Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クーザ   [外厩馬 / 吉澤ステーブルEAST]
2019/01/21
1/18に吉澤ステーブルEASTに移動しました。
根本調教師は「予定通りに放牧に出させてもらいました。状態に問題がなければそれほど緩めずに乗ってほしいと伝えています。あくまでも状態次第にはなりますが、月末くらいには戻すつもりです」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2019/01/17
美浦トレセンに在厩。レース後も特に異常はありません。
根本調教師は「急遽の出走とはいえ、大切なデビュー戦で惨敗してしまい、本当に申し訳ございませんでした。幼さを露呈してしまいましたし、仕上がり途上でしたから、あれがクーザの全能力を出しての結果ではないことは明らかです。見た目に大きな異常は感じないのですが、見えない疲労やダメージを考慮し、一旦、短期でリフレッシュさせたいと思います。牧場に移し、状態に問題がなければ早めに戻して復帰させるつもりです。次走はダート戦に向かいましょう」とコメントしていました。この後は明日、吉澤ステーブルEASTに放牧に出る予定です。
2019/01/12
1/12(土)中山競馬第6レース、3歳新馬、芝1600m、16頭立て、藤田菜七子騎手騎乗でデビューし16着。馬体重は488kgでした。
騎乗した藤田騎手は「まだ精神的に幼く、初めての経験でしたので、返し馬でも物見をしていましたね。それでも、ゲートで行く気になり、スタート自体は良かったです。ただ、体が付いてこない感じでした。躓いてしまい、フォームがバラバラになってしまって…立て直すのに時間がかかり、後方まで下がってしまったんです。レースでは走りに集中していましたが、前半のロスが響き、最終までスピードに乗らないままでした。これから良くなる段階だったとはいえ、こんな結果になってしまい、たいへん申し訳なく思います」とコメント。根本調教師は「スタートこそ出てくれましたが、若さがモロに出てしまいましたね。今回は想定外の出走でまだ仕上がり途上でしたので、これを叩いて状態も上がってくるはずですよ。姉とは父が違いますが、弟もダート向きの印象ですから、また違った走りを見せてくれると思います。状態を見ながら次走を検討していきますが、まともならこんなに負ける馬ではないはずです。今日は良いところが出せず申し訳ありませんでした」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認しながら検討いたします。
2019/01/10
1/12(土)中山競馬第6レース、3歳新馬、芝1600m、16頭立て、藤田菜七子騎手騎乗でデビューいたします。発走時刻は午前12時45分です。
1/9にはダートコースにて最終追い切りを単走で消化しています。5ハロン69.5秒、3ハロン38.9秒、ラスト1ハロン13.4秒の時計を馬なりでマークしています。
根本調教師は「ここまで順調に乗り込めていますので、除外権利を得るために今週の新馬戦に投票したところ、なんと5頭枠に入ってしまいました。運が良いのか悪いのやら…60頭が投票し、5頭の枠に入ったわけですから、今回の意図はともかく、この馬は”持っている”のかもしれませんね。俗に言うA/B投票で、大江原君/菜七子で出馬投票をし、菜七子の予定馬が除外になりましたので、菜七子でデビューさせることになりました。正直、来週以降の出走を想定していたこともあり、追い足りない状況ですし、初戦向きという印象ではありませんが、良い所を見せてほしいですね。この中間の動きからダート向きの印象を持ちましたので、芝ではなくダートでデビューさせようと考えていたところですが、この条件でどんな走りを見せてくれるのか注目しています」とコメントしていました。ご声援よろしくお願いいたします。
2019/01/04
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース、ダートコース中心に乗り込まれています。
そこで1/3にはダートコースにて入厩後5本目となる追い切りを原田騎手を背に併せ馬で消化しています。5ハロン68.8秒、3ハロン39.4秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を一杯に追われてマークしています。併せたブレーマーヒル(3歳新馬、一杯)の内を0.8秒先着しています。
根本調教師は「年末年始もしっかり乗り込むことができており、スムーズに調整を進めることができています。今年1本目の追い切りを原田に乗ってもらって追い切りました。併走馬も騎手が乗っていましたし、内を回ったとはいえ優勢な動きだったと思います。やや跳びが大きめの走りですので、お姉さんよりも距離適性は長めの印象を受けますし、まずは芝のマイルぐらいから使っていきたいですね。再来週のレースを目指したいと思っていますが、来週のレースから投票し、優先権を確保したいと考えています」とコメントしていました。デビュー戦は1/20(日)中山競馬、3歳新馬、芝1600mでの出走を予定していますが、優先権を確保する狙いから、来週の新馬戦に投票する方向で検討しています。
