Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
リュヌドミエル   [外厩馬 / ヒイラギステーブル淡路本場]
2019/09/15
9/14にヒイラギステーブル淡路本場へ移動しました。
担当スタッフは「初めて経験する長距離輸送を無事に乗り越えてくれました。輸送熱もなく到着し、健康状態は安定していますよ。移動中に10キロ強、体重が減り、458kgで到着しましたが、決して細くは映りません。飼葉も残さずに平らげています。脚元をチェックしても、不安点などは見当たりませんので、本日よりウォーキングマシンでの運動を開始しました。来週より騎乗調教へと移行させる予定です。環境の変化が影響し、多少ソワソワした雰囲気を見せているとはいえ、すぐに落ち着きを取り戻すでしょう。まずは角馬場での低速ストレッチで個性やコンディションの把握に努めたうえ、杉山先生と相談して、今後の調教計画を練っていきます」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2019/08/30
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「豊富な乗り込み量を消化しながらも、ふっくらしたスタイルを維持できています。一段と中身が充実していた実感があるうえ、たくましい筋肉が備わってきましたね。スタミナ面が強化され、坂路での15-15では馬も物足りなさを感じているくらいです。中間に3ハロン40秒程度のメニューを課しましたが、無理なく加速できました。伸び脚にシャープさが加わっていますよ。前向きにハミを取り、それでいて過剰に力むことはなく、精神状態も理想的といえるでしょう。最近は止め際の息遣いがスムーズになり、DDSPの症状も解消したとみています。まだまだ奥が深いと思わせますし、この調子で進歩してくれたら文句はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は471kgです。
2019/08/15
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調に坂路での15-15を継続しています。手応え良く走れるうえ、すっかり脚のため方が身に付き、自在に動けるようになりました。軽く促しただけで、スッと加速していますよ。ラストまで手応えに余裕があり、スタミナ面も強化されました。もうDDSPの症状は気になりません。息の戻りが早くなり、心肺機能の向上を実感しています。健康状態は高いレベルで安定していて、もう馬体減を心配する必要はないでしょう。今後の成長を楽しみにしながら、さらにメニューを強化していきます」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。
2019/07/31
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「DDSP特有の息遣いは残っていても、ひいき目かもしれませんが、気になる回数が減りつつあります。少なくても、走りにまったく影響はなく、この間も順調に坂路で15-15を重ねられました。日によってはラスト3ハロンを43秒くらいまで伸ばしていますよ。まだ焦るタイミングではありませんので、些細な疲れの兆候も見逃さないよう、丁寧に心身を整えていきますが、きちんとコントロールが付くうえ、ますます集中力が増し、最後まで楽な手応えで走り切れるようになりました。現時点で課題は見当たりませんね。メニューを強化しても、ふっくらしたスタイルを保ち、さらに張りも上向き、体質の強化を実感しています」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
2019/07/15
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調に坂路に入り、半マイルからコンスタントに15-15を継続していますが、文句なしの健康体を保ち、疲れを見せることはありませんよ。幼さを残すなかにあっても、トモのボリュームがアップして、競走馬らしく変貌を遂げつつあります。ひと夏を越せば、もっと見栄えがするようになるでしょう。併せ馬も取り入れていますが、気持ちに余裕があり、それでいて周囲に気を取られることはなく、自分のリズムを守れます。ハミ受けが安定し、操縦性も向上しましたね。依然としてDDSPの症状は残っていても、止め際で呼吸音が気になる回数も減ってきました。馬なりでもスムーズに加速でき、走りに影響はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
2019/06/25
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ筋肉の付き方に物足りなさを感じる現状ではあっても、飼葉はしっかり食べてくれており、いまのところ馬体減りの心配はありません。坂路を使って週2本、3ハロンから半マイルを15-15で走らせています。キビキビとしたフットワークは健在ですし、馬なりでも手応えに余裕があり、だいぶ中身がしっかりしてきましたね。騎乗すれば意欲が満々ながら、普段はリラックスして過ごしています。精神的にもずいぶん大人っぽくなりましたよ。メニューの組み立てなども、杉山先生と相談を重ねていますが、成長を促すべく、日によって負荷に強弱を付けながらも、スピード調教を継続して、秋のデビューを目指していく方向です」とコメントしていました。現在の馬体重は454kgです。
