Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ブリエスフェール   [入厩馬 / 池上昌和厩舎]
2019/01/18
1/17に美浦トレセンに入厩しました。
池上調教師は「吉澤さんに移動後も大きな反動が出ることもなく、順調に乗り込みを進めてもらえることができていましたので、帰厩させていただきました。以前よりも動きは素軽くなっていますので、追い切りの時計も詰まってくると思います。可能であれば東京開催の後半でデビューできるように調整していきたいですね」とコメントしていました。
2019/01/15
吉澤ステーブルEASTで調整中。現在は350mの周回ダートコース(内馬場)、800mの周回ダートコース(外馬場)、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「ゲート試験の疲れもなく、問題なくペースアップできました。坂路ではハロン15〜17秒までラストを伸ばしています。トレセンでの経験が刺激になったようで、気持ちが前向きです。聞いていた以上に行きっぷりが良く、抑えるのに苦労するほどですよ。たくましい筋肉に覆われ、張りの良さも目立ちます。まもなく美浦に帰厩する予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は586kgです。
2018/12/28
吉澤ステーブルEASTで調整中。現在は角馬場で軽めに乗り込まれています。
担当スタッフは「まずは心身のリフレッシュを優先してほしいと池上先生から指示を受けていますので、ここまでは角馬場で体を動かしながら疲労回復に努めてきました。徐々に疲れも取れてきているようで、2歳馬らしい元気さが出てきていますよ。間もなく馬場や坂路での調教に移行する予定です。まだ大味な印象を抱かせますので、レベルアップを図って先生に納得してもらえるように仕上げていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は582kgです。
2018/12/22
12/21に吉澤ステーブルEASTに移動しました。
池上調教師は「予定通り放牧に出させていただきました。入厩からゲート試験まで進めてきましたので、相応の疲れがあると思いますので、まずはリフレッシュしてもらい、状態を見ながら乗り出す予定です。まだ動きに重たさが残る現状ですので、しっかり乗ってもらって素軽さを引き出すようにしたいと思っています。私も毎週足を運び、戻すタイミングを探っていくつもりです」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/12/20
美浦トレセンで調整中。馬場での乗り込みとゲート練習を行っています。そんな中、12/20に1回目のゲート試験を受験し、無事に合格しました。
池上調教師は「練習を重ねてきましたが、入ることと駐立は上達したものの、まだ出がゆっくりだなという印象でした。そういった現状ですが、練習も兼ねて受験してみようと思い、今朝受けた結果、一発で合格することができたんです。しかし、反応はしてくれているものの、出はかなりゆっくりでモサッとした感じで、ダッシュの付き方もひと息でした。そのため、内心は不合格だと思っていたのですが、おまけの合格で他の陣営からは『クリスマスプレゼントだね』と言われるほどでした。ゲート練習を重ねていくと若馬には負担が大きいだけに一発で合格できたのは喜ばしいのですが、まだ体が重いですし、発進の練習は必要でしょう。大型馬ということもあり、このままピッチを上げていくとガタッと来てしまいそうな感触もありますので、明日放牧に出し、牧場で乗り込む期間を設けることにしました。また、ゲートの確認もしてもらいたいとの考えもあり、今回は吉澤さんで見てもらいます」とコメントしていました。この後は明日、吉澤ステーブルEASTに放牧に出る予定です。
2018/12/13
美浦トレセンで調整中。ゲート練習を中心に調整されています。
池上調教師は「牧場で見させていただいたり、担当者の話を聞いているうえで、精神面はそれほど問題ないと感じていたのですが、トレセンでは雰囲気が違うからなのか、ちょっと扱いに苦労しています。普段はおとなしいのですが、頑固なところがあり、調教ではなかなかこちらの思い通りに対応してくれません。動きもまだ緩慢さが残りますし、ゲート試験を合格させるまで時間は必要だと思いますが、年内にはパスしたいですね。現状の動きや雰囲気を見ると、ゲート試験を合格した後はもう少し牧場で乗り込んでもらう期間が必要かもしれません」とコメントしていました。
2018/12/08
12/7に美浦トレセンに入厩しました。
池上調教師は「熱発こそありましたが、それまでの乗り込み量は豊富ですし、少なくともゲート試験は突破できるだろうと判断し、入厩させていただきました。大型馬で力強さを感じる反面、もう少し素軽さが出てきてくれるといいですね。まずはゲート練習を重ねていきますが、年内には合格できるようにしたいと思っています」とコメントしていました。
