Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
エスカレードフジ   [外厩馬 / シュウジデイファーム]
2018/10/15
シュウジデイファームで調整中。現在はBTCの屋外と屋内ダートコースと坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「体に無駄がなくなってきたことで、身のこなしが軽快になってきましたし、馬体のメリハリも見られるようになってきました。以前よりも楽に調教をこなせるようになってきていますよ。現状でも質の高い走りを見せてくれていますが、本領を発揮できるようになるのは3歳もしくは古馬になってからだと思いますので、スピード調教を重ねつつ、焦らずに進めていく方針です」とコメントしていました。
2018/09/29
シュウジデイファームで調整中。現在はBTCの屋内ダートコースと坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「蹄叉の状態もすっかり良化し、今では不安なくスピード調教を重ねることができています。軌道に乗ってきた印象ですが、まだ一皮剥けてくるだろうと思っていますので、焦らずに乗り込んでいきたいですね。能力は十分に感じますし、他の外国産馬と比べても遜色ないポテンシャルを感じています。ゲートも問題はないですし、現時点でこれといった課題はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は537kgです。
2018/09/14
シュウジデイファームで育成中。引き続き、BTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「蹄叉の状態も良化傾向にありますし、緩めることなく乗り込むことができていますよ。15-15も消化していますが、体が引き締まって動きはシャープになってきましたね。また、走行時の安定感が増してきましたし、息遣いも良くなっています。ゲートの入りや駐立も問題ありません。鍛錬の成果を実現できているように思えるのですが、この馬はまだ化けてくれるという感触を抱いていますし、先々まで楽しみな逸材ですので、無理はさせずにステップアップしていきたいですね」とコメントしていました。期待通りにレベルアップできていますが、まだまだ奥行きがありそうなことから、しっかりと乗り込んでさらなる良化を促していきます。
2018/08/31
シュウジデイファームで育成中。現在もBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「右前脚の蹄叉の状態も安定しており、徐々にペースを上げながら乗り込んでいます。様子を見ながら進めている状況ではあるのですが、もう心配はなさそうですね。15-15も再開しましたが、無理はさせすぎないようにしたいと思います。体が引き締まってきてその分動きにもシャープさが出てきました。ポテンシャルは十分に感じていますので、焦らずに進めていきたいですね」とコメントしていました。まだ成長の余地が多く残されているだけに、馬のコンディションに合わせて進めていきます。現在の馬体重は537kgです。
2018/08/15
シュウジデイファームで育成中。現在もBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「中間に右前脚の蹄叉を痛めたことから、一時的に騎乗を休ませていました。装蹄師と相談したところ、鉄橋蹄鉄で保護すれば調教も大丈夫とのことでしたので、騎乗運動を再開しています。まだ速い調教は控えている状況で、1ハロン20秒台を上限にしていますので、もう少しの間は焦らずに地道に進めていく方が良さそうですね。能力は高いですが、まだ未完成なだけに大事に育てていきたいと思います」とコメントしていました。素質の高さは誰もが認めるところなので、焦らずに乗り込んで素質に磨きをかけていきます。
2018/07/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「ここにきて球節の状態も安定しており、水っぽさが抜けて枯れてきたように感じます。力強さはそのままに、動きが素軽くなって軽快さが出てきましたね。体力も備わってきたようで楽々と坂路を登れるようになってきています。元からポテンシャルは高い印象でしたが、徐々にその片鱗が色濃く現れてきましたね。ここにきて良さが出てきているだけに、油断はせず、今後も脚元や体調をしっかりと確認しながら進めていきます。」とコメントしていました。脚元の状態も安定し、着実に成長している様子が感じられます。現在の馬体重は556kです。
2018/07/13
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「1ハロン40秒台のスピード調教も行っていますが、一番進んでいる組と比較すると相対的に乗り込み量が少ない分だけ、入厩までの時間は欲しいところではあるのですが、今は脚元も落ち着いていますし、この調子で乗り進めていきたいですね」とコメント。矢作調教師は「外国産馬の中でも奥があるのではないかと思う反面、大型馬で脚元を注意しながら乗り込んでいますし、仕上がるまでには少し時間を要しそうですね。将来性は高く買っていますので、焦らずに乗り込んでもらいます」とコメントしていました。まだ良化の余地を残す段階ですが、伸びしろが大きいだけに大事に育成を進める方針に変わりはありません。
2018/06/28
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「右前脚の球節は依然として運動後に張ることがあるのですが、悪くなることはないですし、無理のない程度にしっかりとケアしながら進めています。3ハロンで41〜42秒台のラップも刻めているように、仕上がりが遅れているわけではないですし、現時点では大きな問題にはならないと思っています。息遣いも喉が原因ではなく、獣医からも成長とともに改善されるであろうとの見解が示されていますし、必要以上に気にすることはなさそうです。ポテンシャルが高いのは間違いないと思いますが、まだまだ良くなる馬ですので、さらなるレベルアップを求めていきます」とコメントしていました。完成途上なのは否めませんが、さらに要所の筋肉が発達してきており、ダイナミックで推進力に富んだ動きを披露しています。先週の函館・大沼ステークスは同じ育成場で育てられた矢作厩舎所属のリーゼントロックが制しました。本馬にも上級での活躍を大いに期待しています。現在の馬体重は550kgです。
