Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
アコラサード   [引退馬 / 高昭牧場]
2017/09/21
高昭牧場に滞在中。同馬の今後に関して牧調教師及び関係者と協議した結果、出走までには最低でも1年以上掛かる見込みで有ることや、過去の症例から判断して同様の骨折をした馬が思うように出走を果たせていないことを鑑み、誠に残念ではありますが引退する事となりました。今後は乗馬として余生を送る予定です。出資会員の皆様には後日書面にて詳細をご報告させて頂きます。これまで同馬へのご支援、誠にありがとうございました。
2017/09/14
高昭牧場に滞在中。現在は舎飼で休養中です。13日の午後に左前脚の球節部全体に腫れが見られたことから、レントゲン検査をおこなった結果、左前脚の種子骨に亀裂骨折を発症していることが判明いたしました。担当スタッフは「午前の調教中に違和感を覚えたことから大事を取って当日の調教は休止させました。そのような状況で午後になって通常時よりも腫れが目立つことから、担当の獣医師を呼んで詳しく診てもらったところ、誠に残念ながら骨折しているとの診断が出てしまいました。獣医師の話によると、種子骨の下部がT字型に割れており、長期の休養が余儀なくされる見込みです。大型馬ですし、脚部については他馬以上に時間を掛けてケアや調教をおこない、極力脚元に負担が掛からないように取り組ませていただいたのですが、このような事態となり、大変申し訳なく思っております。もう少しで美浦の近くに送り出す予定だっただけに残念でなりません」とコメントしていました。同馬の今後に関しては、牧調教師並びに関係者と協議を予定しております。
2017/08/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの屋外と屋内のダートコース、ウッドチップコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「今週から約1ヶ月間、坂路が使用できないため、フラットコースでの調整をおこなっています。坂路は前脚のへの負担が少ないだけに、同馬には適していたのですが、現在はペースよりも距離を長めに乗って運動量と脚元への負担のバランスを考慮しながら進めているところです。以前よりも真っ直ぐ走れるようになってきましたが、ビシビシ乗り込んだ割には体も締まってこないですし、気合乗りも物足りません。坂路がある方が望ましいだけに、移動させるのも一つだと思います。環境が変わることでピリッとしてくる可能性もありますので、関係者と相談して今後の方向性を決めていきたいですね」とコメントしていました。坂路が使用できないことも踏まえ、美浦近郊に移動するタイミングを探っていきます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は550kgです。
2017/08/15
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「依然として脚部の血管が膨張しているのですが、調教を進めるにあたって大きな影響はありません。水冷するなどケアしていますが、大型馬ですので今後も注意していきたいと思います。速めを乗る日は1ハロン14秒台までペースアップしており、着実に動きは良くなってきました。もう少し気合を表に出してくれるといいのですが、性格的に大きくは変わらないのかもしれません。それでも黙々と調教に臨んてくれていますし、真面目ですね。飼葉食いがとても良く、いつも真っ先に完食しており、競走馬にとっては大事なことだと思います」とコメントしていました。着実にステップアップしており、来月には気候を勘案して関東の育成先へ移す予定です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は550kgです。
2017/07/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調に乗り込むことが出来ています。暑さの影響もあると思うのですが、脚部の血管が膨張気味ですので大事を取って水冷しているものの、特に問題はありません。馬体や動きは着実に良化していますが、もう少しバランスよく走れるようにしたいですし、まだまだ良くなってきそうですよ。今後もコンスタントに乗り込むことで更に良さを引き出していきます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。晩成タイプと見ていますが、一歩一歩着実に上昇している印象です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は538kgです。
2017/07/14
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調に乗り込めており、必要な体力も備わって動きも着実にレベルアップ出来ています。もう少し素軽さと前向きさは欲しいのですが、馬体も引き締まって以前よりも軽快に動けるようになってきました。このまま乗り込めれば夏のうちに移動の目処が立つのではないでしょうか。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。丹念に乗り込まれてきたことで馬体が引き締まって気配は更に上昇中です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は532kgです。
2017/06/23
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「汗をかきやすい時期になって同馬もいい汗をかいているのですが、なかなか体が絞れてきませんね。食欲旺盛で飼葉をよく食べてくれるのはいいことですが、脚元への負担を考えるともう少し引き締めたいですね。現状では馬格に見合った馬力は備わりきっていないのですが、遅生まれで先々は良くなる手応えは掴んでいますので、焦らずに進めていきたいと思います。体が絞れれば気持ちも乗ってくるはずですし、より中身の濃いトレーニングが出来るはずですよ。ここまでは順調です」とコメントしていました。まだ荒削りですが、体幹がしっかりして芯に力が備わってくれば、恵まれた体躯を活かした豪快なフットワークを披露し、頭角を現すことになるでしょう。大器晩成型に期待です。父、そして母の代表産駒へ育ってほしいと期待しています。現在の馬体重は538kgです。
