Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ベイビーイッツユーの2017   [募集馬 / ファンタストクラブ]
2019/02/15
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、屋内ダートコース並びに坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「定期的に坂路でハロン17秒くらいまで終いを伸ばしています。メリハリを付けたメニューを組み、疲れを残さないように配慮していますが、動きは軽快ですよ。屋内トラックでの乗り込み量も増やし、キャンター2400mほどを課していますので、パワーやスタミナも着実に強化されています。過剰に力んだりせず、操縦性の向上も明らかですね。秋のスーパー未勝利が廃止されましたし、例年より場内全体で調教の進度を早めているのですが、この仔は難なく対応できています。すべての面で他の2歳をリードしていますよ」とコメントしていました。
育成は順調そのもので、当初の見込みよりも早めの成長曲線を描いています。今後は早期始動も視野に入れたいと思わせる充実ぶりです。
2019/01/31
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、屋内ダートコース並びに坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでハロン22秒くらいのキャンターをこなすとともに、週に2日は坂路に入れ、ハロン17秒から15秒までラストを伸ばしています。疲れを翌日に残すことなく、活力にあふれていますよ。体質がしっかりしているうえ、脚元に気を遣うこともなく、順調にペースアップできています。操縦性も高めていますし、現時点で問題点は見当たりません。そろそろ広いウッドチップコースへも入れ、本格的なトレーニングを始めたいと思っています。豊かな将来性は疑いようがなく、この調子でスケールアップしてほしいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は470kgです。
父系、母系の良さが融合し、乗り込みとともに評価は上昇中。クラブ馬が多くお世話になっている伊藤大士調教師もさらに自信を深めていました。
2019/01/15
ファンタストクラブで育成中。引き続き角馬場、屋内ダートコース並びに坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末の目標は、屋内の坂路コースを使って15-15までスピードアップすることでしたが、鞍上の意のままに動け、無理なく消化できました。やはり身体能力は高いですね。そろそろ疲れが出るタイミングですし、年初は3日間、楽をさせました。それでも、反動など感じさせず、ますます手応えが良化しています。屋内ダートコースでのハッキングから始め、再び負荷を強めているところです。順調な成長曲線を描いていますので、今後も段階を踏みながら、大切に育てていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は472kgです。
この中間も調整はスムーズに進行しています。着々と基礎体力が向上し、非凡なスピードやパワーを垣間見せています。
2018/12/27
ファンタストクラブで育成中。この中間も角馬場、屋内ダートコース並びに坂路を併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「角馬場で脚慣らしをした後に屋内ダートでハッキング、週に2回は屋内坂路を17〜20秒ペースで登っています。まだ走り方のお勉強中というところですが、真面目な性格ですし、脚元の不安などもありません。単走、併せ馬と様々なバリエーションで走らせていますが、父のイメージとは異なり、癖のない馬で調整もしやすいですね。ゲートの通過も行っていますが、全く問題ありません。入場時から比べると、全体的に力が付いて良くなってきました。ここまでは順調の一言で、先日来場した伊藤大士先生も良化した姿に喜んでおられましたよ。現時点で心配な材料はないですし、これからもこの調子でステップアップしていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は472kgです。
スピード能力を感じさせ、推進力のある動きを披露しており、期待は高まるばかりです。
2018/11/30
ファンタストクラブで育成中。現在は角馬場、屋内ダートコース並びに坂路を併用しての騎乗運動を行っています。担当スタッフは「特に脚元や健康度で気になるところはなく、夏場からお預けいただいていることもあって馴致もスムーズに進めることができました。現在は15頭前後での集団調教を行っており、馬群の中でも問題なく走れています。坂路にも入れて併せ馬を行っていますが、まだ速歩程度ですし、まだ体力作りの段階ですからね。しっかりとした馬体の持ち主で体の使い方も上手ですし、落ち着いていて利口な性格で扱いやすいのですが、速い調教を課していくにつれてピリッとしてくるかもしれません。幅も十分にありますが、まだまだ幼い体つきですから、送り出す頃には500kgぐらいにはなりそうなイメージを抱いていますし、これからの成長が楽しみですね」とコメント。伊藤大士調教師は「セリ場で必死になって隈なく上場馬をチェックしていましたが、その中でも目に止まった馬ですので、預託してもらえることになって喜んでいます。スピードのある血統ですし、軽い身のこなしなど、随所に良さを感じさせる馬です。これから進めていく中でどういう風に変わってくれるのか期待しています」とコメントしていました。血統から受けるイメージ通りで豊かなスピード能力を存分に感じさせています。シャープな脚捌きと筋力の強さが一際目立っており、ハイレベルな活躍を予感させる1頭です。現在の馬体重は468kgです。
page top
page top