Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
デュアルキャリアー   [外厩馬 / シュウジデイファーム]
2018/08/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「中間に左トモの送りが良くないと感じましたので、騎乗運動を休止し、筋肉注射を打ったうえで少し楽をさせました。1週間ほどウォーキングマシンの運動にとどめて様子を見てきましたが、幸い一過性のもので歩様もすぐに戻りましたので、今週から騎乗を再開しています。現在は20秒程度のペースに抑えていますが、問題はなさそうなので、順次ペースアップしていきたいですね。以前は一本調子な走りでしたが、今ではメリハリが利いて終いまで我慢できるようになってきました。秋に向けてしっかりと乗り込んでいきます」とコメントしていました。今ではトモの送りも解消しており、不安は感じさせません。この調子で乗り進めることができれば、移動も視野に入ってくることになりそうです。
2018/07/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「依然として一本調子な面が見られますが、以前に比べれば力の入れ所は理解できるようになってきているのではないでしょうか。気持ちを前面に出してくれて行きっぷりはいいのですが、まだ体力も備わりきっていないようですし、もう少し緩急を利かせたいですね。力任せに走るのではなく、もう少しリラックスできるようになれば終いの脚色にも余裕が出てくると思います。体付きはさらにボリュームが増しており、パワーアップしてきました」とコメントしていました。まだ課題が残る現状ですが、奥行きを感じさせるだけに慌てずにじっくり乗り込んでいきます。現在の馬体重は566kgです。
2018/07/13
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「今うちの牧場にいる外国産馬の中で1番順調と言ってもいいぐらいにスムーズに調整を進めることができています。徐々にではありますが、一本調子な面が影を潜め走りにメリハリが付くようになってきましたね。まだ課題はありますが、脚元を含めフィジカル面の不安は皆無と言えますので、この調子でスピード調教を織り交ぜながら進めていければと思います。夏の後半〜秋口には本州へ送り出せるようにしたいですね」とコメントしていました。超の付く大型馬ですが、ここまでは脚元や体調の不安が出ることもなく、丈夫な印象を持たせます。
2018/06/28
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「引き続き、順調に乗り込むことができています。継続して乗り込んできたことで、体力も増強され、自ら行く気を見せてくれるようになって行きっぷりも増してきましたね。焦って使うべきではないと思いますが、秋を見据えてしっかりと鍛えていきたいと思います。現時点で脚元や気性の不安は感じませんし、このまま順調にスピード調教を織り交ぜながら進めていきたいですね。素質の高さを日々感じますし、走りの質をさらに高めていければと思います」とコメントしていました。秋の始動を視野に入れ、何の不安もなく進めることができており、デビューを迎える日が待ち遠しい1頭です。現在の馬体重は572kgです。
2018/06/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「大型馬ですが、脚元に不安を感じさせることもないですし、競走馬向きと言える気性の持ち主で、調整は至って順調に進めることができています。重苦しさもなく、迫力あふれるスピード感のある動きを見せていますが、もう少しメリハリの利いた走りができるようになれば、なお良いですし、緩さも残るだけに乗り込みながらレベルアップさせたいですね。今年の外国産馬たちも質が高いと感じていますが、それをレースで実証できるように育てていきたいと思います」とコメント。西村調教師は「見る度に進化している印象を受けますし、ここまでの育成過程は順調そのものです。大型馬で緩さがあり、まだ良くなる余地が大きいですし、この調子で北海道で乗り込んでもらいます。秋の方が選択肢も増えますし、結果を出せるように牧場と連絡を密にしながら始動の時期を探っていくつもりです。入厩を楽しみにしています」とコメントしていました。ここまで順調に乗り込めていますが、伸びしろが大きいだけに焦らずに調整を進める予定です。
2018/05/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「変わらず順調にトレーニングすることができています。坂路では3ハロン40秒台のラップも刻むようになっており、負荷を高めている中でもしっかりと対応してくれているのは頼もしいですね。スピード能力や背中の良さ、気性面から競走馬として資質の高さを感じさせますが、まだ緩さが残りますので、焦らずに進めていきたいと思います。ゲート練習も進めていますが、入りに躊躇することもありますので、負担になり過ぎない程度に練習していきたいですね」とコメントしていました。現状でも高い評価を受けていますが、今後に向けての伸びしろが大きいだけに、秋に向けてさらなるレベルアップを図ります。現在の馬体重は577kgです。
2018/05/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「順調に乗り込めており、引き続き16~18秒台を上限にしていますが、そろそろ15-15を始めようかと考えています。緩さも残っていますし、今後に向けて伸びしろが多いだけに、夏まではじっくりと体力や地力の強化に努めたいところです。スピード調教を重ねていけば、グンと上向いてくるでしょうし、秋の始動を見据えて今は基礎固めに注力したいと考えています」とコメントしていました。騎乗者の評価も高く、将来性の高さを感じさせるだけに慌てずに鍛練を重ねていきます。
2018/04/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「求めているものが高いレベルなのでそう見えてしまうのかもしれませんが、この馬の持っている能力からすれば、まだ動ききれていないかなという印象です。現在は坂路で16~18秒ペースを上限にしていますが、脚元や体力面で不安は感じさせません。大型馬ですし、どこかでガラッと変わってくれそうな雰囲気は醸し出していますね。ゲート練習を行っていますが、問題なく対応してくれていますし、そういった面の心配はなさそうです。様子を見ながらピッチを上げていければと考えています」とコメントしていました。持てる資質は確かなだけに、成長や状態に合わせ、じっくりと地力強化を図りたいところです。今後も状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は571kgです。
2018/04/13
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「検疫が明けましたので、BTCでの調教をスタートさせました。それからも心身に異常はなく、1ハロン18秒程度のキャンターをコンスタントに乗り込むことができています。特に疲れや不安があるわけではありませんが、開始から1ヶ月が経過しましたので、間もなくリフレッシュさせようかと考えているところです。賢い性格で、一切無駄なことはせずに真面目に走ってくれています。癖もないですし、背中の収縮が抜群ですね。走りはダイナミックでいかにも豊かなスピードを秘めていそうだなと感じさせます」とコメントしていました。筋肉の質や動きなど、素質の高さを存分に感じさせます。今後は状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場でハッキングを行っています。担当スタッフは「Muravkaの2016と同様に3/19まで着地検疫中ですので、今は牧場内で軽めに乗っています。気性面や脚元に気になるところはなく、BTCでの調教にもしっかりと対応してくれそうです。血統面だけでなく、馬体や走りも良く、確かな資質を感じさせます。これからペースアップしていくのが楽しみですね」とコメント。西村調教師は「矢作先生がお選びになられた馬ということで、馬格に恵まれていて文句なしに良い馬ですね。スピードがありそうですし、これだけの馬をやらせていただけるのは調教師冥利に尽きます。結果を出すのが当然とも言える馬ですし、今から身が引き締まる思いです。この馬で大きなところを狙いたいと目論んでいます」とコメントしていました。まだ軽めの段階ではありますが、恵まれた体躯から繰り出されるフットワークはとても魅力的です。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は552kgです。
page top
page top