Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ディナミーデン(レイナワルツの2015)   [募集馬 / セグチレーシングステーブル本場]
2017/04/20
4/19にセグチレーシングステーブル本場へ移動しました。北海道からの長距離輸送でしたが、特に問題なく、まずは無事に到着しています。担当スタッフは「初めての長距離輸送でしたが、北海道の育成先からの報告の馬体重と殆ど変っていませんでした。通常でしたら長距離輸送でぐったりするのですが、同馬はとても元気で、直ぐにでも調教出来そうですね。しかし、見えない疲れも考えられるので様子を見ながら、週末に念のため獣医師に診断してもらいます。こちらでは坂路でじっくり乗って早めの入厩を目指していきます」とコメントしていました。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
2017/04/17
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動に加え、屋根付きの周回ダートコースで騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間も順調に乗り込むことが出来ており、一歩一歩前進することが出来ています。先日、田島調教師が来場され同馬の様子をご覧になりました。まだ精神的に幼さが残りますが、乗り込みの成果で体付きや走りは着実にレベルアップ出来ています。田島調教師も同馬の成長ぶりに目を細めており、明日4/18にラインクリスタルの2015と一緒にこちらを出発する予定です」とコメント。田島調教師は「定期的にチェックしていますが、充実期に入ってきたようで期待通りに成長してきましたね。血統はバリバリのダート馬ですが、見た目や身のこなしから芝向きではと感じさせる部分があります。父のように最初は芝を走らせて途中からダートにシフトするのもいいかもしれませんね。まずは美浦の近郊に移し、状態を見ながら入厩の段取りを組みたいと思います。夏場のデビューを視野に入れており、楽しみですね」とコメントしていました。ここまでの鍛錬が実になり、期待通りに良化してきました。この後は明日18日、美浦近郊に向けて北海道を出発する予定です。
2017/03/31
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動に加え、屋根付きの周回ダートコースで騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間もキャンター2400mを18~20秒ペースを中心に乗り込んでいます。徐々に緩さが抜けてきており、体も引き締まってきたことで以前よりも素軽く、力のこもった走りを見せています。まだ基礎が固まりきっていないだけに、もう少しの間は焦らずにこのペースで乗り込む予定です。血統的に期待の高い馬で将来性は十分に感じさせますし、調教を継続してもテンションが高くならないので助かっていますよ。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。馴致や騎乗開始時はスタッフに手を焼かせていましたが、今ではしっかりと鞍上と意思の疎通が図れるようになってきました。兄や姉が堅実な走りを見せていますが、同馬には出世頭になって欲しいと期待を抱いています。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。
現在の測尺は体高159cm、胸囲181cm、管囲21.0cm、馬体重は447kgです。
2017/02/28
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動に加え、屋根付きの周回ダートコースで騎乗運動を行っています。担当スタッフは「現在はキャンター2400mを18~20秒ペースで乗り込んでいます。体重の減り幅だけを見ると不安を覚えますが、これまでかなり体付きに余裕がありましたので心配ありません。気持ちの面で成長を見せていますし、動きはダイナミックです。胸前が深く心肺機能が高そうな造りをしていますし、これから鍛え上げて本物の実が入ってくれば更に見映えがする馬体になるのではないでしょうか。将来はダート戦線で活躍する姿が目に浮かびます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。大幅に体重が減少しましたが、絞れたものとみています。体付きからすると一回りは大きく成長してくるはずです。今年のフェブラリーステークス(G1)を制したゴールドドリーム号など、数多くの活躍馬を輩出した父ゴールドアリュール号がこの世を去りましたが、将来は父の名声を更に高める活躍を期待しています。
現在の測尺は体高158cm、胸囲181cm、管囲20.5cm、馬体重は444kgです。
2017/01/31
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動に加え、屋根付きの周回ダートコースで騎乗運動を行っています。担当スタッフは「これまで他馬を避けて調教を行っていましたが、現在は他馬と合同でトレーニングを行っています。本格的に乗り出してから日は浅いのですが、身体を上手く使えており、これは生まれ持ったセンスの良さなんでしょうね。年明けに数日間のリフレッシュを挟んだことで元気一杯ですよ。今後も心身のコンディションを見ながら進めて行きますが、能力は高いだけに無理を強いないように育てていきます。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。調教にも慣れてきたようで、徐々に騎乗者とのコンタクトが取れるようになっています。まだまだ幼さは残りますが、これからどのような成長、変化を見せてくれるのか今から楽しみでなりません。今後は、同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。
現在の測尺は体高157cm、胸囲181cm、管囲20.5cm、馬体重は462kgです。
2016/12/30
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動に加え、屋根付きの周回ダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「騎乗者が跨るとテンションが高揚してしまう面が見受けられるため、指示に対する反応を見ながら進めてきましたが、この中間より周回コースでの調教へ移行しました。現在は軽めのキャンター2000mで調整しています。他馬が近くにいると落ち着かない素振りを見せたことから、なるべく馬が少ない時間帯を選んで進めてきましたが、だいぶ慣れてきたようで集中力が出てきましたね。能力は確かだと感じていますので、今後も一歩一歩ステップアップさせるイメージで進めていきます」とコメントしていました。この中間も気性面を考慮しながら調整されていますが、しっかりと前進することが出来ています。着実に良化を見せており、来春には期待通りに頭角を現してくれることでしょう。今後は、同馬の状態を確認しながら調整を進めて行きます。現在の測尺は体高157cm、胸囲181cm、管囲20.5cm、馬体重は479kgです。
2016/11/29
坂東牧場で育成中。現在は本馬場での調教に向け騎乗馴致を行っています。担当スタッフは「やや敏感な面があり、人との信頼関係を築くために大事に馴致を進めさせていただいています。現在は丸馬場で騎乗者が跨ってコミュニケーションをしっかり取れるように進めているところです。競走生活を送る上で最初が肝心ですし、まずは基礎を固めていきたいと考えていますが、ここ最近は納得してくれるようになりましたので慣れてくればしっかりと対応出来るはずですよ。血統、馬体から素質は感じる馬ですので今後も焦らずに取り組んで持てる能力をしっかりと発揮出来るようにしたいと思っています」とコメントしていました。敏感な性格を考慮し、ここまで一歩ずつ大事に進めています。育成馬や生産馬が毎週のように中央で勝星を挙げている名門牧場のノウハウを同馬にも惜しむことなく注がれています。現在の馬体重は465kgです。
page top
page top