2017/06/15
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋外と屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「中間に1週間ほど休ませたのですが、いい息抜きになったようですよ。太りやすいこともあって1週間の休養でも体がボテッとなってしまったのですが、気候が良くなってしっかりと汗をかいていますので、これから引き締まってくると思います。現在は17秒を上限にしていますが、順次ペースを上げる予定です。先日、牧調教師が来場され、『大型でしっかりとした馬格の持ち主で楽しみですね』と、話されていました。代謝が良くなって夏場にグッと良くなりそうな手応えがありますのでしっかり乗り込んでいきます」とコメントしていました。1週間の休養を挟みましたが、疲れが出ることもなく、体質面も強化出来ている印象です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は545kgです。
2017/05/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も休まずに屋内の馬場で3000〜4000mのキャンターと坂路2本のメニューを消化しています。しっかりと乗り込んできましたので、そろそろ疲れが出る頃かなと懸念しているのですが、体力も備わってきているようで堪えた様子は全く見られません。ただし、見えない疲れは溜まってきている可能性がありますので、近いうちにリフレッシュさせたいと思います。いかにも成長途上と言った感がありますが、素質は感じますし、覚醒した際には素晴らしい動きを見せてくれるのではないでしょうか。ここまでは順調です」とコメントしていました。まだまだ腹回りを中心に余裕がありますが、ハードなトレーニングにもめげることはなく、体力のみならず精神面の強さも感じさせます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は538kgです。
2017/05/15
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内の馬場で3000〜4000mのキャンターと坂路2本のメニューで調整中です。この中間から速めを取り入れていて、先週末には坂路で15-15秒を行いました。いくらか引き締まってはきましたが、体に余裕があることもあってまだ前向きさが足りないですし、大型馬で遅生まれで根本的には晩成と見ているので適度にリフレッシュさせながら進めたいと思っていますので、近いうちにワンクッションで休養させるつもりです。ポテンシャルの高さを感じますが、現状はまだ目覚めきっていないだけに大事に進めていきます」とコメントしていました。まだ体を持て余している様子ですが、身体能力は高いだけに体が引き締まってくれば更に質の高い走りを披露出来ると見ています。伸びしろが多いだけに今後どういう変化を辿るのか今からとても楽しみです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/05/01
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内の馬場で3000〜4000mのキャンターと坂路1本のメニューで調整中です。まだ先頭だとフワフワすることがありますし、前向きさに欠け、気持ちに波がありますね。それでも、これから汗をかきやすい気候になりますし、体が締まってくれば気持ちも乗ってくるはずですよ。もう少しの間はタイムよりも距離を長めに乗ることを意識したいと思います。どちらかというと遅咲きだと思いますが、能力は感じていますので焦らずに素質開花させたいですね」とコメントしていました。まだ全体的に緩さと余裕が残りますが、身のこなしや走りから素質は十分に感じ取れます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は542kgです。
2017/04/17
高昭牧場で育成中。今月上旬にBTC側の厩舎へ移動し、現在はウォーキングマシンでの運動、BTCの坂路並びに屋内のダートコースを併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は屋内の馬場で3000〜4000mのキャンターを中心に調整していますが、先週から坂路にも入れています。坂路では1ハロン18秒ペースで乗りましたが、体力面も強化されているようで以前よりも走りに余裕が出てきましたね。ただ、まだまだ馬体に太め感が残りますので、もう少し引き締めてからペースアップしたいですね。性格はのんびり屋さんですが、徐々に闘志を出してくれるようになっているのは良い傾向だと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。まだ太め残りの体付きではありますが、随所に資質の高さを感じ取ることが出来ます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/03/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに馬場と坂路での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「徐々に体力も備わってきたようで、以前よりも余裕を持って調教メニューを消化出来るようになってきました。コンスタントに乗り込んでいる割には、なかなか体が絞れてこないのが悩みどころですが、これから暖かくなって更に汗をかく量が増えますので、シェイプアップ出来るはずですし、それに伴って前向きさも出てくると見ています。本領発揮は古馬になってからと見ていますので、焦らずに乗り込んでいきます。一つのプランとして、近いうちにBTC厩舎に移動させることも検討しています。ここまでは順調です」とコメントしていました。心身ともに幼さは残りますが、恵まれ体躯を活かしたキャンターは豪快で魅力的です。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高163cm、胸囲193cm、管囲21.5cm、馬体重は538kgです。
