Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
シュバルツリッター(スターリーロマンスの2015)   [募集馬 / 社台ファーム]
2017/06/23
社台ファームで育成中。現在は周回ダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「ここまで大事を取って騎乗を控えてきましたが、背腰の状態が良くなってきたことから、中間から馬場入りを開始しています。常歩3000m、ダク2000mのメニューで調整中です。立ち上げたばかりですので、慎重に進めていますが、今のところ反動はありませんし、このまま進めていけるのではないでしょうか。お時間を頂くことになってしまいましたが、まだ焦る必要はありませんし、適切な負荷を与えながら両下を促していきます」とコメントしていました。見た目に緩んだ印象はさほど受けませんが、まずは軌道にのせたい今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。この夏、じっくり北海道で乗り込んで秋のデビューが楽しな1頭です。現在の馬体重は471kgです。
2017/06/15
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン並びにトレッドミルでの運動を継続しています。担当スタッフは「背腰の疲れも取れてきていますので、この中間から1日に30分ほど人を跨らせた状態でウォーキングマシンで歩かせており、合計で2時間の運動をメインに調整しています。トレッドミルでの運動も継続していますので、極端に緩んだ印象はありません。将来性がある同馬ですので大事に進めていますが、頃合いを見ながら馬場入りのタイミングを探っていきたいと思います。伊藤大士調教師も頻繁に来場しておりますので、同馬への期待の高さが伺えますね」とコメントしていました。父ノヴェリストの産駒が新馬戦開幕週から好タイムで勝利を挙げ、早くも注目が集まっています。更に同馬の近親アイアンクロー号が新馬戦を快勝していますので期待がますます膨らみます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は471kgです。
2017/05/31
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン並びにトレッドミルでの運動を継続しています。担当スタッフは「劇的な変化はないもののハリもなくなってきていますし、着実に背腰の疲れは軽減されています。継続してレーザー治療及び低周波治療を行っていますが、現状の感じからすると遠くないうちに騎乗を再開することが出来そうです。多少余分な脂肪は付いていると思いますが、休ませている割には中の筋肉が落ちていませんし、大きく緩んでいる感じはしませんね。まだ成長途上なのは確かですが、奥行きを感じさせるだけにこれからどんな成長を見せてくれるのか、とても楽しみです」とコメントしていました。背腰の状態は良化傾向にあり、もう少しで騎乗を再開出来る見込みです。今後も同馬の状態を確認しながら騎乗を再開するタイミングを図っていきます。現在の馬体重は471gです。
2017/05/15
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン並びにトレッドミルでの運動を行っています。担当スタッフは「歩様も良くなって着実に良化しているのは間違いないのですが、ここまで待ちましたのでしっかりと疲れが抜け切ってから騎乗を開始したいと思います。見込みより長引いてしまって申し訳ないのですが、将来性を感じる馬なので不安を払拭してから騎乗を再開するつもりです。伊藤大士先生も定期的に来場して馬を確認されていますが、無理をせずに秋の始動にしましょうということで意見が一致しています」とコメントしていました。まだ成長の余地が残るだけにこの期間での成長を期待しています。先々まで期待を持っている同馬ですので、焦らずに良化を待ち、背腰の状態が良化してから騎乗を再開する予定です。
2017/05/01
社台ファームで育成中。引き続きウォーキングマシン並びにトレッドミルでの運動を行っています。担当スタッフは「依然として背腰の疲れが残っていることから、ウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を行っています。騎乗再開には至っていませんが、ハリは和らいできましたし、背腰を触っても気にする素振りを見せなくなってきました。引き続きショックウェーブや低周波治療でケアしていきたいと思います。将来性を感じる馬ですので、見切り発車はせずに万全の状態でリスタートするつもりです」とコメントしていました。一過性の疲労と見ており、着実に良化していますので心配はしていません。今後も背腰の状態を見ながら騎乗再開のタイミングを図ります。現在の馬体重は470kgです。
2017/04/17
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン並びにトレッドミルでの運動を行っています。担当スタッフは「当初の見込みよりも回復がスローなため、騎乗を控えて様子を見ています。引き続き背腰にはショックウェーブや低周波治療を施すなどケアも継続しています。ご心配をお掛けして申し訳ないのですが、まずは回復に専念したいと思います。伊藤大士調教師も来場される度に期待の高さを話されていますし、我々の思いも同様です」とコメントしていました。思いのほか良化に時間を要していますが、治ってしまえば問題ないと見ているので、しっかりと良化してから騎乗を再開したいところです。今後も背腰の状態を見ながら騎乗再開の時期を探ります。
2017/03/31
