Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
アドマイヤヒラリーの2017   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2019/02/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「しっかりと基礎体力が備わり、順調にペースアップされています。毎週、坂路の2本目にハロン15秒くらいまでラストを伸ばしていますが、さらに反応が上向いています。体質の繊細さが薄れ、トモの緩さも気にならなくなり、ここにきての進境は著しいですよ。硬めのピッチ走法になりがちなリアルインパクトの産駒ながら、全身を無駄なく使えるようになり、大きなストライドを繰り出せます。がちっとしたスタイルが伸びやかに変化しつつありますし、マイルだけでなく、クラシックディスタンスへも対応できそうな予感がします。先日、来場した西村先生も『短期間でガラッと変わり、成長力に驚きました。でも、まだまだ良くなるでしょうね。入厩の時期などは馬の状態に合わせ、柔軟に対応します』と話していました。引き続き入念な調整を心がけ、もっとすばらしい姿に変貌させたいですね」とコメントしていました。
ここにきての良化度には目を見張るものがあり、西村調教師もさらに自信を深めている様子でした。
2019/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「坂路でのハロン15〜16秒を定期的に消化しています。しっかりしたスタイルに反して、まだ体質に繊細さが残りますので、場内で最も調教が進んでいるセンティナリー17よりは控えめのペースであっても、段階を踏んでメニューを強化できていますよ。時折スクミの症状を見せますが、投薬して対処し、翌日の騎乗に影響はありません。体にボリューム感が出て、乗り味の緩さも薄れてきました。着々と体力が強化されていますし、奥が深そうな印象を受けますね。今後の変わり身を楽しみにしながら、丁寧に素質を磨いていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は489kgです。まだ課題が残る現状ですが、着実に前進を図ることができています。能力の高さを感じさせるだけに、父の名を高めるような活躍を期待したいところです。
2019/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「坂路コースでのハロン16〜17秒をメインに置き、連日、コンスタントにメニューを消化できています。健康状態は安定していますし、わがままな面も薄れ、乗り手を手こずらせることなどありません。順調な進歩がうかがえますね。ディープインパクト系ながら筋肉量が豊富だった父に似て、マイルくらいが向きそうながっちりしたスタイルです。とても見栄えがしますよ。現状でもトモに緩さを抱えていますが、鍛えるごとに推進力が高まってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は488kgです。
将来を見据え、あせらず調整を進める方向ですが、この中間も順調に負荷を強化できています。現地での評価も右肩上がりです。
2018/12/27
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現在は週に2回坂路を2本16〜17秒ペースのキャンターをメインに、それ以外の日は周回コースでのキャンター、ウォーキングマシンおよびトレッドミルでの調整を行っています。以前に感じられたトモの緩い面もだいぶしっかりしてきており、それが動きの良さに繋がってきましたね。兄や姉も見せたのですが、中間にスクミが見られたことから、1日だけ調教を休みましたが、大きな問題ではありません。ウォッチハーの2017とは逆でゆったりとした大きなストライドで坂路を駆け上がっています。来月から16秒ペース中心に乗り込む予定です。体も一回り大きくなって成長を実感できますし、この調子でさらなるレベルアップを図ります」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
スクむことがありましたが、影響は最小限に抑えられた印象です。着実な良化を見せており、春先には一段と逞しくなった姿に変貌を遂げていることでしょう。
2018/11/27
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現在は週に2回坂路を2本16〜17秒ペースのキャンターをメインに、それ以外の日は周回コースでのキャンター、ウォーキングマシンおよびトレッドミルでの調整を行っています。以前に感じられたトモの緩い面もだいぶしっかりしてきており、それが動きの良さに繋がってきましたね。兄や姉も見せたのですが、中間にスクミが見られたことから、1日だけ調教を休みましたが、大きな問題ではありません。ウォッチハーの2017とは逆でゆったりとした大きなストライドで坂路を駆け上がっています。来月から16秒ペース中心に乗り込む予定です。体も一回り大きくなって成長を実感できますし、この調子でさらなるレベルアップを図ります」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
スクむことがありましたが、影響は最小限に抑えられた印象です。着実な良化を見せており、春先には一段と逞しくなった姿に変貌を遂げていることでしょう。
2018/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現在は週に2回坂路を2本17〜18秒ペースのキャンターとその他の日は周回コースでの調教、ウォーキングマシンおよびトレッドミルでの調整を行っています。徐々にトモの緩さも改善されてきており、動きも着実に力強くなってきました。気性面、体調面で特に気になるところはないですし、脚元も同様で不安を感じさせることはありません。今後もリフレッシュを挟みながら進めていきたいとは思っていますが、段々と体力も増強されてきている印象です」とコメントしていました。現在の馬体重は464kgです。
鍛錬の成果が随所に表れてきているようで、素質馬揃いの中においても存在感が増しています。先日、馬体チェックを行った西村調教師も着実な成長に表情を緩ませていました。
2018/10/26
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「気性面、体質面で気になるところはなく、馴致は至ってスムーズに終えることができました。現在は周回ダートコースと坂路での調教を開始している状況で、週に1回は坂路2本を17〜18秒のキャンターも交えながら乗っています。この時期ですので、成長途上でトモの緩さがあったりしますので、リフレッシュさせたり、加減しながら進めてはいますが、調教開始後も脚元や健康面で不安を感じさせることはありません。動きが良い馬ですし、将来性を感じさせます」とコメント。西村調教師は「この馬もセレクトセールで上位の評価をしていた馬です。一つ上の半兄もうちの厩舎にいるのですが、種馬が変わるとこうも違うのかという印象を抱いています。スラッとしていますが、十分な馬格がありますし、何より身体能力の高さが最大の長所です。センティナリーと一緒にクラシックに行きたいですし、そうしなければいけない逸材だと思っています」とコメントしていました。身体能力、動きの良さが際立っていますが、今夏に半兄のジュンスターホースが3勝目を挙げており、成長力の高さも見込んでいます。現在の馬体重は464kgです。
page top
page top