2018/06/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。
担当スタッフは「右前脚の球節については運動後に張ることはありますが、ケアしながら進めていますし、現時点では大きな問題にはならないと思っています。どちらかという息遣いの荒さの方が気になるのですが、喉や呼吸器の疾患ではないようですので、これから体が引き締まって体力も備わってくれば変わってくるでしょう。動きには弾力性があってバネを感じますし、素材の良さは変わらずに感じさせています。これからもじっくりと調教を積みながらステップアップしていきたいですね」とコメントしていました。先日の安田記念を制したモズアスコットも矢作厩舎所属でシュウジデイファームで育成されていた1頭です。同馬はデビューが遅れながらも一気にスターダムへ駆け上がっただけに、本馬も焦らずに進めて機が熟すのを待ちたいところです。
2018/05/31
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「右前脚の球節に関しては大きな変化はありません。大型馬ですので、慎重にならざるを得ないのですが、この中間も順調に進めることができています。ペースアップを図る前にレントゲンを撮りましたが、問題ないことが確認できました。そのため、ペースを上げて乗り込んでいる状況で、現在は坂路で3ハロン42~43秒ペースまで上げています。まだ息遣いも荒いですし、矢作先生からも大事に進めていこうと言われていますので、状態を確認しながら無理のない程度に進めていく予定です」とコメント。矢作調教師は「緩さが残りますし、まだ乗り込んでもらう必要はありますが、着実に成長しているのは間違いありません。ポテンシャルは高いだけに、焦らず秋を見据えてじっくりと進めてもらいましょう」とコメントしていました。バネを感じさせるダイナミックな走りはとても魅力的で、芝の広いコースでどんなレースを見せてくれるのか今から楽しみでなりません。現在の馬体重は555kgです。
2018/05/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「右前脚の球節の状態に大きな変化はなく、順調に乗り込むことができています。この中間は坂路で15-15を始めていますが、脚元を含めて問題はなさそうですね。前進気勢も出てきていますし、クッション性に富んだ躍動感溢れる動きは魅力的で、進めるにつれて資質の高さを更に感じさせるようになってきました。これから良くなる余地も多いだけに、秋を見据えてじっくり作っていきたいと思います」とコメントしていました。能力の高さは存分に感じさせており、今後の更なる成長がとても楽しみです。
2018/04/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「右前脚の球節の状態も落ち着いていることから、BTCでの乗り込みを再開しました。まだ上限で18秒台と、うちとしては緩めのペースではありますが、脚元は大丈夫そうですし、この調子で進めていきたいですね。クッションの利いた走りは健在で、動きの良さは評価できます。これからグンと上向いてくるでしょうし、大型馬ということもありますので、大事に進める方針に変わりはありません。素質の芽を摘まないように焦らずにじっくりと進めていきます」とコメントしていました。素質が高いがゆえに、これからも脚元の状態や成長度に合わせて育成を進める予定です。今後も右前脚球節の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は545kgです。
2018/04/13
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場でダク、ハッキングを行っています。担当スタッフは「右前脚球節の状態は徐々に良化しているのですが、大型馬ですし、大事を取って軽めの運動にとどめています。早い時期からというタイプではないですし、焦る必要は全くありません。今年の外国産馬はどの仔も素直ですが、この仔が一番従順ですよ。クッション性の高い走りから芝での走りを見たいと思わせますし、将来性は高いと思います。素質が高いのは間違いありませんので、これからもじっくり進めさせてください」とコメントしていました。まだBTCの調教を再開するには至っていませんが、心配はしていません。飛びの大きなストライドやバネの利いたキャンターには目を奪われます。今後も右前脚の状態を確認しながらペースアップのタイミングを図る予定です。
2018/03/15
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場でハッキングを行っています。担当スタッフは「先日までBTCで乗り込んでいたのですが、右前脚の球節に疲れが見られたことから、牧場内で軽めに乗っています。幸い大した症状ではなく、一過性のものと見ていて尾を引くことはないでしょう。父の産駒は他にも牧場にいるのですが、馬のデキが良くて産駒が走ってきそうだなという感触がありますよ。大型馬ですし、焦らず大事に育成を進めていきたいですね」とコメント。矢作調教師は「父はフランケルの全弟という血統面もさることながら、G1を3勝しており、日本の芝への適性も高いと見ています。本馬は跳びが大きく、その走りから芝の中距離が合いそうです。期待のホープで価格以上の価値を感じさせますよ」とコメントしていました。ペースダウンしていますが、大きな心配はなさそうです。今後は右前脚の状態を確認しながらBTCでの調教再開のタイミングを探っていきます。現在の馬体重は536kgです。
page top
page top