Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ウォッチハーの2017   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2018/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現在は週2回坂路2本を16〜17秒のキャンターとその他の2日は周回コースでの調教、それ以外の日はウォーキングマシンおよびトレッドミルでの調整を行っています。飼葉食いはバリバリ食べるわけではないのですが、それなりに食べてくれますし、中間にリフレッシュさせたところ、470kg台まで体が増えたようにそこまで気にする必要はなさそうです。坂路でのハミ掛かりが良すぎる面が見られましたが、コントロールが利くようになってきましたし、学習能力は高いと思います。どちらかと言えばピッチ走法で軽快な脚取りが目に付きます。脚元や健康面で不安はありませんので、この調子で進めていきたいところです」とコメントしていました。現在の馬体重は466kgです。
身体能力の高さを存分に感じさせており、このまま順調に進められるようであれば期待に違わぬ結果を残してくれることでしょう。
2018/10/26
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致も無事に終了し、スムーズに馬場入りをスタートすることができました。現在は週3回坂路入りしており、既にハロン17秒台までペースを上げています。飼葉食いが落ちることがありますが、これはディープ産駒に多く見られることです。そのため、過去の経験を元に適度にリフレッシュさせながら進めています。能力の高さは間違いないだけに、疲労を溜めすぎないようにして成長を阻害することのないように気を付けたいですね。これだけの馬なので、焦らず素質に磨きをかけていきたいと思います」とコメント。矢作調教師は「これだけの馬ですから、誰が何と言おうと目指すはクラシックでしょう。まだこの時期で成長過程にありますので、焦らずに進めてもらいます。このまま順調でさえあれば、良い仕事をしてくれるでしょう。大いに期待しています」とコメントしていました。先週の菊花賞は同じ空港牧場で育成されたディープインパクト産駒・フィエールマンが優勝。本馬にも大舞台で躍動する姿を見せてほしいと大きな期待を掛けています。現在の馬体重は455kgです。
page top
page top