2018/12/27
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコースとダートコース中心に乗り込まれています。
そこで12/26にはダートコースにて入厩後2本目となる追い切りを原田騎手を背に併せ馬で消化しています。5ハロン71.8秒、3ハロン42.6秒、ラスト1ハロン14.7秒の時計を馬なりでマークしています。併せたブレーマーヒル(2歳新馬、強め)の内を0.9秒先行し3ハロン付近から併せて同入しています。
根本調教師は「今週は原田に乗ってもらって追い切りました。まだ素軽さという点ではひと息ですが、ひと追いごとに動きは良くなっていますね。この追い切りでどう変わってくるかで、予定を立てられるのではないでしょうか。しかし、今の新馬戦はかなり混み合っており、ウチの馬で2週連続で除外になってしまった馬がいるほどですよ。現在の状況からすると、このレースにこの騎手でという目標は設定しづらいのですが、状態次第では権利を取るために正月から投票していくことも考えます」とコメントしていました。
2018/12/20
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。
そこで12/20にはウッドチップコースにて入厩後1本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン56.6秒、3ハロン41.2秒、ラスト1ハロン14.0秒の時計を直線強めに追われてマークしています。併せたライデン(2歳、強め)の外を同入しています。
根本調教師は「現状はまだ緩さがあって成長途上だとは感じていて、動きもややドタドタした走りですので、本当の意味で良くなるのはもう少し先なのかな、という印象を持っています。しかし、伸びしろはありそうですし、芯に力が備わってくれば楽しみです。良いモノは持っていますからね。まだどういう条件が合うのか手探りな部分もありますが、芝のマイル戦ぐらいから使ってみたいと思っています。具体的な番組はもう少し進めてから検討しましょう」とコメントしていました。
2018/12/14
美浦トレセンで調整中。馬場での乗り込みとゲート練習を行っています。そんな中、12/14に1回目のゲート試験を受験し、無事に合格しました。
根本調教師は「今日はうちの所属である丸山元気を乗せてゲート試験を受けました。問題なく対応してくれて、今日はヒヤヒヤするところがなかったですよ。まだモサッと出るところはありますが、もう少し調教を積めばスッと出てくれるようになるでしょう。現時点では、このまま在厩でデビューを目指したいと考えています」とコメントしていました。
2018/12/13
美浦トレセンで調整中。馬場での乗り込みとゲート練習を行っています。
根本調教師は「お姉さんが走る馬だからそう見えてしまうのかもしれないですが、弟もなかなか良い走りを見せていますよ。まだ粗削りな印象もありますが、どういう風に成長してくれるのか楽しみです。ゲートの出は速いとは言えませんが、問題はないですし、入りや駐立も合格可能なレベルに達してきています。依然として1回目は入っても2回目で立ち止まることがあるので、そこが懸念材料ですね。明日、受験してみようと考えており、一発で合格できるようにしたいと思います。うちの所属騎手3人のうち、1人を乗せて試験に臨む予定です」とコメントしていました。
2018/12/06
美浦トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。
根本調教師は「ゲート中心ですので、あまりテンションを高めたくないこともあり、まだ速い調教は控えています。連日ゲート練習に時間を割いていますが、少しずつ上達してくれています。1回目は問題ないものの、2回目で入るのを躊躇することがありますので、もう少し慣れさせたいですね。出もボコッと出る時はありますが、反応できるようになってきていますよ。もう少し練習させてから受験する方向で考えており、その時の状況に応じて今後のご相談をさせてください」とコメントしていました。
2018/11/29
美浦トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。そんな中、11/29に1回目のゲート試験を受験しましたが、残念ながら不合格となってしまいました。
根本調教師は「気性的な問題はなく、順調に進めることができています。ゲートは入ってしまえば中での駐立は問題ないのですが、入る時に躊躇してしまいますし、出がまだゆっくりですね。練習を兼ねての試験でしたので、もう少し上達させてから受けたいと思います。まだ前後の走りのバランスが整いきれていない印象も受けますが、牧場でしっかり乗り込んでもらいましたので、基礎的な部分はできていると思います。焦らずにお姉さんに追い付け追い越せという気持ちで育てていきたいですね」とコメントしていました。