勝気な一面も垣間見せますが、姉のクーリュもそれが闘争心につながっている印象もあるだけに、本馬にとっても武器になるのではないかとみています。
2019/06/14
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「週に2回のペースで15-15を消化しています。ラスト3ハロンや半マイルくらいなら、馬なりでも手応え良く加速できるようになりました。体重が減少傾向にありますので、一旦ペースダウンして成長を促す期間を設けたいと考えています。秋シーズンのデビューをイメージしていますし、まだまだ伸び盛りのタイミングにありますからね。ここで焦る必要はないでしょう。ただし、飼葉はしっかり食べていますし、むしろ筋肉が張り出し、だいぶ競走馬らしい体付きになりましたよ。前向きにハミを取る一方、精神的に煮詰まった気配はなく、普段は落ち着いて過ごせていますし、今後も丁寧に素質を磨いていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
まだ幼さの残る体型ですが、身体能力の高さを存分に感じるだけに、将来は姉を超える走りを見せ、交流重賞の常連になるような活躍を期待しています。
2019/05/31
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を継続しています。だいぶ筋肉が張り出し、見栄えがするルックスになりました。引き続き健康面は安定していて、飼葉を完食しています。順調に体重が増えているうえ、実際より大きく見せますね。前向きな調教態度は変わりません。馬なりに止めていても、スピード感はたっぷりです。そのうえ、過度にテンションを上げることはなく、コントロールは容易ですよ。理想的な精神状態といえるでしょう。積極的に併せ馬を行っても、集中力を欠くことはなく、きちんと自分のリズムを守れます。若干、DDSP特有の呼吸音が認められるとはいえ、走りに影響はありません。これからの成長によって解消に向かうはずです」とコメント。杉山調教師は「期待馬がここまで狙い通りに成長してくれていますね。呼吸に関しても心配はしていませんし、このまま順調にいってくれればと願うばかりです。まだ幼さの残る体型ですし、ダートの番組は秋になってからコンスタントに組まれますので、夏の間はしっかり坂東さんで鍛えてもらいましょう。栗東に来るのを楽しみにしています」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
肩周りやトモの筋肉に厚みが増し、さらにボリュームしてきました。秋には盤石の態勢で入厩できるようにしっかりと鍛え込みます。
2019/05/15
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路でのキャンターをメインに置き、順調にペースアップできています。中間は定期的に15-15も織り交ぜました。手応えに余裕があり、堪えた様子は見せません。引き続き食欲は旺盛ですし、食べたものが実になり、体も維持できていますよ。唯一、気になる点といえば、メニューの強化に伴って、止め際でゲロゲロとこもった感じの息遣いになることでしょうか。ただし、喘鳴症(喉鳴り)の呼吸音とは明らかに違います。若駒によく見られるDDSP(軟口蓋背方変位と呼ばれる症状)の兆候と思われ、状況次第では内視鏡検査を行うことも検討しますが、成長とともに自然治癒するケースがほとんどですので、今後の調整に影響は少ないでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
呼吸音で気になる部分があったとのことながら、競走能力に影響が出る喘鳴症とは異なる音のようで、大事には至らないとみています。
2019/04/30
坂東牧場で育成中。引き続き屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースで豊富な乗り込み量をこなすとともに、坂路入りする日を増やし、順調にハロン17秒ペースのキャンターを継続中です。成長を促すよう、メリハリを付けたメニューを組み立て、じっくりと負荷を強めている段階であっても、常に反応は良く、確かな素質が伝わってきますね。手先まで力がこもるようになり、フォームに安定感を増し、ずいぶん乗り味が変わってきました。体重は微増といった状況ながら、飼葉をよく食べていますので、この先は一段と見栄えがするスタイルになるでしょう。落ち着いた精神状態を保ち、きちんとコントロールが利きます。操縦性も高めてきました。健康面の不安はありません」とコメント。杉山調教師は「先日、坂東さんで見てきたのですが、期待通りの成長をしてくれています。番組のこともあり、使い出しは秋になりますが、まだまだパワーアップするはずですし、本当に楽しみな馬です」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
姉以上の奥深さを感じさせるだけに、交流重賞の常連となり、まさに馬主孝行な存在に育ってくれることを期待しています。
2019/04/15
