Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ルナエスメラルダ   [外厩馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2019/01/15
愛知ステーブル小松分場で調整中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「スムーズにペースアップできていたのですが、先週の朝に確認した際に馬房内の壁の低い位置に穴が空いており、本馬も左トモに違和感が認められました。すぐに獣医師に診てもらったところ、蹄や球節に痛みがあるとのことでした。おそらくは起き上がる際に壁を蹴っ飛ばすような形になり、打撲と捻挫を負ってしまったのだと思われます。先週いっぱいは運動を休止しましたが、幸い骨等に異常はありませんでしたし、徐々に痛みも取れてきましたので、昨日からウォーキングマシンの運動を開始しています。様子を見ながら騎乗運動も再開させる予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は433kgです。
2018/12/28
愛知ステーブル小松分場で調整中。現在はプールでの運動とウッドチップコース、坂路で騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間も角馬場でウォーミングアップした後にウッドチップコースと坂路で乗り込んでいます。まだ体力不足に感じるため、ペースこそ変わりありませんが、到着した時よりも楽に動けるようになってきましたね。やはり飼葉食いの細さは課題でして、バリバリ食べてくれるようになってくれれば、もっと負荷を強めていけますので、それが成長にもつながってくるはずです。プール調教の成果もあり、体の使い方が良くなって走りのレベルも上がってきている印象です。バランスの良い馬ですが、もう少し全体的に筋肉を付けさせたいので、高柳調教師とも相談しながら進めていければと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は425kgです。
2018/12/14
愛知ステーブル小松分場で調整中。現在はプールでの運動とウッドチップコース、坂路で騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在は角馬場で20分ほど体を動かした後にウッドチップコースと坂路で乗り込んでいます。まだ飼葉食いはモリモリというわけではないこともあり、食べた物が思うように身になってこないのが課題ですね。色々と与える物を考えながら、しっかり食べてくれるように工夫していきます。坂路では基本25秒ペースのキャンターを乗り、週に2回は17秒台までペースを上げている状況です。また、プールのみの日も設けており、体を増やすことも念頭に入れながら進めています。今後も馬体を増やしつつ、中身も強化していきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は425kgです。
2018/11/30
愛知ステーブル小松分場で調整中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「環境の変化に敏感なようで、まだ落ち着きがないのですが、飼葉はボチボチ食べてくれています。まずは環境に慣らすことと体の回復を優先し、心身のコンディションを整えてから、騎乗やプール調教を始める予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は415kgです。
2018/11/28
11/27に愛知ステーブル小松分場に移動しました。
担当者は「初めての長距離輸送ということもあり、体は20kgほど減って寂しくなった印象も受けますが、どの馬も通る道ですから、それほど気にすることはなさそうです。輸送熱もないですし、飼葉も食べ始めています。まずはこちらの環境に慣らし、体を膨らませながら調教を強めるようにしたいですね。それほど速い調教は行っていなかったとのことですから、じわじわと進めていきますが、高柳先生からは『のんびりとはしていられないので、積極的に乗り込んでください』と指示を受けました。せっかくですから、プールも併用し、これまで使っていなかった筋肉を使わせて刺激を与えることも検討したいですね」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/11/15
宮内牧場で調整中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路で騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「もう胸前の傷は心配ないですし、坂路入りもしてピッチを上げて乗り込んでいます。休ませたことが吉と出たようで以前よりも行く気を見せて動きも素軽くなりましたね。レベルアップできているのは確かです。先日、高柳先生が来場され、想像以上に良くなったと話していましたし、本州へ移したいとも話されていました。すぐに入厩云々の段階ではありませんが、まずは一歩前進ですね」とコメント。高柳大輔調教師は「先日、牧場へ足を運んだのですが、思い描いていた以上に良くなっていました。これから北海道は寒くなりますし、この後は本州で進めましょう。私がいつも使っている育成場が混み合っている状況ですが、坂路のある牧場にしたいことと他の調教師の進言もあり、愛知ステーブル小松分場で調整を進めてもらうことにしました。すぐに入厩可能という状態ではないので、当地でしっかりと乗り込んでもらって体力強化を図ります」とコメントしていました。
2018/10/31
宮内牧場で調整中。現在はBTCの屋内ダートコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「だいぶ傷口も乾いてきて見た目にはほとんど分からない状態まで回復してきている状態です。中間より騎乗運動を再開し、先週からBTCに入れて動かしています。現在はダク、ハッキング程度ですが、もう少しすればキャンターを始められそうですよ。小柄な馬ですし、その前はしっかり乗り込んでいましたので、元のペースに戻すのにそれほど時間は掛からないと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は434kgです。