2018/11/22
11/21に美浦トレセンに入厩しました。
根本調教師は「牧場、クラブから打診を受けていたのですが、入厩が遅れてしまい申し訳ありません。今朝は坂路で軽く脚慣らしをしましたが、特に問題はありませんでしたし、動きもなかなか良かったですよ。まずはこちらの雰囲気に慣らしながら、ゲート練習を進めていきます。お姉さんの気性が激しいと聞いていますが、今のところは難しさを見せていません。カリカリしだす前にゲートをクリアさせたいと思います。父の産駒はうちにもう1頭いるのですが、新馬戦で3着に入ったようにこれから期待していますので、クーザとともに父の名を高めるようにしたいですね」とコメントしていました。
2018/11/15
吉澤ステーブルEASTで調整中。引き続き350mの周回ダートコース(内馬場)、800mの周回ダートコース(外馬場)、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「この中間も順調で、15-15をコンスタントに乗り込めていますし、今週は15-14-13というように後傾ラップで走らせました。最後はやや手応えが悪くなってしまいましたが、こういったペースに慣れていけば楽に対応できるようになると思います。根本厩舎の馬房の都合が付かないようで入厩待ちの状態が続いているのですが、その分こちらで負荷を掛けるようにしています。来週には入厩と聞いていますので、もう1本スピード調教をしてから送り出したいですね。デビューを楽しみにしています」とコメントしていました。現在の馬体重は488kgです。
2018/10/31
吉澤ステーブルEASTで調整中。引き続き350mの周回ダートコース(内馬場)、800mの周回ダートコース(外馬場)、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「体力も付いてきましたし、15-15でも以前よりも楽々とこなせるようになってきましたね。前向きさが出てきており、息遣いの良化も感じられます。走っている時の頭の位置も良くなっていますし、お預かりした頃に比べても良化と成長を肌で感じられるようになりました。移動の態勢は整いましたので、あとは厩舎の都合次第で送り出せるかと思います。お姉さんに負けない走りを見せてほしいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
2018/10/15
吉澤ステーブルEASTで調整中。引き続き350mの周回ダートコース(内馬場)、800mの周回ダートコース(外馬場)、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「皮膚病も治まり、状態が上がってきていますよ。段々とペースアップしている状況で15-15も取り入れながら乗り込んでいます。ここ最近は筋肉の付き方も良くなり、成長を実感できるようになってきました。正直、入場時とはガラッと良い方へ変わってきてくれており、他の2頭に比べると一番入厩が遅いと見ていたのですが、見込み違いでしたね(笑)。この良化ぶりであれば、今月下旬には態勢が整いそうですよ。根本先生にも打診しておきました」とコメントしていました。現在の馬体重は494kgです。
2018/09/29
吉澤ステーブルEASTで調整中。この中間も350mの周回ダートコース(内馬場)、800mの周回ダートコース(外馬場)、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「まだ皮膚病は残っていますが、徐々に治まってきており、調整に支障はありません。まだ20秒ペース前後が上限ですが、なかなか良い動きを見せてくれています。走りのバランスなど、まだ改善すべき点が残っていますし、緩さも残りますので、意識しながら良化を促していきたいと思います。根本先生とも相談し、もう少しの間は入厩時期を定めずにじっくり進めることになりました。十分に素質を感じる馬ですので、今は焦らずにレベルアップを図っていければと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は488kgです。
2018/09/14
