Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
タイキポーラの2016   [募集馬 / 坂東牧場]
2018/04/13
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースと坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「この中間もコンスタントに乗り込みを消化することができています。この馬の場合は継続して乗り込めているのが何よりですし、急激にペースアップして頓挫してしまうと、大型馬だけに尾を引いてしまう可能性もありますので、焦ることなく進めていきたいですね」とコメントしていました。伸びしろが他馬以上に大きいだけに、今は焦らずに鍛錬を重ねていきます。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/31
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースと坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「右トモの骨瘤は落ち着いていますので、更にペースを上げて乗り込んでいます。一気に進めてしまうと、反動が出る恐れもありますが、20秒程度で乗っても疲れを翌日に持ち込さなくなりましたし、体力も付いてきましたね、まだトモを中心に緩さが残っているため、あまり早い時期から活躍するタイプではないと見ていますが、着実に前進しているのは間違いありません。休み明けの重々しかった動きから脱しつつありますし、少しずつ軌道に乗ってきました。この調子でコンスタントに乗り進めていきたいですね」とコメントしていました。先日の毎日杯(G3)を快勝し、ダービー戦線に名乗りを上げたブラストワンピースなど、大型馬の仕上げに定評のある大竹正博調教師。本馬をどのような競走馬へ育て上げるのか、期待は高まるばかりです。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は537kgです。
2018/02/28
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースでダク、ハッキングキャンターを行っています。担当スタッフは「骨瘤の症状も和らいできたことから、今月初旬から軽めの騎乗を再開しました。現在は走りの基本動作やハミ受けのおさらいを行いながら基礎を固めているところです。休養により、馬体に余裕があって筋肉も緩んでいますが、今はそれらの解消よりも体を調教に順応させることを優先しています。それでも資質の高さは変わらずに感じていますし、今後も雄大な馬格を活かせるよう状態に見合った負荷を掛けていきます」とコメントしていました。休養の影響で緩んでしまった感はありますが、暖かくなれば体も引き締まってくるので焦らずにじっくり進めていきます。伸びしろは募集馬の中でも随一の存在です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は542kgです。
2018/01/31
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。担当スタッフは「右トモの骨瘤は着実に良化を見せているのですが、まだ完全ではないことから、引き続きウォーキングマシンでの運動に留めています。体が硬くなりやすい厳冬期ですし、大型馬ということもあって大事を取っている状況です。父の産駒も総じて晩成傾向が強い印象がありますし、ここは我慢してしっかりと治癒させることを優先させましょう。休ませている割には極端に緩んだ感じはしませんし、この時期ですので焦る必要はありません。ポテンシャルは高いと見ていますのでこれからも馬本位に進めていきます」とコメントしていました。伸びしろが大きいだけに慌てずに育成を進める方針です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は539kgです。
2017/12/28
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。担当スタッフは「順調に乗り進めていたのですが、中間に右トモに骨瘤が出てきていることから騎乗運動を休止しました。現在は1日に40~60分ほどウォーキングマシンで歩かせています。ここまでの疲れもあったと思いますし、程度としては重くないのでちょうどいい骨休めになるのではないでしょうか。大型馬だけに今後も脚元の状態を確認しながら状況に見合った負荷を掛けていきたいと思います。ダイナミックな走りで素質は高いと見ていますので、大事に進めさせてください。今のところお正月明けぐらいから騎乗を開始出来ればと考えています」とコメントしていました。父の産駒は毎週の様に勝ち星を挙げており、その中身も濃いだけに種牡馬としての評価が更に高まっています。同馬に掛かる期待も高まる一方です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は536kgです。
2017/11/30
坂東牧場で育成中。現在はウォーキングマシンの運動並びに屋根付きの周回ダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。担当スタッフは「騎乗馴致は問題なく終えることが出来ました。現在は軽めのキャンターを2400m乗り込んでおり、ハミ受けや体の使い方を教え込んでいる段階ですが、ここまで教えたことはきちんと吸収してくれています。大型馬ですし、緩さが目立ちますので焦らずにじっくりと進めていきたいですね。やや蹄底が浅めですし、これから冷え込みも厳しくなりますので、蹄鉄を履かせることも検討しています。大竹先生は毎月こちらへ来場いただいており、期待して下さっているのをヒシヒシと感じました。動きに重苦しさはありませんし、見栄えのする好馬体を誇りますが、伸びしろがかなり大きいだけに成長を阻害することだけは避けたいですね」とコメントしていました。菊花賞馬キセキ号をはじめ、父の産駒は自身と同様に時間をかけて本格化する傾向があるため、じっくりと育成する中で、同馬の良さを最大限に引き出したいところです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は518kgです。
page top
page top