2018/10/15
宮内牧場で育成中。この中間もウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「まだ腫れが残っていることから、引き続きウォーキングマシンの運動を行っていますが、患部の状態は良化しており、獣医からはそろそろ鞍を付けて騎乗しても大丈夫との話も出ていますので、もう少し様子を見たうえで乗り出したいと思います。それまでは順調に乗り込めていましたし、再度軌道に乗るまでそれほど時間は掛からないのではないでしょうか。その他は特に問題ありませんので、患部の状態をしっかり確認しながら進めていきます」とコメントしていました。
2018/09/29
宮内牧場で調整中。中間に胸前にできた血腫を切開したことから、現在はウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「血腫について獣医、高柳先生とも相談し、予定通り切開をして中に溜まっていた血液を抜きました。また溜まる可能性もありますし、傷が塞がるまでにはもう少し時間が必要です。騎乗する際に必要な馬具が触れる箇所なだけに傷が塞がり、乾いてから騎乗を始めたいと思います。ご心配をお掛けして申し訳ございません。この期間が成長に繋がるきっかけになってくれることを期待したいです」とコメントしていました。現在の馬体重は438kgです。
2018/09/14
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外のダートコースと坂路を併用して軽めに乗られています。
担当スタッフは「中間に胸前に血腫ができてしまい、数日間休ませましたが、抜けてきそうな感触があったことから、軽めに乗り出しているものの、思うように抜けてこないんですよね。高柳先生が来場した際に、『抜けるのが遅ければ切開して出し切った方が治りが早いかもしれません』と言っていましたし、こちらの獣医師の見解も同様でしたので、来週にも切開しようと思います。走る際に可動する部分でもあるので、中途半端には動かせませんが、運動再開までそれほど時間は掛からない見込みです。ご心配をお掛けし、申し訳ありませんが、先のある馬ですので、まずは回復を優先させてください」とコメントしていました。頓挫は残念ですが、治ってしまえば今後に影響を与える症状ではないため、まずは治療とケアに専念します。
2018/08/31
宮内牧場で育成中。引き続き、BTCの屋外のダートコース(1600m、1200mの馬場を併用)と坂路を中心に乗り込まれています。
担当スタッフは「まだまだ成長途上なのは否めませんが、それでもこの馬なりに一歩ずつステップアップすることができていますよ。気性的な成長も感じさせますが、まだ必要な筋肉が備わりきっておらず、非力さが残りますので、体力面と筋力面の増強をメインに置きながら進めていきたいですね。もう少しの間はこちらで鍛錬を積みながら上積みを求めていくことになると思います」とコメントしていました。伸びしろが多く残されているだけに、今は焦らずに心身を鍛え上げていきます。現在の馬体重は437kgです。
2018/08/15
宮内牧場で育成中。引き続き、BTCの屋外のダートコース(1600m、1200mの馬場を併用)と坂路を中心に乗り込まれています。
担当スタッフは「中間も順調に乗り込めており、以前よりも行きっぷりが良くなってきましたね。これまではどうしても非力さが目立ってしまっていたのですが、だいぶ体力が付いてきたように思えます。それでもまだ成長段階にあるのは確かなのですが、乗り込みの成果が随所に表れてきましたね。訪れた高柳大輔調教師も順調ぶりに目を細めていました。これからもさらなるレベルアップを目指してしっかり乗り込んでいきたいと思います」とコメントしていました。順当な成長を見せており、秋を見据えてさらなる良さを引き出していきたいところです。
2018/07/31
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外のダートコース(1600m、1200mの馬場を併用)と坂路を中心に乗り込まれています。
担当スタッフは「この中間からアンクレットハートと一緒に坂路での調教も開始しており、キャンターは18秒ペースで乗っています。今年は本州の梅雨のような気候で、いつもの夏よりも暑さや湿気が多く、人馬ともにウンザリしているのですが、この仔はそれほど暑さにこたえている感じはしませんね。心肺機能やスタミナが強化されてきているようで、最後まで脚取りがしっかりとしています。それにつれて行きっぷりも良くなりましたし、良い方向へ成長してくれているのは間違いないですね」とコメントしていました。体付きを考慮し、ややセーブ気味の調整ではありましたが、着実に成長を感じさせるようになってきました。まだ成長の余地を残すだけに、焦らずに進めていきます。現在の馬体重は439kgです。
2018/07/13
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外のダートコース、直線ウッドチップ走路で乗り込まれています。
担当スタッフは「ペースこそ上げてはいませんが、体調は安定していますし、順調に乗り込むことができています。まだ非力さがあり、全体的に底上げさせる必要はありますが、一歩ずつ前進できているのは確かです。現状では体も大きく減ることはないですし、体力も徐々に備わってきています。本当に良くなるのはまだ先とみていますので、成長度を見ながらじっくり調整していくほうが良さそうです」とコメントしていました。まだまだ良くなる余地が残っているだけに、焦らず育成を進める方針です。
2018/06/28
