Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
レイナワルツの2016   [募集馬 / 高昭牧場]
2018/05/15
高昭牧場で育成中。現在はダートコースと坂路で調整されています。担当スタッフは「ここ最近は良い流れで進めることができていたのですが、中間に背中や帯道に蕁麻疹が出てきていましたし、鞍を装着する箇所でもあることから、リフレッシュ休養を挟みました。負荷が強まってきている状況で疲れもあったと思いますので、丁度いい息抜きになったのではないでしょうか。現在は騎乗を再開し、ダクで2000mほど乗っています。徐々に蕁麻疹の症状も治まってきていますし、もう心配はなさそうですね。様子を見ながら再度ペースを上げていきたいと考えています。前の馬がガチャガチャする分には動じないのですが、後ろで何かあると集中力が切れてしまうため、その辺りも改善させたいですね」とコメントしていました。今後の伸びしろが大きいこともあり、成長度を見ながら調整を進めていきます。初勝利まであと少しのところまで来ている兄ディナミーデンに負けない走りを期待したいところです。
2018/04/27
高昭牧場で育成中。現在はダートコースと坂路で乗り込まれています。担当スタッフは「時間をかけて騎乗者とコミュニケーションを図れるように取り組んできましたが、着実に効果が表れてきましたね。まだ油断はできないのですが、意思の疎通も図れるようになってきましたので、この中間から坂路調教も開始しています。まだ20秒くらいのキャンターですが、動きに力強さが出てきましたし、心身ともに良い方向へ成長してくれている状況です。これからまだまだ良さが出てくるはずですし、どういう風に変わっていくのか楽しみにしています」とコメントしていました。精神面、遅咲きの血統ということ考慮し、大事に進めてきましたが、ここにきて軌道に乗っていけそうな雰囲気です。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は505kgです。
2018/04/13
高昭牧場で育成中。現在はダートコースで乗り込まれています。担当スタッフは「現在は普通キャンターを2000m乗っており、少しずつ負荷を強めています。徐々に人間とのコンタクトもスムーズに行えるようになってきましたね。以前は反抗することが多かったのですが、ここ最近は精神的な成長が垣間見えます。先頭に立たせると後ろを気にすることが多いのですが、これも慣らしていけば解消されるはずですよ。現在は屋内コースで乗っていますが、間もなく屋外の広いコースで走らせたいと考えています」とコメントしていました。当初は反抗的な仕草が多かったものの、最近は騎乗者との意思疎通もスムーズになってきました。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
高昭牧場で育成中。現在はダートコースで乗り込まれています。担当スタッフは「現在は軽めのキャンターで1200m乗っています。馴致の最中に熱発してしまったこともあり、他の所属馬に一歩遅れを取ってしまっている状況なんですが、体質面は強化されてきたと感じています。現在の課題としては気性面ですね。調教中に急に首を下げたり、立ち上がったりとなかなかのお転婆ぶりを見せています。そのため、今はペースを上げることよりも騎乗者としっかりとコンタクトを取れるように教え込んでいるところです。体力的にはペースアップ可能な状態ですが、今の状況ですと危険が伴うだけに慎重に判断したいと思います。牝馬としては馬格に恵まれていて能力は感じているのですが、どちらかというと遅咲きの血統ですので、精神面と成長度合いに合わせて進める方が良さそうですね」とコメント。杉山調教師は「幼さを覗かせているようですが、初めが肝心ですし、しっかりと向き合って育成してくださっています。雄大な馬格の持ち主ですので、お母さんのようにタフな馬に育ってほしいですね。今後の成長も大いに期待していますし、入厩してからどのような条件が合うのか考えながら調教するのを今から楽しみにしています」とコメントしていました。気難しい一面を見せているため、まずは課題をきちんと克服したいところです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は490kgです。
page top
page top