吉澤ステーブルEASTで調整中。現在は350mの周回ダートコース(内馬場)、800mの周回ダートコース(外馬場)、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「初の長距離輸送でしたので、到着後に皮膚病が出ましたが、今では特に問題なく、減った分の体も回復しています。他のライオンさんの馬と同じように、現在は内馬場で2400m、外馬場で2000m乗った後に坂路を1本登るメニューで調整しているところです。現状は上限20秒ほどですが、徐々にペースアップしたいと思います。まだ幼さがあり、トモがパンとしていない分、前のめりな走りですし、少し時間を掛けていく方がいいかもしれません。まだ大きくなるでしょうし、ライオンさんの他の2頭に比べて伸びしろという点では一番残されていると思います。良くなりそうですし、この馬も楽しみな1頭ですよ。様子を見ながら乗り込んでいきます」とコメントしていました。現在の馬体重は474kgです。
2018/08/31
8/31に吉澤ステーブルEASTに移動しました。この中間も順調に調整され、この後は同場で調整を進めることとなりました。
根本調教師は「牧場での調整も順調に来ているとのことで、移動の段取りを組ませてもらいました。特に問題なく到着しているようです。BTCのようにバリエーションに富んだ調整をしてもらいたいことから、他の所属馬も世話になった経緯もあり、坂路も備わっている吉澤ステーブルで入厩まで進めてもらうことにしました。私も馬をチェックしに行き、頃合いを見計らって入厩の段取りを組むつもりです。お姉ちゃん(クーリュ)に負けないように結果を出せるように頑張ります」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/08/15
高昭牧場で育成中。現在は屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「脚元の不安もなく、順調に調教を進めることができており、この中間から15-15を開始しました。気持ちが入ってきていることで、自ずと14秒ペースになってしまうこともあるように、心身ともに競走馬仕様に変わってきているように思えます。お姉さん(クーリュ)も頑張っていますが、姉を超えるような走りを見せてほしいですね。あと2週間ほどで移動と聞いていますから、そのつもりで進めていきたいと思います」とコメントしていました。脚元の不安も解消し、軌道に乗ってきていることから、今月下旬に美浦近郊へ運ぶ予定です。
2018/07/31
高昭牧場で育成中。現在は屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「以前に気になった右前脚の球節は今ではほとんど気にならなくなってきましたし、ペース的には16〜18秒まで上げて乗り込んでいます。まだ緩さはありますが、以前よりも芯に力が付いてきている印象です。本当に良くなるのはもう少し先だと思いますが、着実にパワーアップしてきているなという感触もありますよ。こちらも今年は雨が多くてカラッとしないジメジメとした陽気が続きますが、本州は猛暑が続くようですし、暑さが一段落してからの移動になるようです」とコメントしていました。お盆前の移動も検討していましたが、根本調教師と移動について相談したところ、今年は厳しい暑さが続いており、酷暑の中で初となる長距離輸送は避けたいことから、美浦周辺の気候や馬の体調を見ながら改めて移動の段取りを組むことになりました。現在の馬体重は480kgです。
2018/07/13
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「負荷を強めながら乗っていることで、さらに気合いが入ってきて元気いっぱいです。まだ緩さは残りますが、動きはシャープになってきているように着実に前進することができています。自ら行く気を見せてくれるようになってきましたし、軌道に乗ってきましたね。入厩までにはもう少しレベルアップを図りたいところですが、体力も備わってきていますし、本州への移動に向けて態勢を整えていきます」とコメントしていました。ここにきて良化が見られることから、お盆前ぐらいに美浦近郊へ移すことも検討しています。
2018/06/28
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間から坂路で15-15を乗る頻度を増やしていますが、難なく対応できていますし、以前よりも楽な感じで駆けあがっていますよ。必要な筋肉が備わって体付きも見栄えが良くなりましたし、ここにきて成長を感じさせてくれるようになりました。以前はボケッとしていた感じですが、今は良い意味でうるささが出て活気が出てきています。先頭で走らせても集中力を欠くことはありませんし、心身ともに上昇の一途です。入場時とは別馬のようになっていますし、夏場の移動も可能ではないでしょうか」とコメントしていました。ここ最近の充実ぶりに担当者も目を細めており、期待値はさらに高まっています。現在の馬体重は480kgです。
2018/06/15