坂東牧場で育成中。現在は屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックで3500mほど乗り込むとともに、1日置きに坂路を2本、順調に駆け上がっています、ハロン17秒ペースまでをメインにしていますが、15-15も織り交ぜ始めました。前進気勢が強まり、集中力を増して、難なくこなせます。現時点でもスピードの乗りが早いですよ。それでいて、過剰にテンションを上げることはありません。ボディーコンディションも上々です。ただし、ペースアップに伴い、少し体重が減りつつありますので、負担をかけすぎないよう、十分に配慮していきます。まだまだ成長するタイミングにありますし、仕上げに手間取らないタイプですからね。今後も柔軟な対処に努めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
姉のクーリュよりも柔軟性に富んでいる印象があり、姉を超える活躍は本馬に課せられた最低限のノルマと言えるでしょう。
2019/03/30
坂東牧場で育成中。現在は屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路をメインにして、ハロン17秒くらいのペースで乗り進めています。自らハミを取り、しっかり集中して、馬なりでもスムーズに動けますよ。これからパワーアップしていく段階にあっても、背中が柔らかく、全身を無駄なく使えるのがセールスポイントでしょう。普段は落ち着きがあり、理想的な精神状態を保っているように映ります。ただし、日によって飼葉を残すことがあり、負荷を強めてきたことで、いくらかストレスを感じているのかもしれません。胃薬を与えるなどして対処しているところです。そんな中でも、体重は増加傾向にあり、順調な成長がうかがえますね。些細な兆候も見逃さないように努め、確かな素質を大切に磨いていきたいです」とコメントしていました。現在の馬体重は454kgです。
やや疲れを感じさせますが、育成の段階でよく見られることであり、心配はしていません。能力の高さは十分に感じるだけに、じっくりと心身の成長を促したいところです。
2019/03/15
坂東牧場で育成中。現在は屋内坂路を中心に周回ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にペースアップしていますが、堪えた様子はうかがえません。中間も飼葉はしっかり食べていました。周回コースでじっくりと体をほぐしたうえ、週に6本のペースで坂路調教を消化しています。現行ではハロン20秒から17秒にセーブしていますが、手応えは楽ですよ。自らハミを受け、キビキビと動けています。今月末には15-15まで進められるでしょう。前向きな気性ですし、早めのデビューにも対応できそうですね。ただし、これから成長する余地をたっぷり残していますので、あまり精神的に追い詰めないよう、メニューに強弱を付けながら、丁寧にコントロールを教えていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は447kgです。
各所の筋肉に厚みが増し、さらにスケールアップしてきました。堅実な走りを見せる姉を超える活躍を見込んでいます。
2019/02/28
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースを中心に坂路も併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックで長めの乗り込みを継続しながら、週2回は屋内坂路でのキャンターを開始しました。メニューの強化に伴い、少し食欲が落ちましたので、疲れを残さないように配慮しながら調整していきますが、慣れるのに従って、飼葉を残さなくなりました。気がいいタイプだけに、仕上りは早いでしょうね。自ら前向きに動け、現時点の反応は上々です。血統的にダート向きではありますが、これから調教を重ねていけば、ますます軽快なスピードが際立ってくると思いますよ。確実性が高く、ぜひ会員の皆様に注目していただきたい好素材です」とコメントしていました。現在の馬体重は452kgです。
負荷を強めながら、体が増えてパワーアップしているように良い流れで進めることができています。元から資質の高さを評価されているだけに、今後も順調に進むようであれば期待に応える走りを見せてくれることでしょう。
2019/02/15
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「厳しく冷え込む日が多く、馬場状態などに応じてペースは調整していますが、中間もトラックコースでのキャンター3500mを継続しています。現状はハロン17秒程度が上限でも、手応えに余裕がありますよ。健康状態は安定していますし、疲れを翌日に残すこともありません。着々と体力が強化されています。馬体がパワーアップしているで、トモに筋肉が備わりつつあり、だいぶボリュームアップしてきました。順調な成長曲線を描いていますね。今後も無理なくメニューを強化できるでしょう」とコメントしていました。
ここにきて馬体が増え、全身の筋肉に厚みを増してきました。まだ良家の余地が大きいだけに、今後のさらなる成長が楽しみでなりません。
2019/01/31