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン及びトレッドミルでの運動を行っています。担当スタッフは「ここまで順調に乗り込めていたのですが、中間から背腰に疲れが見られるため、騎乗を控えて回復を優先しています。深刻な当初の想定より長引いてしまっていることもあり、該当部にはショックウェーブと低周波治療を施していますので、早期の騎乗再開に繋げたいですね。若駒にはよく見られるものですし、将来性を感じている馬で焦る必要はないのであくまでも状態を第一に判断していきたいと思います」とコメントしていました。早期始動も視野に入っていましたが、一旦白紙に戻すことになりました。見映えのする馬体はもちろん、走りや身のこなしから高い能力を感じているので、焦らずに進めたいところです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高160cm、胸囲186cm、管囲20.0cm、馬体重は475kgです。
2017/02/28
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに直線・周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は直線ダートコースで1000m、周回ダートコースでキャンター1200mを基本に乗り込んでいますが、疲労を残さないようにトレッドミルの運動を交えながら進めています。父の産駒らしく体を動かしたり、走るのが好きなようで前進気勢が旺盛で活力に満ちています。動きに力強さが増して来ましたし、芯に力が備わってきました。高い資質を感じていますので、期待通りの走りが出来るように今はしっかりと基礎を固めていきたいですね。この後も順調に乗り込んでいければ、夏のデビューも可能ではないでしょうか。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。昨年の2歳G1を牡馬、牝馬とも制した名門の緻密な育成により、同馬も逞しい成長を遂げています。社台ファーム生産馬として、その名に恥じないような活躍を期待したいものです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高159cm、胸囲185cm、管囲20.0cm、馬体重は470kgです。
2017/01/31
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに直線・周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「基本メニューに大きな変化はありませんが、直線走路でのキャンターは20秒〜18秒と後傾ラップを刻むように心掛けています。四肢の動かし方が正確で、手先の軽いバネの利いた足捌きは好印象です。良いフットワークの持ち主ですし、期待せずにはいられませんね。この血統は気の悪い馬が多いだけに警戒していますが、現時点ではそんな素振りは全く見せませんし、拍子抜けするほど素直ですよ。まだ基礎を固めている段階ですので、この調子で乗り込みながらペースアップに向けての下地を造り上げたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。漆黒の好馬体は健在で、迫力が増して更に見映えがするようになってきました。今年デビューを迎えるノヴェリスト産駒を代表する存在になってくれるのではないでしょうか。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高158cm、胸囲184cm、管囲19.5cm、馬体重は466kgです。
2016/12/30
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動並びに直線・周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「基本的には直線ダートコースで1000m、周回ダートコースでキャンター1200mを乗り込んでいますが、トレッドミルの運動を交えるなど、様々な調教メニューを組んでメリハリを付けて調整中です。素直な性格なので、誰が騎乗してもしっかりとコンタクトを取ることが出来るのでスタッフから愛されています。ここ最近は馬体に伸びが出て良い意味で動きに余裕が出てきましたね。現時点では適性がどこなのか掴みずらいところがありますが、逆に言えば今後どんな成長を見せるのか楽しみでなりません。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。今年の2歳G1レースは牡、牝ともに社台ファーム生産馬が優勝する快挙を成し遂げました。同馬も同牧場の生産・育成馬として偉大な先輩たちに並ぶ存在になって欲しいとの期待を抱いています。今後は、同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の測尺は体高158cm、胸囲184cm、管囲19.5cm、馬体重は468kgです。
2016/11/29
社台ファームで育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、直線及び周回ダートコースを併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この血統は気性の難しい馬も少なくないのですが、本馬は素直で人に対しても従順な性格です。現在は直線ダートコースで1000m、周回ダートコースで軽めのキャンター1200mを中心に乗り込んでいます。冬の間は体力、体幹の強化と中身の構築に努める予定です。兄のダノンミルにも乗っていましたが、気性難で持てる能力をフルに発揮出来なかった印象があります。タイプは違えど、素質を感じさせますし、兄のダノンミルで果たせなかった夢を託したいですね。見た目の印象以上に力強い走りをしていますし、この血統の成長力にも期待したいと思います」とコメントしていました。兄をよく知る担当スタッフがおり、期待と愛情を込めて育成されています。今は成長の途中でバランスが崩れていますが、奥行きのある血統馬だけに今後の成長に今から目が離せません。現在の馬体重は454kgです。
page top
page top