Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
フラントイオ   [外厩馬 / セグチレーシングステーブル本場]
2017/10/16
セグチレーシングステーブル本場で調整中。現在は坂路中心に乗り込まれています。担当スタッフは「以前痛めた右前脚と馬体重を考慮して、予定通り坂路での乗り込みをしていますが特に問題なく、数人の獣医師に右前脚を診断してもらいましたが、特に違和感なしとのことでした。馬体としては、良い雰囲気を持っていますので、このまま順調でしたらコースでも乗り込んで行ければと考えています。畠山調教師には、この件しっかり報告してます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。産駒の成績がジワジワ結果を出して来ていますので、同馬のデビューが楽しみになって来ました。今後は同馬の状態を確認しながらペースアップして行きます。現在の馬体重は534kgです。
2017/09/29
セグチレーシングステーブル本場で調整中。現在はウォーキングマシンでの運動で調整されています。担当スタッフは「ほぼ1週間を経過しましたが、こちらの環境にも大分慣れて来ました。北海道の育成先からは、右前脚球節側面にショックウェーブ治療を継続していたとの報告が有りましたが、現在は落ち着いています。こちらではショックウェーブ治療若しくはオゾン治療を念頭においています。馬体としてはスッキリ見せて好馬体ですね。今週末から乗り始める予定にしていますが、馬体重が500kgを超しているので、まずは坂路中心で乗り込んでいきます」とコメントしていました。慎重に脚元を確認しながらの調整となりますが、雰囲気は何かを感じさせるものが有ります。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は522kgです。
2017/09/24
9/23にセグチレーシングステーブル本場へ移動しました。北海道からの長距離輸送でしたが特に問題なく、まずは無事に到着しています。担当スタッフは「こちらに朝方に到着しました。馬房で少し休ませて体温を測りましたが、熱発はなく落ち着いています。初めての長距離輸送でしたので疲れが出てくることも予想されるので、軽いハリ治療を施して疲れを取り切ってから徐々に調整を進めて行きます。到着時の馬体重は521kgです」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/09/15
木村牧場で育成中。現在は屋内のダートコースで軽めのキャンターをおこなっています。担当スタッフは「引き続き、20~25秒ペースの軽いキャンターを3000~3800mほど乗っています。脚元への負担を考慮し、ペースを上げるよりも運動量を増やすことにしました。クラブ側と相談し、これから北海道は気温が下がってきて汗をかきづらい気候になってきますので、この後は美浦近郊で進めることになりました。定期的にショックウェーブ治療を施していますが、移動後も同様に対応していただけるように申し送りをしたいと思います。能力は感じますので、無事にデビューまで進むことを願っております」とコメントしていました。これから馬体が絞りづらくなることも考慮し、来週末に美浦近郊へ移動させて調整を進める予定となりました。今後は移動に向けて態勢を整えていきます。現在の馬体重は526kgです。
2017/08/31
木村牧場で育成中。現在は屋内のダートコースで軽めのキャンターをおこなっています。担当スタッフは「騎乗開始後も脚元の状態は安定していますので、中間から軽めのキャンターを始めています。現在は2500~3000mほど乗っていますが、今のところ脚元の状態に変化はありません。見た目にはまだ残っており、このままの形で固まるのではないでしょうか。固まってしまえば後々まで響くことはないと見ていますので、まずは不安のない状態にしてからペースアップを図る予定です。今後も必要に応じてレントゲンを撮るなど、患部の状態をよく確認しながら進めていきます」とコメントしていました。大型馬だけに、焦らず慎重に進めたいところです。今後も脚元の状態をよく確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は520kgです。
2017/08/15
木村牧場で育成中。脚元の状態に良化が見られたことから、現在は軽めの騎乗運動をおこなっています。担当スタッフは「徐々に脚元の状態が良くなりましたので、先週から角馬場で軽めの騎乗運動を開始しました。現在は1日に10~15分の速歩を中心におこなっており、時折駈歩を交えながら乗っていますが、まだ乗り出したばかりですので焦らずに進めていきたいと思います。現時点で脚元が悪化することはないのですが、体に余裕があって脚への負担も大きいだけにまずは引き締めていきたいですね」とコメントしていました。当初の見込みよりも休養が長くなりましたが、まずは一歩前進です。今後も脚元の状態をよく確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は520kgです。
2017/07/31
木村牧場で育成中。引き続きウォーキングマシンでの運動をおこなっています。担当スタッフは「腫れ、熱感ともに引いてきてはいるのですが、完全には治まり切っていない状況です。現在は1日に2時間から2時間半ほど歩かせています。成長もありますが、体がかなり大きくなっていますので乗り出しの判断は慎重にジャッジしたいですね。獣医師とも相談し、現状を踏まえ、いきなり馬場入りするのではなく、ロンギ場でのロンジングから始めることも検討しています」とコメントしていました。素質は存分に感じさせているだけに無理は禁物です。体付きや雰囲気から、先日の福島で重賞を制覇し、3戦無敗となったセダブリランテス号を想起させます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は522kgです。
2017/07/14