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在もトラックコースでのキャンター3500mがメインです。まだ焦る時期ではありませんし、仕上りは早いでしょうから、しばらくは余裕を持たせたメニューで基礎固めをしたいと思います。ただし、少しずつ負荷を強め、日によってはハロン18秒くらいまでペースを上げていますよ。ピリッとした気性ながら、鞍上との意思疎通はきちんと図れています。安定したフォームで素軽く走れています。体重は大きく増えていませんが、飼い葉をよく食べ、健康そのものです。皮膚病もすっかり治まり、毛艶も良化してきました。脚元のトラブルとも無縁ですので、調整はしやすいですね。この調子で伸びてくれたら、将来が楽しみな存在であるのは間違いありません」とコメントしていました。現在の馬体重は435kgです。
まだスピード調教を行っていませんが、随所に資質の高さを感じるだけに、このまま順調にステップアップできれば自ずと頭角を現してくることでしょう。
2019/01/15
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「こちらは降雪に見舞われる日もありますが、屋根付きのトラックコースを活用して、中間も順調に乗り込みを消化しています。まだハロン20秒程度のペースを守っていますが、3500mくらいを元気に駆け抜けています。健康状態は安定して良好です。430kg程度の小柄なスタイルながら、キビキビと動けています。かつては気難しさも見せていましたが、乗り手とのコミュニケーションもしっかり取れていますよ。前向きな気性ですし、仕上りは早いと見ていますので、厳寒期は基礎体力の向上に主眼を置きますが、だんだんと中身が詰まり、フットワークに力強さが増している印象です」とコメントしていました。
大切に育てられており、軽快な走りが目を引きます。今からコンスタントな活躍を想像させる存在です。
2018/12/27
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在は3400mのキャンターを乗り込んでおり、1ハロン20〜22秒ペースを基本に、20秒を切って駆け抜ける日もあるように順調です。調教量を増やしている段階ですが、疲れはまったく見せませんし、年末を迎えて体力作りをより意識した内容に変遷してきて求められる内容も高くなってきました。馬自身もそれに応え、日々のトレーニングに取り組んでくれています。皮膚病のため、毛刈りをしているので見た目は良く映らないかもしれませんが、治まってきている状況ですし、体調や脚元に不安はありません。どちらかというとパワータイプでスピード型の印象ですが、姉よりも距離の融通が利きそうな感触があります。折り合いがついて、コントロールも利いていますので、操縦性も問題ありません。飼葉もしっかり食べてくれますし、この調子で体力を付けさせたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
調教の動きも着実に良化してきており、パワーアップできているのは歴然です。今後どのような成長曲線を描くのか今から楽しみでなりません。
2018/11/26
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間からキャンターで乗る距離を2500mから3500mに増やして乗り込んでいます。最初は乗り手の苦労も絶えなかったのですが、今ではコミュニケーションが取れるようになりましたし、許容範囲です。今は複数頭の縦列の中に入り、走りの基本動作を学ばせながら、より高いレベルで意志の疎通ができるように促しています。牝馬にしては飼葉もしっかり食べていますし、脚元や体質面での不安はまったくありません。中間に皮膚病を発症したことから、毛を刈っていますが、順調に回復しています。現在は22〜25秒ペースのキャンターで乗っており、徐々にペースアップを図る予定です。来年の2月ぐらいまでは周回コースで基礎体力の構築に努めてから、坂路調教をスタートさせたいと考えています。能力は感じる馬ですから、一歩ずつ前進していきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
管理予定の杉山調教師は先日のJBCクラシックをケイティブレイブで制覇。評価を高めるトレーナーの手腕も大きな魅力と言えるでしょう。
2018/10/26
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「先月の下旬に移動してきました。元からキリっとした性格ということもあるでしょうし、生産牧場では厩舎と放牧地の行き来が主ですので仕方ないのですが、初期馴致は苦労しましたね。それでも人と接する機会も多くなり、だいぶ慣れてくれています。普通に跨ってキャンターをできるようになりましたが、これからは騎乗者とのコミュニケーションをよりスムーズに行えるようにしていきたいですね。覚えるべきことが多く、馬も大変だったと思いますが、辛抱してくれています。能力は十分に感じますし、大事に育成していきたいです」とコメント。杉山調教師は「先日、見させていただいたのですが、お世辞抜きに良い馬です。力強い歩きを見せていて、能力を感じますし、走らせないといけませんね。お姉さんも先日、東京で勝ちましたし、とても楽しみです」とコメントしていました。先週は全姉クーリュが東京競馬で快勝。4戦連続の2着を含め、堅実な走りを見せており、さらなる飛躍が期待されています。資質はその姉以上との声も聞かれるだけに、期待値はさらに高くなってきました。現在の馬体重は432kgです。
page top
page top