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外ダートコース、直線ウッドチップ走路、坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「坂路での調教を行っており、現在は16〜18秒台までペースアップしています。もう少し体力を強化させたいとは思うのですが、現状のメニューにもしっかりと対応できていますし、以前よりも力強さが出てきましたね。その中で体重が増えてふっくら見せているのも歓迎材料です。この調子でさらなるレベルアップを図っていきます」とコメント。高柳大輔調教師は「定期的に馬を確認させていただいています。小柄ではありますが、バランスに秀でており、機敏さもある馬ですね。まだまだ良くなる余地がありますので、しっかりと鍛えていただきたいと思っていますし、これからの成長にも期待しています」とコメントしていました。鍛錬の成果が表れてきており、鮮やかな栗毛の馬体も相まって見栄えも良くなってきています。現在の馬体重は436kgです。
2018/06/15
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外ダートコース、直線ウッドチップ走路で乗り込まれています。担当スタッフは「調整は至って順調ですし、疲れを見せることもなく、毎日前向きにトレーニングに臨んでくれています。見た目も幼いですが、まだ体幹もしっかりとしきれていない印象もありますので、これからも焦らずに鍛えていきたいですね。現状でも無駄のないキビキビとしたキャンターを見せていますが、これで力強さが出てくれるとさらに見栄えのする走りが可能になると思います。秋を見据えて全体の底上げを図っていきたいですね」とコメントしていました。伸びしろが大きいだけにこれからも焦らずに鍛錬を重ねていきます。
2018/05/31
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外ダートコース、直線ウッドチップ走路で乗り込まれています。担当スタッフは「一時期は余裕がありましたが、乗り込みの効果と気温が上昇して汗をかきやすくなったことで体は引き締まってきました。それでも、体重は増加しているように、本馬にとってはとても良い傾向と言えるのではないでしょうか。走りを見てもレベルアップしているのを実感していますよ。これから良くなる馬なのは間違いないですから、発育具合を見ながら進めていきたいと思います」とコメントしていました。完成はまだ先ですが、着実に進歩しているのは間違いありません。今後に向けて変わり身の大きい1頭と言えるでしょう。現在の馬体重は428kgです。
2018/05/15
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋外ダートコース、直線ウッドチップ走路で乗り込まれています。担当スタッフは「引き続き、20秒ペースのキャンターを中心に乗り込んでいるところです。少しずつ馬体に幅が出てきましたし、この仔なりに成長を見せてくれています。しかし、まだまだ良くなる余地が多いだけに、慌てずに成長を促していきたいですね。中間に来場した高柳大輔調教師も同様の意見でした。走りの質は決して悪くないですし、気性面も特に気になるところはありません。このままコンスタントに乗り進めていきたいですね」とコメントしていました。成長途上の感は否めませんが、伸びしろは大きいだけに今後の成長が楽しみな1頭です。
2018/04/27
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、ウッドチップ馬場、坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「この中間にピッチを上げる前に貯金を作っておきたいと考え、楽をさせたのですが、その甲斐もあって良い意味で体がふっくらしてくれました。逆に増えすぎてしまって、今では余裕があるぐらいですが、これまでの本馬の経緯を考えれば大歓迎でしょう。坂路では20秒前後までペースアップしているのですが、いくらか重たさのある動きながら、成長してきているのをしっかりと実感できます。もう少しの間は基礎体力向上に努めますが、良い雰囲気になってきましたし、期待度もアップしてきました」とコメントしていました。辛口の担当者からの評価も上がってきており、ここ最近の成長ぶりは期待以上と言えるでしょう。今後はも状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は420kgです。
2018/04/13
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「体調や脚元に異常はなく、順調に乗り進めることができています。少しずつ負荷を強めていて、課したメニューはきちんと対応してくれていますが、もう少し体力面は強化させたいですね。小柄ではありますが、少しずつ筋肉も付いてきましたし、小気味の良いキャンターを見せています。これから夏場にかけて基礎の構築に努め、成長を阻害しないように進めたいと考えていますが、秋を迎える頃には今とは違った雰囲気になっているのではないでしょうか」とコメントしていました。管理予定で3月に開業を迎えた高柳大輔厩舎は先週の開催で早くも2勝を挙げ、関係者の注目を集めています。本馬も厩舎に貢献できるように地力を強化させたいところです。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
宮内牧場で育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。担当スタッフは「ペースとしては上限22秒~23ペースぐらいではありますが、体力も付いてしっかりと動けるようになってきています。小柄な馬なだけに動きは軽快で、スイスイと坂路を駆け上がっているように能力は秘めていそうですね。まだ芯に力が備わっていないだけに、乗り込みながらパワーアップを図りたいと思います」とコメント。高柳大輔調教師は「現状はいかにも幼い印象ですが、これから成長してどんな変化を見せてくれるのか楽しみにしています。コンパクトな馬体の持ち主ですが、その分バランスが良いですね。早い時期からというタイプではないと感じていますので、まずは牧場で基礎を固めていただこうと思っています」とコメントしていました。まだまだ成長の余地が残っていますので、焦らずに進めて地力の強化に努める予定です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は389kgです。
page top
page top