2018/11/30
阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整中。中間に少しペースを落としましたが、現在もトレッドミルの運動とダートコースでのキャンター調整を行っています。
担当スタッフは「入厩する日にちも決まりかけていたのですが、中間に熱発してしまいました。気温の高低差が激しい日が多かったのと、疲れの影響もあるのかもしれません。大型馬だけにあまり緩めたくはなかったのですが、ペースダウンを余儀なくされてしまいましたので、様子を見ながら再度ピッチを上げていきます。申し訳ありません」とコメントしていました。現在の馬体重は549kgです。
2018/11/15
阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整中。引き続きトレッドミルの運動に加え、ダートコースでキャンターを行っています。
担当スタッフは「この中間もコンスタントに乗り進めることができており、15-15も交えながら調整しています。体は幾分引き締まり、気持ちも徐々にピリッとしてきましたね。まだ重たさの残る動きではありますが、着実に前進できているのは間違いありません。毎週見に来てくださっている池上先生も『入厩すればもう少しピリッとしてくるでしょうから、環境に慣らすこととゲート試験合格を目指してそろそろ入れることを考えたい』とのことでしたよ。いつでも送り出せるように態勢を整えていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は554kgです。
2018/10/31
阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整中。引き続きトレッドミルの運動に加え、ダートコースでキャンターを行っています。
担当スタッフは「徐々にピッチを上げている段階で、段々と体力も備わってきているように思えるのですが、まだドタドタしたような走りでもう少し素軽さが出てきてほしいですね。それでも着実に動ける体にはなってきました。池上先生からは数週間のうちに入厩させることも検討しており、そのつもりでドンドン進めてほしいと指示を受けています」とコメントしていました。現在の馬体重は560kgです。
2018/10/15
阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整中。この中間もトレッドミルの運動に加え、ダートコースでキャンターを行っています。
担当スタッフは「現在はダートコースで3000mのキャンターを17~18秒ペースで乗っています。負荷を強めている中で体が増えてきているのは決して悪いことではないですし、見た目に増えた感じはしないのですが、これ以上増えないようにはしたいですね。今は古馬に先導してもらいながら集中して走らせるように心がけています。まだ体を持て余しているようなところがありますので、もう少し素軽さが出てほしいので意識しながら進めていきたいですね。池上先生もその点を気にされていますので、さらなるレベルアップを図ります」とコメントしていました。現在の馬体重は554kgです。
2018/09/29
阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整中。現在はトレッドミルの運動に加え、ダートコースでキャンターを行っています。
担当スタッフは「涼しくなってきたこともあり、食欲が増して飼葉食いが良くなり、毛ヅヤも良くなっているように状態も上がってきている印象です。現在はキャンターで2400mを19〜20秒ペースで乗っていますが、古馬に食らい付いていけるようになってきました。まだ緩さがありますし、鍛え込む必要はありますが、この馬なりに前進してくれているのが何よりです。徐々にペースを上げたいと思いますが、無理せずに一歩ずつステップアップさせたいと思います」とコメントしていました。
2018/09/14
阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートコースで軽めの調整を行っています。
担当スタッフは「初めての長距離輸送だったこともあるのでしょう、思いのほか熱が下がるのに時間を要し、脚元の浮腫みも確認できたので焦らずに進めている状況です。治まってからは元気が出てきましたし、ウォーキングマシン、トレッドミルの運動を経て騎乗調教を開始しています。まだ軽めの段階ですので、様子を見ながらペースアップする予定です。緩さがあり、まだ幼さが残るだけに本領発揮は来年になりそうですが、素材の良さは感じさせますね」とコメントしていました。現在の馬体重は537kgです。
2018/09/02
9/1に阿見TC内セグチレーシングステーブルに移動しました。