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「右前脚の球節の状態は安定していますし、しっかりと同じメニューを消化することができています。力強い動きを見せていますし、お姉さんにも負けないような走りを見せてほしいですね。まだ緩さがあって未完成ではありますが、芯に力が備わってパンとしてくれればさらに質の高い走りができるようになると思います。この調子で乗り込みながらレベルアップしていきたいですね」とコメントしていました。まだ成長途上の段階ではありますが、焦らずに鍛錬を重ねていきます。
2018/05/31
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間から坂路で15-15までペースアップして乗り込んでいます。依然として右前脚の球節部に張ることがありますので、注意しながら進めていますが、現時点では大きな心配はないとみています。しかし、負担になり過ぎないように配慮することは必要ですね。先頭を走らせることが多いのですが、しっかりとリードホースを努めてくれています。まだ奥行きを感じさせますし、全体的にもう少しパワーアップさせたいと思っていますので、脚元の状態に見合ったメニューを組みながら進めていく予定です」とコメントしていました。ドリームドルチェ、ヘキギョクらを管理いただいている根本調教師の期待も大きく、本馬の入厩を心待ちにしています。現在の馬体重は474kgです。
2018/05/15
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「調整は順調で、ダートでは20秒から入って18秒ペースで走り、坂路では16秒台までペースアップしている状況です。様子を見ながら進めていけば問題はない範囲ですが、いくらか右前脚の球節が張ることがありますので、焦らずに進めたいと思います。前進気勢も出てきていますし、体力も付いてきている印象です。まだ伸びしろが多いだけに、じっくりと乗り込みながら地力の強化をさせたいと考えています」とコメントしていました。今週末に出走を予定している姉クーリュに負けない活躍を期待しています。
2018/04/27
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「中間にいくらか疲れを感じさせるようになってきたことから、一旦小休止を挟みましたが、今では疲れも取れつつある状況で、再度同じメニューで乗り込んでいます。現在はハロン17秒が上限ですが、特に問題なく走れていますし、このままピッチを上げていけそうですね。段々と力を付けてきている段階ながら、これからまだ変わってくる余地が多いだけに、一歩ずつステップアップしていきたいと考えています」とコメントしていました。秋の始動を見込んでおり、夏場にかけてはしっかりと地力を強化させたいところです。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は474kgです。
2018/04/13
高昭牧場(BTC)で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「この中間にBTC側の厩舎へ移動しました。現在は屋内ダートコース3000m、屋内ダートコース2400mと坂路1本を1日おきに行っています。素直に走れていますし、動きに素軽さが出てきましたね。まだ緩さはあるのですが、走りは上々ですし、この調子でステップアップしていきたいですね。以前よりも馬体に厚みが出て逞しくなっていますが、まだまだ良さが出てくると思います。これからじっくり進めながら進化させたいですね」とコメントしていました。姉のクーリュは放牧に出ていますが、今夏の活躍を期待しており、本馬も姉に負けない活躍を期待しています。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
高昭牧場で育成中。現在はダートコースと坂路で調整されています。担当スタッフは「周回コースでキャンター2800mと坂路を1ハロン22秒ペースで乗り込んでいます。ここ数日は悪天候で坂路調教は休止していましたが、間もなく再開する予定です。調教を進める中でも元気一杯で、走ることに対してとても前向きな性格をしています。まだハミにモタれたりと改善すべき点もありますし、伸びしろも多いだけに一つ一つ課題をクリアさせながら進めていきたいですね。体力も付いてきましたので、この調子で乗り込みながら更なるレベルアップを目指します」とコメント。根本調教師は「本馬のお姉さん(クーリュ)には菜七子がいつもお世話になっています。お父さんの産駒の傾向は分かりませんが、血統や馬体面から良いスピードがありそうですよね。どういうタイプになるかは今後の成長次第ではありますが、姉のように会員の方に喜ばれる馬に育てていきたいと思います。私だけではなく、厩舎のスタッフも期待している1頭です」とコメントしていました。新馬勝ちを果たし、堅実な走りを見せる姉に負けない活躍を期待したいところです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は462kgです。
page top
page top