Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クインネージュの2017   [募集馬 / 鹿児島・山下牧場]
2019/04/15
鹿児島・山下牧場で育成中。この中間もパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「現在はサンシャインパドックでの放牧にとどめ、カロリー高めの飼料を与えています。しばらく楽をさせたことで気持ちも落ち着き、狙い通りに食欲が増し、ふっくらしたスタイルになりましたね。まもなくウォーキングマシンでの運動を開始します。先日、来場した鈴木先生も『まだ幼さが残る体型ですし、これから大きくなるでしょう。遅れ気味な化骨のことも考え、成長を促しながら無理せずにペースアップしてください』と話していました。ここまでの過程でも確かなスピート能力は十分に示していますし、仕上げに手間取らないタイプですので、今後も慎重な対処を心がけ、大切に育てていきますよ」とコメントしていました。
まだ大きな伸びしろを残していることもあり、もう少しの間はリフレッシュを継続することになっています。休む前の動きから資質の高さは十分に感じるだけに、成長を促しながらじわりと進めていく予定です。
2019/03/30
鹿児島・山下牧場で育成中。現在はパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「定期的に直線コースでの15-15を積み重ね、先週末はハロン13秒までスピードアップさせました。楽な手応えで消化でき、イメージ通りに進歩しています。ただし、そろそろ疲れが蓄積するタイミングですし、少し飼い食いも落ちましたので、ここでリフレッシュ期間を設けることにしました。長針治療を施し、パドックで放牧中です。脚元のトラブルとは無縁ながら、化骨が遅い状況でもあり、成長の余地がたっぷり残されていますからね。寂しく映る腹周りがふっくらと戻り次第、ウォーキングマシンでの運動から始め、再びペースを上げていきたいと思います。もっともっと馬体に厚みが出てくるはずですから、焦らずに進めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
砂浜での走りが力強さを増し、存分に脚力の高さを披露していました。もう少しボリュームを持たせたいことから、今後はそのあたりを意識しながら進めていきます。
2019/03/15
鹿児島・山下牧場で育成中。引き続き牧場内のダートコースでの騎乗運動に加え、海岸沿いの砂浜で乗り込まれています。
担当スタッフは「順調にペースを上げ、砂浜の直線コースで15-15を織り交ぜて調整しています。集中力が高まり、反応は上々ですよ。だいぶ筋肉が備わり、定期検診に訪れた獣医さんも『短期間で別馬のようになった』と驚いていました。ただし、現時点でもトモが高い幼児体型ですし、これからの成長は大いに見込めます。調整に支障はないとはいえ、化骨検査でもヒザの骨端など、骨が固まり切らない状況にありますからね。引き続き活力にあふれていても、そろそろ疲れが出るタイミングでしょうから、しばらくは無理をさせず、このままのメニューで調整を継続して、なるべく体を減らさないように努めたいと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
ここまでの調整過程に狂いはありませんが、まだ伸びしろがあるだけに焦らずに育ててさらなるレベルアップを目指します。
2019/02/28
鹿児島・山下牧場で育成中。この中間も牧場内のダートコースでの騎乗運動に加え、海岸沿いの砂浜で乗り込まれています。
担当スタッフは「砂浜の直線コースでの乗り込み量を増やし、順調にメニューを強化しています。ハロン20秒が基本でも、日によっては18秒から17秒くらいまでスピードアップさせていますよ。一時的に飼い食いが落ちた時期があり、腹周りが締まり、すっきりしたスタイルになりましたが、現行の負荷にも慣れつつあります。波を見て驚いたりしますが、もともと素直な性格です。コントロールに苦労はありません。ここを乗り越えたら、グンとたくましさを増すでしょう。一旦15-15まで進め、デビュー目標などの方針を定めたうえ、必要に応じてリフレッシュを挟み、さらなる成長を促したいと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
父の産駒は大型の活躍馬が目に付きますが、牝馬は中サイズの馬が台頭しており、本馬にとって心強いデータと言えるでしょう。
2019/02/15
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は牧場内のダートコースでの騎乗運動に加え、海岸沿いの砂浜で乗り込まれています。
担当スタッフは「トラックでのスローキャンターで操縦性の向上に努めるとともに、先週より志布志湾に面した砂浜にある長い直線コースへも入れ、一段階、調教メニューを強化しました。順調に基礎体力が備わり、無理なく負荷をかけられます。前進気勢が旺盛ですし、キビキビとしたフットワークに好感を抱きますね。ただし、波音に驚いたり、ちょっと過敏な面を見せていますので、まずは慣れさせるように配慮しているところです。心身のバランスを取りながら、丁寧にペースアップしていきます」とコメントしていました。
ヘニーヒューズ産駒らしい力強さとスピード感に富んだ走りはとても魅力的です。今後も順調に育成が進むようであれば、期待通りの走りを競馬場で披露してくれることでしょう。
2019/01/31
