Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
フラントイオ(ワンオリーブの2015)   [募集馬 / 木村牧場]
2017/04/17
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「脚元の状態も安定しており、現在は軽めのキャンター3000~4000mを乗っています。もう少し現状のメニューで進めてみて問題ないようであれば坂路入りを再開する予定です。まだ体力が有り余っているようで元気一杯ですが、負荷を高めていけば今までのストレスも発散出来て落ち着いてくると見ています。素質は感じさせる馬ですので、今後も状態に見合ったメニューで乗り込んで開花に繋げていきたいですね」とコメントしていました。脚元の状態も落ち着いており、順次ペースを上げていけそうな雰囲気になってきました。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2017/03/31
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「念のため中間に右前脚球節のレントゲン検査を行いましたが、種子骨自体に炎症はなく、幸い異常は見られませんでした。消炎剤を投与して楽をさせたことで快方に向かっており、先週から軽めの騎乗を再開しています。休ませた割に体はそれほど緩んでおらず、時期的に欲を言えばもう少し崩れても良かったのかなという気はします。でも、冬場に一気に成長を見せてくれた馬ですから問題はありません。まだ体力が有り余っているようで元気が良すぎますので、そこは注意したいですね。ゲートの扉を開けて通過させていますが全く問題ありません」とコメントしていました。患部も順当に回復して無事に立ち上げることが出来ました。父はここにきて産駒が走り出しており、母の父Bernsteinからは2016年のエクリプス賞・芝牝馬チャンピオンTepin(テピン)が誕生しており、募集当初に比べ血統的な価値も高まっていると言えるのではないでしょうか。今後も脚元の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高165cm、胸囲187cm、管囲20.5cm、馬体重は488kgです。
2017/02/28
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。担当スタッフは「2/18(土)に右前脚の球節の外側に腫れと熱感が見られたことから、馬場入りを控えています。当初は大事を取って舎飼で様子を見ていましたが、獣医師の診断では一過性のものであろうとのことで、現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。まだ熱感は幾らか残るものの、腫れは引いて来ていますので、騎乗再開までにそう長い時間は掛からない見込みです。乗り込みと共に確かな成長と良化を実感していただけに、ご心配をお掛けして申し訳ないのですが、治まってしまえば問題ないと見ていますので、まずは治療とケアに専念したいと思います」とコメントしていました。発症当初は心配されましたが、幸い重い症状ではなく、既に騎乗再開の目処が立っています。顕著な成長を見せているだけに、まずは一歩一歩慎重に立ち上げたいところです。今後は脚元の状態をよく確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高165cm、胸囲186cm、管囲20.5cm、馬体重は492kgです。
2017/01/31
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動並びに周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はウォーキングマシンで1時間の運動後にダートコースで軽めのキャンターを2000~3000mほど乗っています。乗りこむに連れて、少しずつテンションが高くなってヤンチャな一面が表面化してきました。極端に悪いわけではないので困るほどではありませんが、注意深く育てていきます。バネを感じさせる動きをするので、いかにも芝で切れそうな印象ですよ。素質は高いと感じていますので、このまま心身ともにレベルアップを図っていきたいと思います。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。背が伸びて一回り大きくなり、右肩上がりにスケールアップしています。同場で育成されメイクデビュー勝ちのクーリュ号も同馬同様に育成時はバネを感じさせる動きをしていただけに、同馬の活躍が楽しみになって来ました。今後は、心身の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高165cm、胸囲186cm、管囲20.5cm、馬体重は488kgです。
2016/12/30
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコース並びに屋内坂路での騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はウォーキングマシンで30分の運動後にダートコースで軽めのキャンターを3000mほど乗り、週に一回は坂路を1本軽めに登らせています。依然として幼さは残りますが、動きはダイナミックでいかにも広いコースが合いそうな雰囲気ですね。これから厳しい寒さが続くので無理をさせることはありませんが、成長次第では早期デビューを目指したいという思いもあります。今夏はレヴァンテライオン号が賑わしましたが、来夏は同馬が盛り上げられるようにしたいですね。ここまでは順調です」とコメントしていました。責任者も同馬の素質を感じ取っており、気合が入っています。心身ともに幼さは覗かせますが、このひと月で筋肉に厚みが増して随分と逞しくなりました。24日に藤田菜七子騎手騎乗で優勝した当クラブ所属馬シルヴァーメテオ号を管理している美浦・畠山吉宏厩舎預託予定で、畠山調教師も同馬をじっくり見て頂いており、納得の1頭のようです。今後は、同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の測尺は体高163cm、胸囲186cm、管囲20.5cm、馬体重は476kgです。
2016/11/29
木村牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動、周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はウォーキングマシンで30分ほど歩かせてからダートコースで軽めのキャンターを2000m前後乗っています。まだ子供で気の勝った面があり、騎乗者に逆らったり、物音に敏感に反応するなど走ることに集中しきれていませんが、当初よりも落ち着きは出てきました。父の産駒は腰の甘い馬が多い印象があるのですが、同馬は背中の感触が良くて乗り味がいいですね。また、広いコースを得意とする産駒が多いように感じており、同馬からもそういった雰囲気が感じられます。素質は感じさせる馬ですし、冬の間は基礎をしっかりと築いて春先に15-15秒を開始するイメージで育成する予定です」とコメントしていました。心身ともにまだまだ幼さが残りますが、踏み込みが深くしなやかな動きは魅力的です。今年の皐月賞馬ディーマジェスティ号を育て上げた育成先でしっかりと鍛練を重ねていきます。現在の馬体重は466kgです。
page top
page top