Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クールグレースの2017   [募集馬 / 坂東牧場]
2019/02/15
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「厳しく冷え込む日が多く、馬場状態などに応じてペースは調整していますが、中間もトラックコースでのキャンター3500mを継続しています。現状はハロン17秒程度が上限でも、手応えに余裕がありますよ。健康状態は安定していますし、疲れを翌日に残すこともありません。着々と体力が強化されています。馬体がパワーアップしているで、トモに筋肉が備わりつつあり、だいぶボリュームアップしてきました。順調な成長曲線を描いていますね。今後も無理なくメニューを強化できるでしょう」とコメントしていました。
ここにきて馬体が増え、全身の筋肉に厚みを増してきました。まだ良家の余地が大きいだけに、今後のさらなる成長が楽しみでなりません。
2019/01/31
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在もトラックコースでのキャンター3500mがメインです。まだ焦る時期ではありませんし、仕上りは早いでしょうから、しばらくは余裕を持たせたメニューで基礎固めをしたいと思います。ただし、少しずつ負荷を強め、日によってはハロン18秒くらいまでペースを上げていますよ。ピリッとした気性ながら、鞍上との意思疎通はきちんと図れています。安定したフォームで素軽く走れています。体重は大きく増えていませんが、飼い葉をよく食べ、健康そのものです。皮膚病もすっかり治まり、毛艶も良化してきました。脚元のトラブルとも無縁ですので、調整はしやすいですね。この調子で伸びてくれたら、将来が楽しみな存在であるのは間違いありません」とコメントしていました。現在の馬体重は435kgです。
まだスピード調教を行っていませんが、随所に資質の高さを感じるだけに、このまま順調にステップアップできれば自ずと頭角を現してくることでしょう。
2019/01/15
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「こちらは降雪に見舞われる日もありますが、屋根付きのトラックコースを活用して、中間も順調に乗り込みを消化しています。まだハロン20秒程度のペースを守っていますが、3500mくらいを元気に駆け抜けています。健康状態は安定して良好です。430kg程度の小柄なスタイルながら、キビキビと動けています。かつては気難しさも見せていましたが、乗り手とのコミュニケーションもしっかり取れていますよ。前向きな気性ですし、仕上りは早いと見ていますので、厳寒期は基礎体力の向上に主眼を置きますが、だんだんと中身が詰まり、フットワークに力強さが増している印象です」とコメントしていました。
大切に育てられており、軽快な走りが目を引きます。今からコンスタントな活躍を想像させる存在です。
2018/12/27
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在は3400mのキャンターを乗り込んでおり、1ハロン20〜22秒ペースを基本に、20秒を切って駆け抜ける日もあるように順調です。調教量を増やしている段階ですが、疲れはまったく見せませんし、年末を迎えて体力作りをより意識した内容に変遷してきて求められる内容も高くなってきました。馬自身もそれに応え、日々のトレーニングに取り組んでくれています。皮膚病のため、毛刈りをしているので見た目は良く映らないかもしれませんが、治まってきている状況ですし、体調や脚元に不安はありません。どちらかというとパワータイプでスピード型の印象ですが、姉よりも距離の融通が利きそうな感触があります。折り合いがついて、コントロールも利いていますので、操縦性も問題ありません。飼葉もしっかり食べてくれますし、この調子で体力を付けさせたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
調教の動きも着実に良化してきており、パワーアップできているのは歴然です。今後どのような成長曲線を描くのか今から楽しみでなりません。
2018/11/26
坂東牧場で育成中。引き続き周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間からキャンターで乗る距離を2500mから3500mに増やして乗り込んでいます。最初は乗り手の苦労も絶えなかったのですが、今ではコミュニケーションが取れるようになりましたし、許容範囲です。今は複数頭の縦列の中に入り、走りの基本動作を学ばせながら、より高いレベルで意志の疎通ができるように促しています。牝馬にしては飼葉もしっかり食べていますし、脚元や体質面での不安はまったくありません。中間に皮膚病を発症したことから、毛を刈っていますが、順調に回復しています。現在は22〜25秒ペースのキャンターで乗っており、徐々にペースアップを図る予定です。来年の2月ぐらいまでは周回コースで基礎体力の構築に努めてから、坂路調教をスタートさせたいと考えています。能力は感じる馬ですから、一歩ずつ前進していきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
管理予定の杉山調教師は先日のJBCクラシックをケイティブレイブで制覇。評価を高めるトレーナーの手腕も大きな魅力と言えるでしょう。
2018/10/26
坂東牧場で育成中。現在は周回ダートコースでの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「先月の下旬に移動してきました。元からキリっとした性格ということもあるでしょうし、生産牧場では厩舎と放牧地の行き来が主ですので仕方ないのですが、初期馴致は苦労しましたね。それでも人と接する機会も多くなり、だいぶ慣れてくれています。普通に跨ってキャンターをできるようになりましたが、これからは騎乗者とのコミュニケーションをよりスムーズに行えるようにしていきたいですね。覚えるべきことが多く、馬も大変だったと思いますが、辛抱してくれています。能力は十分に感じますし、大事に育成していきたいです」とコメント。杉山調教師は「先日、見させていただいたのですが、お世辞抜きに良い馬です。力強い歩きを見せていて、能力を感じますし、走らせないといけませんね。お姉さんも先日、東京で勝ちましたし、とても楽しみです」とコメントしていました。先週は全姉クーリュが東京競馬で快勝。4戦連続の2着を含め、堅実な走りを見せており、さらなる飛躍が期待されています。資質はその姉以上との声も聞かれるだけに、期待値はさらに高くなってきました。現在の馬体重は432kgです。
page top
page top