Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
Tashzaraの2016   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2018/05/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「左前脚のソエは小康状態にあるのですが、右前脚の球節に張りが見られたため、中間に少しだけ楽をさせました。しかし、右前脚の方は一過性のものでしたので、すぐにペースを戻しています。坂路では3ハロンで40秒を切るタイムを楽々とマークしていますし、身体能力が高いですね。ペースダウンした影響は感じませんので、これなら函館での始動を目指せるのではないでしょうか。来週、矢作先生が来場する予定なので、その際に具体的なプランを立てられればと考えています」とコメントしていました。責任者の評価も高く、始動に向けて機運が高まってきました。
2018/04/27
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内、屋外ダートコース並びに坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「左前脚のソエは触診反応こそ見せますが、状態は着実に落ち着きを見せていますので、BTCの調教を再開しました。現在は20秒台の調教ですが、徐々にピッチを上げていけるのではないでしょうか。これまでの乗り込み量自体は足りていますし、仕上がりは早いのでやり出してしまえば時間は掛からずに態勢を整えることができそうです。ソエの状態次第ではありますが、私としては函館開催で始動できるように仕上げを進めていきたいと考えています」とコメントしていました。変わらずに北海道開催でのデビューを視野に入れており、ソエの状態に合わせながら進め、計画を立てる予定となっています。現在の馬体重は485kgです。
2018/04/13
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場でダク、ハッキングを行っています。担当スタッフは「一時期は15-15を行っていましたが、左前脚にソエが出てきていることから、一旦ペースを落としています。あのまま進めても函館開催前に仕上がってしまいますし、ひと息入れようと思っていたところですので、大きな影響はありません。ゲート練習も併せて行っていましたが、特に問題はなく、入厩後にすぐ受かるレベルにありますよ。スプリンターという感じはしませんが、スピードがありますし、総合力で短距離戦にも対応できると思います。ソエについてはもう少し様子を見ますが、北海道開催での始動は十分可能でしょうし、楽しみな存在です」とコメント。矢作調教師は「目論見通りに仕上がりが早いですね。ソエが出ているため、今後の状況次第ですが、間に合うようなら函館、少し時間が掛かるようなら札幌というように、いずれにしても北海道での始動を考えています。今年のライオンの一番星はこの馬かもしれませんね」とコメントしていました。仕上がりも進み、完成度も高いことから、北海道開催でのデビューを目指す予定です。今後はソエの状態を確認しながら調整を進めていきます。
2018/03/15
シュウジデイファームで育成中。シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内ダートコース、坂路を併用して乗り込まれています。担当スタッフは「ここまでは至極順調に育成を進めることができており、坂路では1ハロン16~17秒台までペースを上げています。在厩馬の中でも進んでいますし、更なるペースアップも可能な状態ですので、この調子でいけば早期デビューも可能でしょう。外国産馬の中では価格が一番低いとあって他に比べると注目度は低いのかもしれませんが、決してヒケは取らないと見ていますし、資質の高さは存分に感じています」とコメント。矢作調教師は「脅威の勝ち上がり率を誇る父はダート色が強いですが、母系はバリバリの欧州血統であり、鍛えながらどんな条件を使っていくのか考えるのを今から楽しみにしています。タフで堅実に稼いでくれるアベレージヒッターのイメージです」とコメントしていました。育成が順調に進んでいることから、早期始動も視野に入れながら進めることになりそうです。今後は同馬の状態を確認しながら調整を進めていきます。現在の馬体重は492kgです。
page top
page top