますが、大事を取ってフラットコースでの調教を中心に行なっています。そんな中でも脚力を存分に感じさせる走りを見せており、期待の高さに変わりはありません。今後も脚元の状態に合わせて調整を進めていきます。
2017/03/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCのダートコースでの騎乗運動を中心に調整しています。担当スタッフは「ここにきて良化が目立ち、坂路では1ハロン15秒台の調教も行っていたのですが、左飛節に硬腫が見られるため、患部への負担を考慮して坂路入りは休止し、フラットコースでの調教を行っています。調教を休むほどではないですし、大きな心配はありませんが、患部が良化してから坂路入りを再開したいと思います。とても素直な馬で乗りやすいのですが、欲を言えばもう少し前向きさが欲しいですね。随所に筋肉が付いて成長や鍛錬の成果が表れてきていますし、これから暖かくなって更に良さが出てくるはずですよ」とコメントしていました。砂の深いダートコースでも安定感のある動きを見せており、体付きにも厚みが増してきました。脚元に関しても大きな心配はありません。今後は脚元の状態に合わせて調整を進めていきます。
現在の測尺は体高162cm、胸囲181cm、管囲20.0cm、馬体重は475kgです。
2017/02/28
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「引き続きBTCでの調教を中心に調整中です。屋内ダートコースで2600mのキャンターを基本メニューに、週に1〜2回は坂路で20〜25秒ペースで乗り込んでいます。以前よりも動きが素軽くなっており、到着した頃とは別馬のようですね。推進力を感じさせるようになって来ましたし、着実にレベルアップ出来ているようで好感が持てます。気性面の成長も伺えますし、ここまでは順調です。もう少し暖かくなるまでは現状のメニューで進めていきながら、しっかりと基礎を固めていきます」とコメントしていました。数多くの素質馬が在厩している同牧場ですが、同馬も見劣りすることはありません。体付きも逞しくなっており、これからどういう成長を遂げるのか今から楽しみでなりません。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高161cm、胸囲179cm、管囲20.0cm、馬体重は468kgです。
2017/01/31
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間もBTCでの調教をメインに進めています。屋内ダートコースで2600mのキャンターを基本メニューに、週に1〜2回は坂路で20〜25秒ペースで乗り込んでいます。走ることに前向きな性格ですが、素直で鞍上の指示にきちんと従っています。BTCでの同馬の力強い動きや脚捌きを見ると今後の成長が楽しみですし、現時点では脚元にもこれと言った不安はありませんよ。牧場からBTCには馬運車で移動していますが、この経験は今後において必ず役に立つと思っています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。ドリームキラリ号、レヴァンテライオン号をはじめ、青森産馬として注目を集めるミライノツバサ号など同牧場卒業生の活躍が目立ちます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高160cm、胸囲178cm、管囲20.0cm、馬体重は467kgです。
2016/12/30
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動とBTCの坂路並びにダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間からBTCでのトレーニングを開始しました。1周600mの屋内ダートコースで2400mのキャンターを基本メニューに、週に1〜2回は坂路で20〜25秒ペースで乗り込んでいます。こちらへ来た当初はボテッとして見映えは一息でしたが、馬体がスッキリとして垢抜けてきましたね。それに伴って動きも素軽くなっています。父の産駒は初年度なので、まだどういう産駒が多いのか掴みきれないものの、同馬を見ていると素質の高い馬が多く現れてきそうな印象です。伸びしろが多くありますので冬の間は無理をせず、まずは強固な地盤を築きたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。より負荷の掛かるBTCでの調教にもしっかりと対応出来ています。鍛練の成果で徐々に馬体にメリハリが出て競走馬らしいシルエットになってきました。現在の測尺は体高159cm、胸囲176cm、管囲19.5cm、馬体重は455kgです。
2016/11/29
シュウジデイファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動と牧場内の馬場で軽めの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「夏を過ぎてからこちらへ移動してきました。少々怖がりな一面はありますが、順応性が高くて馴致は問題なく終えることが出来ています。まだ軽めの慣らし運転のような調整でウッドチップコースでのハッキングが中心ですが、スムーズにステップアップしていけそうですし、動きは豪快で素質を存分に感じさせます。飼葉もモリモリ食べていて体調や脚元にも特別な不安は感じませんので、まずは基礎固めに専念する予定です。本格的に乗り込んで行ければ馬格に見合ったパワフルなキャンターを披露してくれることでしょう」とコメントしていました。今後はBTCでの調教を意識して体力強化に努める予定です。良質な筋肉を纏っており、調教を進める中でどんな成長を見せてくれるのか今から楽しみでなりません。兄たちに負けない活躍を期待しています。現在の馬体重は447kgです。
page top
page top