2017/02/28
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに馬場と坂路での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「BTC厩舎に移動する予定でしたが、そのままこちらで乗り込むことにしました。寒い時期で代謝が良くないのは確かですが、汗はそれなりに掻いているものの体が絞り切れません。脚元への負担を考慮し、移動やペースアップについてはもう少し絞ってからと考えています。のんびりとした性格で、先頭だとフワフワしてしまうので後ろから走らせていますが、ただ付いていくだけという感じなので、もう少し前向きさが欲しいですね。遅生まれで心身共に幼さが残りますが、雄大な馬体と走りや身のこなしから素質は感じていますし、同馬のようなタイプは過去の経験から言うと、春から夏にかけてガラッと変わってくるとみています」とコメントしていました。随所に幼さが残るのは確かですが、高い身体能力を存分に感じさせるフットワークを披露しています。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高160cm、胸囲193cm、管囲21.5cm、馬体重は536kgです。
2017/01/31
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに馬場での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「年明けにBTC側の厩舎に移動して乗り込んでいましたが、26日に元の厩舎に戻しています。見込んでいたよりも負荷の掛かる調教にもしっかりと対応出来ていましたし、良い動きを見せているのですが、念のためこちらで再度チェックして来月中旬辺りにはBTCに戻す予定です。どこかが悪いということはありませんし、引き続き騎乗を継続しながらレベルアップを図りたいと思います。先頭で走るとフワフワする面はありますが、とても素直な性格ですし、体をしっかりと使った豪快な動きは迫力満点で、将来性は高いと見ていますし、期待している馬ですので素質を開花さるためにも色々工夫していきます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。以前は体を持て余し気味でしたが、腹回りが引き締まって徐々にメリハリの利いた体付きに変わってきました。まだまだ伸びしろが多いだけに今後の更なる成長が今からとても楽しみです。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高160cm、胸囲193cm、管囲21.0cm、馬体重は530kgです。
2016/12/30
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに馬場での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「引き続き、周回コースで軽めのキャンター2000mを基本メニューに乗り込んでいます。BTCへの移動も考えていましたが、まだまだ馬体に余裕がありますので、もう少し絞って体力を付けてから移すことにしました。真冬で代謝の悪い季節ですので仕方がないのですが、思うように絞れてきません。今のままステップアップすると脚元への負担も気掛かりですので、まずはシェイプアップが優先ですね。体の割にはパワー一辺倒ではなく、身のこなしは良いのですが、逆に言えば馬格に見合った力が備わっていないのかもしれません。遅生まれですし、厳冬期は無理はさせない方針です」とコメントしていました。まだまだ馬体は太め残りで体を持て余していますが、絞れてフィットとしてくれば脚力の高さを存分に感じさせるフットワークを披露してくれるはずです。将来は姉の重賞馬ココロノアイ号を超える活躍を期待しています。今後は、同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の測尺は体高159cm、胸囲189cm、管囲20.5cm、馬体重は536kgです。
2016/11/29
高昭牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに馬場での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在は周回コースで軽めのキャンター2000mを基本メニューに乗り込んでいます。おっとりして素直な性格ですが、いざ走り出すと気持ちを乗せて走ってくれます。現状は腹回りにかなり余裕があり緩さも残っていますが、乗り込みを重ねていけば引き締まって見映えもするようになるはずですよ。幾分重苦しい感じは残るもののクッションの利いた豪快な走りを見せています。遅生まれでまだ幼い体型をしているように伸びしろが多く残されていますし、成長力のある血統なので来春にかけてグングンと逞しくなってくるはずですよ。年内には一度BTCの厩舎へ移動して調整を進める予定ですが、またこちらに戻って乗り込みを重ねることになると思います。色々と経験させていくことは今後に向けてプラスになるはずです」とコメントしていました。いかにも完成途上といった感じですが、雄大な馬格とそれを活かした推進力抜群の動きは魅力的です。今後の成長が今から楽しみでなりません。現在の馬体重は535kgです。
page top
page top