池上調教師は「まだ入厩云々の段階とは申し上げられないのですが、このタイミングで美浦近郊に運ぶことにしました。まずは気候や環境に慣らしてもらいながら、しっかりと乗り込んでもらいます。昨日の午後に熱発しているとのことで、少し楽をさせることになりそうです。緩さがあり、本当の意味で良さが出てくるのは古馬になってからだと思いますが、期待している1頭です。私も毎週見に行けますので、成長度や状態を見ながら入厩の時期をご相談させてください」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/08/31
美浦近郊に向けて移動中。この中間も順調に調整され、この後は阿見TC内セグチレーシングステーブルで調整することとなり、本日北海道を出発しました。
担当スタッフは「以前よりも緩みが抜けてきましたし、地道に乗り込んできた効果もあって芯に力が備わってきた印象です。まだすぐの入厩というわけにはいかないと思いますが、入厩に備えて移動することになりました。素軽さという点ではもうひと息ですが、春先に比べると全体的にパワーアップして、馬体、走りともにレベルが上がってきています。本州でも順調に調整が進み、競馬場で元気な姿を披露してほしいですね」とコメントしていました。移動後は入厩を見据えながら調整を進めていきます。
2018/08/15
高昭牧場で育成中。この中間も屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「だいぶ軌道に乗ってきましたね。キャンターのペースは15-15まで上げており、行きっぷりが良いため、結果的に14秒台のラップになることも珍しくありません。春先よりも動けるようになってきましたし、着実にレベルアップできていますね。体付きを見てもハリが出てきましたし、成長期に突入してきた印象です。入厩は別として、美浦近郊へ移すプランもあるようですが、問題なく対応できると思います」とコメントしていました。必要な体力や筋力も備わり、動きも良くなって以前とは別馬のような雰囲気です。今月下旬に美浦近郊に移すことを検討しています。
2018/07/31
高昭牧場で育成中。現在は屋内ダートコースと屋内坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は変わらずに落ち着いており、無理のない程度に調教を進めることができています。それでも1ハロン16秒台まで戻してきていますし、やろうと思えばさらなるペースアップにも対応は可能ですよ。以前よりも走ることに対して前向きさが出てきましたし、体のハリも良くなってきました。体力も備わってきていることで動けるようになってきているのでしょうね。この調子でペースアップをしながらステップアップさせたいと思います」とコメントしていました。脚元の不安も解消傾向にあり、再度軌道に乗ってきた印象を受けます。現在の馬体重は534kgです。
2018/07/13
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は小康状態にありますが、無理はさせられませんので、現在は上限でも1ハロン17秒台にとどめています。それでも大きな心配はしていませんし、間もなく固まってくるはずですよ。ペースを抑えている分、距離を長めに乗って心肺機能や体力の増強に努めています。まだ良くなる余地が大きいですし、秋の入厩を目標に調教を積み重ねていきたいですね」とコメントしていました。脚元の状態は落ち着いていますが、もう少しの間は無理なペースアップは控える方針です。
2018/06/28
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「左前脚の骨膜は落ち着いており、調整に支障は来たしていません。乗り込んできたことで体力が付いてきていますし、息遣いも良くなってきました。同じ15-15でも、以前はやっとこさだったのが今では遊ぶ余裕が出てきているほどですよ。ここ最近はグングンと背が伸びてきており、体重も増加傾向にありますが、太いということはなく、むしろ以前よりもすっきり見せています。前の馬を追い掛ける時は集中してくれるのですが、先頭で走らせるとフワフワして気持ちが乗らないようですので、そこは改善しなけれなりませんね。まだ精神的な幼さがありますが、成長力の高さを感じさせるだけに、今後どういう成長を見せてくれるのか楽しみです」とコメントしていました。体付きが一回り大きくなっているように、成長期に入ってきたた印象を受けます。現在の馬体重は532kgです。
2018/06/15
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「クールグレースの2016と同じメニューをコンスタントに乗り込むことができています。左前の腕節部に骨膜が出てきてポコッとしてきているのですが、ペースを落とすには至らないとみていますし、乗りながら固めていきたいですね。池上先生も頻繁に来場してくださっているように期待されているようですので、じっくりと乗り込みながらレベルアップさせたいと思います」とコメント。池上調教師は「順調に乗り込めていますが、随所に良くなる余地が残っていますね。それでも良いモノを持っていると感じていますので、今は秋を見据えてじっくり乗り込んでもらいましょう」とコメントしていました。今後の変わり身が大きいだけに焦らずにトレーニングを重ねていきます。
