Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
オリエンタルリリーの2018   [募集馬 / 辻牧場]
2019/10/25
辻牧場で育成中。この中間もBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在はBTCのトラックを中心にハロン23秒くらいのペースで2000mほど乗り込むとともに、直線コースも併用し、20秒程度までペースを上げ始めました。前向きにハミを取ってくれ、促さなくてもキビキビと動けるうえ、操縦しやすい優等生であり、ペースアップしてもストレスを感じている様子はありません。健康体を保ち、飼葉もしっかり食べています。コンパクトなサイズながら、だいぶメリハリが付いたシルエットになりましたね。体重が増加傾向にあるのも好ましい点と言えるでしょう。来週からは週2回、坂路でのキャンターも開始する予定です」とコメントしていました。現在の馬体重430kgです。
乗り込みとともに、体型に伸びが出てきており、母系よりも父系の特徴が表れはじめてきた印象を受けます。林調教師も「すごく良くなりましたね。柔軟性も変わりないうえにパワーアップを感じさせます。いまから将来が楽しみでなりません」と本馬の成長に期待を高めている様子でした。
2019/10/01
辻牧場で育成中。現在はBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「様似町軽種馬共同育成センターにて無事に馴致を終え、BTCの直線ウッドコース、屋内トラックなど、様々なコースに慣らしながら、乗り運動を開始しました。多角的に個性や状態を把握すべく、あえて騎乗者を固定していないのですが、誰もが乗りやすさを評価しています。ドゥラメンテ産駒ながら、とても聞き分けが良く、集団でのポジション取りが自由自在に付くうえ、先頭に立っても動揺したりしません。小気味よく四肢を回転させ、優秀な運動神経も垣間見せています」とコメントしていました。現在の馬体重410kgです。現状はコンパクトな体付きながら、全身をしっかり使った柔軟でキビキビした歩様に目が奪われます。ピカピカの毛ヅヤで皮膚の薄さが伝わり、トモにははちきれんばかりの筋肉が備わっており、資質の高さを感じさせるファクターが揃っています。先週も2勝を挙げ、注目度が増している新進気鋭の林調教師の緻密な戦略も、本馬の出世には欠かせない大きな後押しとなるでしょう。
page top
page top