木村牧場で育成中。現在もウォーキングでの運動を継続しています。担当スタッフは「着実に患部の症状は沈静化に向かっているのですが、まだ幾らか隆起している状態ですのでもう少しの間はウォーキングマシンでの運動で様子を見させてください。今は2時間ほど歩かせており、運動量は少しずつ増やしている状況です。中途半端に見切り発車するよりも、根治させてから騎乗させた方が同馬のためになるはずですので、引き続きケアしながら良化を待ちたいと思います」とコメントしていました。本領発揮は来年以降と見ており、今は我慢の時です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は522kgです。
2017/06/23
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。担当スタッフは「右前脚の球節部は着実に良くなってきており、痛みや熱感も緩和されてきた印象です。今思うと急激な体の成長に、脚元が付いてこれなかったのかもしれません。特に骨質が悪いとか脚元が弱いわけではないと見ていますので、治まってしまえば後々に影響することはないと思っています。大型馬の部類になってきましたが、機敏なフットワークから芝向きと言えるのではないでしょうか。将来性は感じるだけに、しっかりと不安を解消させてから乗り始めるつもりです。うるさい性格ではありませんが、今はエネルギーが有り余っていて元気が良すぎるぐらいなので注意したいと思います」とコメントしていました。今が我慢のしどころですが、資質の高さは歴然としており、来場した畠山調教師も高い評価を与えていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は512kgです。
2017/06/15
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。担当スタッフは「右前脚の球節は、隆起していた部分が除々に引いてきていますので、良化の兆しを見せています。ショックウェーブ治療を施していますが、今後も症状を見ながら対処していきたいと思います。現在は1日に80分ほど歩かせており、今後は少しずつ時間を伸ばしながら騎乗再開の時期を探る予定です。今までは休ませても馬体の変化は少なかったのですが、いい意味で馬体が崩れてふっくらしてきましたのでいい傾向だと捉えています」とコメントしていました。3歳世代が初年度となるディープブリランテ産駒は、晩成タイプの産駒が多い印象なので、同馬も焦らずに育てて素質を開花させたいところです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は512kgです。
2017/05/31
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。担当スタッフは「引き続き騎乗運動を控えて治療を行っています。体付きは一回りも二回りも大きくなって昨年とは別馬のようになってきたのですが、まだ脚元が固まりきっていない様子なので、まずはケアしながら回復を優先させてください。筋肉の付き方や動きも馬体の充実に比例して良くなっていますし、いかにも芝向きという印象を受けます。走ってきそうな手応えを感じるだけに、しっかりと治癒させてから騎乗を再開する方針です」とコメントしていました。素質と成長力を感じさせる存在ですので、焦らずに回復を待ちます。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は502kgです。
2017/05/15
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。担当スタッフは「中間に右前脚の球節部に腫れと熱感が見られたことから、大事を取って馬場入りを休止しています。徐々にペースアップが出来ればと慎重に進めていたのですが、まだ脚元が固まりきっていないのかもしれません。一進一退で歯がゆいですし、申し訳ないのですが、少しお時間を頂いて良化を促すことになると思います。馬は成長して良くなっていますので、脚元の状態を見ながらケアを続け、騎乗を再開する時期を探っていきます」とコメントしていました。ここにきて球節部の腫れが再発したことから、大事を取ることになりました。2回目ということもあり、同馬の脚元の状態を最優先に考えながら調整していきます。
2017/05/01
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も脚元の状態も安定しており、引き続き3000~4000mを軽めのキャンターで調整しています。ぶり返すことはなく、見た目にはほとんど分からなくなってきましたので、もう心配は必要なさそうですね。もう少し様子を見て問題が無ければ坂路に入れるつもりです。一時期はある程度まで進んでいただけに、やり出せば仕上がりに手間取ることはないと見ています。最近は父の産駒が結果を出していますし、同馬も活躍してくれることを期待したいですね」とコメントしていました。騎乗を再開してからも脚元の状態は安定しています。父は初年度から数多くの活躍馬を送り込み、更に評価が高まっているだけに同馬にかかる期待も小さくありません。今後も同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は492kgです。
2017/04/17
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「脚元の状態も安定しており、現在は軽めのキャンター3000~4000mを乗っています。もう少し現状のメニューで進めてみて問題ないようであれば坂路入りを再開する予定です。まだ体力が有り余っているようで元気一杯ですが、負荷を高めていけば今までのストレスも発散出来て落ち着いてくると見ています。素質は感じさせる馬ですので、今後も状態に見合ったメニューで乗り込んで開花に繋げていきたいですね」とコメントしていました。脚元の状態も落ち着いており、順次ペースを上げていけそうな雰囲気になってきました。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/03/31