鹿児島・山下牧場で育成中。引き続き牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「入念にダク2000mを踏ませた後、キャンター3500mを消化しています。健康面はすっかり安定していますね。距離を延ばしても、ハロン20秒程度を楽々と走り切れます。物音に反応したり、少し神経質なところがあっても、基本は真面目な性格です。問題なくコントロールが付きますよ。いい意味で前向きですし、メリハリが利いた走りです。成長を妨げないように配慮して乗り進めますが、さらにペースアップできる状況にありますので、今後は海岸沿いにある砂浜での調教も取り入れたいと思います。スピード感がありますし、世代の中でも期待の大きい1頭です」とコメントしていました。現在の馬体重は436kgです。
順調に育成が進んでおり、変わらずに軽快かつ迫力のあるキャンターを披露しています。昨年に3勝を挙げた兄グランドボヌールのようにスピードが武器になりそうな印象です。
2019/01/15
鹿児島・山下牧場で育成中。中間も牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「もう熱発の影響はなく、体調は良好です。徐々にメニューを強化しているところです。現行のメニューはダク2000m、キャンター2500mですが、疲れた様子などありません。ハロン18秒くらいまでスピードを上げても、最後まで余力がありますよ。身のこなしが軽いですし、脚先まで力がこもっている感じです。やる気を前面に出し、自らハミを取ってくれます。いいスピードを秘めていそうですよ。跨った時はちょっと敏感でも、走り出せば鞍上の指示に素直ですさ、調整はしやすいですね。これから伸びるタイミングだけに、今後の変わり身が楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は435kgです。
現状は小柄な馬体ではありますが、着々とボリュームアップしてきました。精神面の幼さも薄れ、まっすぐに成長しています。
2018/12/27
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は牧場内のダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「外傷はすっかり治まり、1ハロン18秒のキャンターを交えながら、順調に乗り進めることができていました。中間に熱発したため、数日間休ませましたが、現在は熱も下がって調教を再開しています。この中間は手前の替え方に加え、口向きやハンドリングの部分で教育したいことから、牧場内のダートコースで乗り込んでいますが、コントロールも利くようになってきましたね。とても真面目な馬ですし、走ることに対しても前向きです。スピード感もありますし、この前進気勢は良い方に出てくれると思います。今後は砂浜での調教も開始したいと思いますが、これからの成長の余地が大きいだけに焦らずに進めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
ヘニーヒューズ産駒の勢いはさらに加速しており、クイーンズテソーロは4連勝でオープン入りを果たし、オーヴァルエースは無傷の2連勝を挙げるなど、父に対する評価はさらに上がってきました。本馬にかかる期待も一層高くなっています。
2018/11/26
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は海岸沿いの砂浜で騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「胸下の外傷もすっかり癒え、馴致も無事に終えることができました。現在は砂浜でダク2000m、軽めのキャンターを2000m乗っています。敏感な一面を覗かせてきましたが、怖がりとかそういうネガティヴな感じではなく、反応の良さなど良い方へ出ている印象です。走ることに対してとても前向きで真面目な性格ですので、いかにも競走馬向きの性格と言えるのではないでしょうか。フカフカの砂浜でも力強い走りを見せますし、現時点で課題という課題はありません。これからの伸びしろも大きい馬ですので、今後の成長がとても楽しみです。進めるにつれて自信度はさらに高まってきています」とコメントしていました。現在の馬体重は423kgです。
10月以降は1週を除いてヘニーヒューズ産駒の2歳馬が毎週勝ち上がっており、先週末も3頭が勝利。そのうち、キョウワドリヴンは2着馬に6馬身差、オーヴァルエースは9馬身差を離して圧巻のデビューを飾るなど、産駒の勢いがますます加速しています。
2018/10/26
鹿児島・山下牧場で育成中。現在は騎乗馴致を行っています。
担当スタッフは「こちらには10月上旬に移動してきたのですが、北海道で他の馬に蹴られてしまったとのことで、胸下に外傷を負っていたため、まずは傷の回復を優先させました。腹帯が当たる箇所でもあったため、大事を取ってじっくり進めていますが、治ってしまえば何の心配もありません。現在はブレーキングまで進めていて今はおとなしくしていますし、教えたことはすぐに理解できる賢い性格ですが、進めるにつれて気の強さが出てくる血統ですので、そのあたりは注意して育てていきたいですね。まだ幼児体型でこれからの伸びしろが大きいだけに、慌てずに進めていきたいと思っています」とコメント。鈴木孝志調教師は「先週、鹿児島に見にいってきました。傷は若馬にはよくあるもので全く心配ありません。スピードがあるのは間違いないと思いますが、父の産駒にしては柔軟性もあるだけに、ダート馬とは決めつけずにやっていきたいです。芝での活躍も可能かもしれませんし、楽しみにしています」とコメントしていました。父ヘニーヒューズと母の父フジキセキの組み合わせは既に2頭(ドンフォルティス、プロミストリープ)の重賞勝ち馬が誕生している相性の良い好配合です。2歳世代も続々と勝ち馬が誕生しており、今後もヘニーヒューズ産駒への注目度は増すことでしょう。現在の馬体重は420kgです。
page top
page top