Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ブリエスフェール   [外厩馬 / 高昭牧場]
2018/08/15
高昭牧場で育成中。この中間も屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「だいぶ軌道に乗ってきましたね。キャンターのペースは15-15まで上げており、行きっぷりが良いため、結果的に14秒台のラップになることも珍しくありません。春先よりも動けるようになってきましたし、着実にレベルアップできていますね。体付きを見てもハリが出てきましたし、成長期に突入してきた印象です。入厩は別として、美浦近郊へ移すプランもあるようですが、問題なく対応できると思います」とコメントしていました。必要な体力や筋力も備わり、動きも良くなって以前とは別馬のような雰囲気です。今月下旬に美浦近郊に移すことを検討しています。
2018/07/31
高昭牧場で育成中。現在は屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は変わらずに落ち着いており、無理のない程度に調教を進めることができています。それでも1ハロン16秒台まで戻してきていますし、やろうと思えばさらなるペースアップにも対応は可能ですよ。以前よりも走ることに対して前向きさが出てきましたし、体のハリも良くなってきました。体力も備わってきていることで動けるようになってきているのでしょうね。この調子でペースアップをしながらステップアップさせたいと思います」とコメントしていました。脚元の不安も解消傾向にあり、再度軌道に乗ってきた印象を受けます。現在の馬体重は534kgです。
2018/07/13
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は小康状態にありますが、無理はさせられませんので、現在は上限でも1ハロン17秒台にとどめています。それでも大きな心配はしていませんし、間もなく固まってくるはずですよ。ペースを抑えている分、距離を長めに乗って心肺機能や体力の増強に努めています。まだ良くなる余地が大きいですし、秋の入厩を目標に調教を積み重ねていきたいですね」とコメントしていました。脚元の状態は落ち着いていますが、もう少しの間は無理なペースアップは控える方針です。
2018/06/28
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は落ち着いており、調整に支障は来たしていません。乗り込んできたことで体力が付いてきていますし、息遣いも良くなってきました。同じ15-15でも、以前はやっとこさだったのが今では遊ぶ余裕が出てきているほどですよ。ここ最近はグングンと背が伸びてきており、体重も増加傾向にありますが、太いということはなく、むしろ以前よりもすっきり見せています。前の馬を追い掛ける時は集中してくれるのですが、先頭で走らせるとフワフワして気持ちが乗らないようですので、そこは改善しなけれなりませんね。まだ精神的な幼さがありますが、成長力の高さを感じさせるだけに、今後どういう成長を見せてくれるのか楽しみです」とコメントしていました。体付きが一回り大きくなっているように、成長期に入ってきたた印象を受けます。現在の馬体重は532kgです。
2018/06/15
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「クールグレースの2016と同じメニューをコンスタントに乗り込むことができています。左前の腕節部に骨膜が出てきてポコッとしてきているのですが、ペースを落とすには至らないとみていますし、乗りながら固めていきたいですね。池上先生も頻繁に来場してくださっているように期待されているようですので、じっくりと乗り込みながらレベルアップさせたいと思います」とコメント。池上調教師は「順調に乗り込めていますが、随所に良くなる余地が残っていますね。それでも良いモノを持っていると感じていますので、今は秋を見据えてじっくり乗り込んでもらいましょう」とコメントしていました。今後の変わり身が大きいだけに焦らずにトレーニングを重ねていきます。
2018/05/31
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「クールグレースの2016と同様に、坂路で15-15を開始しました。脚元や体調面で気になるところはありませんが、まだ前向きさに欠けるかなという印象です。特に気性面で問題はないので、これから体力が付いてくれば変わってくると思います。それでも、以前に比べれば自ら走る気を見せるようにはなってきましたし、後ろから追われた際にはしっかりと反応してくれるようになりました。全体的にボリューム感が増し、体が一回り大きくなっているように成長力を実感しています。夏~秋に向けて良くなってくるという感触がありますので、焦らずに進めていきたいですね」とコメントしていました。確かな成長を見せていますが、まだ良くなりそうなだけにさらなる上積みを求めていきます。現在の馬体重は519kgです。
2018/05/15
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「クールグレースの2016と同様にダートでは20秒から入って18秒ペースで走り、坂路では16秒台までペースアップしています。まだ促していかないと自分から進んでいかない感じですので、自ら行く気を見せてくれるようになれば動きも良くなってくるはずです。今朝も池上調教師が来場し、調教をご覧いただきました。フレームは見栄えが良くなってきていますが、まだ実が詰まっていないだけに、秋の始動をイメージし、じっくりと進めたいと思います。これから変わってくる余地は大いにありそうです」とコメントしていました。良化の余地が大きいだけに焦らずに育てていく方針です。
2018/04/27
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「順調に進められている状況でしたが、両前脚にいくらか疲れが出たこともあり、幾分ペースを落としました。しかし、楽をさせたところ、すぐに疲れも取れてきましたので、再度ペースアップしている状況で、問題なく進めていけそうな雰囲気です。ここにきて体が一回り大きくなった印象で、成長してきているのを実感しています。現在は17秒台までペースを上げていますが、まだ成長の幅が多いと見ているだけに、無理のないように進めていきたいですね」とコメントしていました。馬体が一回り大きくパワーアップしてきており、成長力の高さを覗かせています。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は502kgです。
2018/04/13
高昭牧場(BTC)で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「クールグレースの2016とともに、屋内ダートコース3000m、屋内ダートコース2400mと坂路1本を1日おきに消化しています。いくらか細く映った馬体も、着実に実が入って見栄えが良くなってきましたね。馬体がふっくらしていますが、緩めているわけではありませんし、回復分や成長分も含めてのものと良い方に捉えています。池上調教師も頻繁に来てくださっていますし、期待をしていただいている様子でした。夏場からというタイプではありませんが、本州が暑くなる前に移動させるプランもあるようですので、しっかりと乗り込んでさらにレベルアップできるようにしていきたいですね」とコメントしていました。馬体に幅が出てボリューム感が増してきました。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
高昭牧場で育成中。現在はダートコースと坂路で調整されています。担当スタッフは「ダートコースでキャンター2800mと坂路を1ハロン20秒ペースで乗り込んでおり、先週は悪天候で坂路入りは控えていました。まだハミに頼った走りで、前に重心が行ってしまっているような感じですので、もっと後肢を使ってバランス良く走れるように教え込んでいきたいところです。体力面の底上げは図れていますので、3/13にBTCの厩舎に移動しました。様子を見ながらペースアップすることになると思います」とコメント。池上昌和調教師は「しっかりとした馬格の持ち主で、大きさもちょうどいいと思います。性格も元気があってパワーが漲っている感じですね。レースに行ってその辺が良い方向へ作用してくれそうですし、これからの育成も順調なら早めに本州へ移動させられるかもしれませんね」とコメントしていました。ここまでの調整は至って順調で、順次ペースを上げて乗り込む予定です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は483kgです。
page top
page top