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「念のため中間に右前脚球節のレントゲン検査を行いましたが、種子骨自体に炎症はなく、幸い異常は見られませんでした。消炎剤を投与して楽をさせたことで快方に向かっており、先週から軽めの騎乗を再開しています。休ませた割に体はそれほど緩んでおらず、時期的に欲を言えばもう少し崩れても良かったのかなという気はします。でも、冬場に一気に成長を見せてくれた馬ですから問題はありません。まだ体力が有り余っているようで元気が良すぎますので、そこは注意したいですね。ゲートの扉を開けて通過させていますが全く問題ありません」とコメントしていました。患部も順当に回復して無事に立ち上げることが出来ました。父はここにきて産駒が走り出しており、母の父Bernsteinからは2016年のエクリプス賞・芝牝馬チャンピオンTepin(テピン)が誕生しており、募集当初に比べ血統的な価値も高まっていると言えるのではないでしょうか。今後も脚元の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高165cm、胸囲187cm、管囲20.5cm、馬体重は488kgです。
2017/02/28
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。担当スタッフは「2/18(土)に右前脚の球節の外側に腫れと熱感が見られたことから、馬場入りを控えています。当初は大事を取って舎飼で様子を見ていましたが、獣医師の診断では一過性のものであろうとのことで、現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。まだ熱感は幾らか残るものの、腫れは引いて来ていますので、騎乗再開までにそう長い時間は掛からない見込みです。乗り込みと共に確かな成長と良化を実感していただけに、ご心配をお掛けして申し訳ないのですが、治まってしまえば問題ないと見ていますので、まずは治療とケアに専念したいと思います」とコメントしていました。発症当初は心配されましたが、幸い重い症状ではなく、既に騎乗再開の目処が立っています。顕著な成長を見せているだけに、まずは一歩一歩慎重に立ち上げたいところです。今後は脚元の状態をよく確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高165cm、胸囲186cm、管囲20.5cm、馬体重は492kgです。
2017/01/31
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はウォーキングマシンで1時間の運動後にダートコースで軽めのキャンターを2000~3000mほど乗っています。乗りこむに連れて、少しずつテンションが高くなってヤンチャな一面が表面化してきました。極端に悪いわけではないので困るほどではありませんが、注意深く育てていきます。バネを感じさせる動きをするので、いかにも芝で切れそうな印象ですよ。素質は高いと感じていますので、このまま心身ともにレベルアップを図っていきたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。背が伸びて一回り大きくなり、右肩上がりにスケールアップしています。同場で育成されメイクデビュー勝ちのクーリュ号も同馬同様に育成時はバネを感じさせる動きをしていただけに、同馬の活躍が楽しみになって来ました。今後は、心身の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高165cm、胸囲186cm、管囲20.5cm、馬体重は488kgです。
2016/12/30
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はウォーキングマシンで30分の運動後にダートコースで軽めのキャンターを3000mほど乗り、週に一回は坂路を1本軽めに登らせています。依然として幼さは残りますが、動きはダイナミックでいかにも広いコースが合いそうな雰囲気ですね。これから厳しい寒さが続くので無理をさせることはありませんが、成長次第では早期デビューを目指したいという思いもあります。今夏はレヴァンテライオン号が賑わしましたが、来夏は同馬が盛り上げられるようにしたいですね。ここまでは順調です」とコメントしていました。責任者も同馬の素質を感じ取っており、気合が入っています。心身ともに幼さは覗かせますが、このひと月で筋肉に厚みが増して随分と逞しくなりました。24日に藤田菜七子騎手騎乗で優勝した当クラブ所属馬シルヴァーメテオ号を管理している美浦・畠山吉宏厩舎預託予定で、畠山調教師も同馬をじっくり見て頂いており、納得の1頭のようです。今後は、同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の測尺は体高163cm、胸囲186cm、管囲20.5cm、馬体重は476kgです。
2016/11/29
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はウォーキングマシンで30分ほど歩かせてからダートコースで軽めのキャンターを2000m前後乗っています。まだ子供で気の勝った面があり、騎乗者に逆らったり、物音に敏感に反応するなど走ることに集中しきれていませんが、当初よりも落ち着きは出てきました。父の産駒は腰の甘い馬が多い印象があるのですが、同馬は背中の感触が良くて乗り味がいいですね。また、広いコースを得意とする産駒が多いように感じており、同馬からもそういった雰囲気が感じられます。素質は感じさせる馬ですし、冬の間は基礎をしっかりと築いて春先に15-15秒を開始するイメージで育成する予定です」とコメントしていました。心身ともにまだまだ幼さが残りますが、踏み込みが深くしなやかな動きは魅力的です。今年の皐月賞馬ディーマジェスティ号を育て上げた育成先でしっかりと鍛練を重ねていきます。現在の馬体重は466kgです。
page top
page top