2018/05/31
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「クールグレースの2016と同様に、坂路で15-15を開始しました。脚元や体調面で気になるところはありませんが、まだ前向きさに欠けるかなという印象です。特に気性面で問題はないので、これから体力が付いてくれば変わってくると思います。それでも、以前に比べれば自ら走る気を見せるようにはなってきましたし、後ろから追われた際にはしっかりと反応してくれるようになりました。全体的にボリューム感が増し、体が一回り大きくなっているように成長力を実感しています。夏~秋に向けて良くなってくるという感触がありますので、焦らずに進めていきたいですね」とコメントしていました。確かな成長を見せていますが、まだ良くなりそうなだけにさらなる上積みを求めていきます。現在の馬体重は519kgです。
2018/05/15
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコースおよび屋外ダート走路、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「クールグレースの2016と同様にダートでは20秒から入って18秒ペースで走り、坂路では16秒台までペースアップしています。まだ促していかないと自分から進んでいかない感じですので、自ら行く気を見せてくれるようになれば動きも良くなってくるはずです。今朝も池上調教師が来場し、調教をご覧いただきました。フレームは見栄えが良くなってきていますが、まだ実が詰まっていないだけに、秋の始動をイメージし、じっくりと進めたいと思います。これから変わってくる余地は大いにありそうです」とコメントしていました。良化の余地が大きいだけに焦らずに育てていく方針です。
2018/04/27
高昭牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「順調に進められている状況でしたが、両前脚にいくらか疲れが出たこともあり、幾分ペースを落としました。しかし、楽をさせたところ、すぐに疲れも取れてきましたので、再度ペースアップしている状況で、問題なく進めていけそうな雰囲気です。ここにきて体が一回り大きくなった印象で、成長してきているのを実感しています。現在は17秒台までペースを上げていますが、まだ成長の幅が多いと見ているだけに、無理のないように進めていきたいですね」とコメントしていました。馬体が一回り大きくパワーアップしてきており、成長力の高さを覗かせています。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は502kgです。
2018/04/13
高昭牧場(BTC)で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「クールグレースの2016とともに、屋内ダートコース3000m、屋内ダートコース2400mと坂路1本を1日おきに消化しています。いくらか細く映った馬体も、着実に実が入って見栄えが良くなってきましたね。馬体がふっくらしていますが、緩めているわけではありませんし、回復分や成長分も含めてのものと良い方に捉えています。池上調教師も頻繁に来てくださっていますし、期待をしていただいている様子でした。夏場からというタイプではありませんが、本州が暑くなる前に移動させるプランもあるようですので、しっかりと乗り込んでさらにレベルアップできるようにしていきたいですね」とコメントしていました。馬体に幅が出てボリューム感が増してきました。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
高昭牧場で育成中。現在はダートコースと坂路で調整されています。担当スタッフは「ダートコースでキャンター2800mと坂路を1ハロン20秒ペースで乗り込んでおり、先週は悪天候で坂路入りは控えていました。まだハミに頼った走りで、前に重心が行ってしまっているような感じですので、もっと後肢を使ってバランス良く走れるように教え込んでいきたいところです。体力面の底上げは図れていますので、3/13にBTCの厩舎に移動しました。様子を見ながらペースアップすることになると思います」とコメント。池上昌和調教師は「しっかりとした馬格の持ち主で、大きさもちょうどいいと思います。性格も元気があってパワーが漲っている感じですね。レースに行ってその辺が良い方向へ作用してくれそうですし、これからの育成も順調なら早めに本州へ移動させられるかもしれませんね」とコメントしていました。ここまでの調整は至って順調で、順次ペースを上げて乗り込む予定です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は483kgです。
page top
page top