Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
オリエンタルリリーの2018   [募集馬 / 辻牧場]
2020/01/15
辻牧場で育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心に、ダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「いったん15-15まで負荷を強めましたが、少し疲れが感じられましたので、1週間ほどリフレッシュ期間を設けました。先週より屋内トラックで1800mほどの乗り込みから再スタートさせ、既に坂路でのキャンターも織り交ぜています。見込みよりも馬体がふっくらとしなかったものの、すっかり元気を取り戻しましたね。ここまでの調整過程でも非凡なポテンシャルは十分に示していますし、成長途上の現状を踏まえ、緩やかにペースアップしていく方針ながら、ブランクなど感じさせない手応えです。しなやかな乗り心地も変わりません。ますます将来に自信を深めていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重426kgです。
2019/12/26
辻牧場で育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心に、ダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路をメインにしたメニューに切り替え、順調にペースアップしています。ハロン16秒ペースを課しても、楽々と消化できました。現時点でも優れたポテンシャルが伝わってきますね。小柄ながら、イメージ以上に乗り味がしっかりしていて、フォームがぶれたりしません。そのうえ、柔軟性にも富み、四肢の伸びは上々ですよ。とても賢く、スビート調整がスムーズに付くあたりも長所といえるでしょう。周囲に気を取られがちな他の1歳馬たちとは違い、大人びた態度です。ただし、馬体に実が入ってくるのはこれからでしょうね。成長を促すように配慮し、引き続き丁寧に接していきます」とコメントしていました。現在の馬体重424kgです。
馬体重に大きな変動はありませんが、着実な成長を見せています。随所に非凡な素質を感じさせるだけに、未来への期待は高まる一方です。
2019/11/26
辻牧場で育成中。現在はBTCのダートコースを中心に坂路や直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「屋内ダートトラックにて2000mから2400mほどキャンター調整するとともに、週に2回、ウッドチップの坂路にも入れ、ハロン18秒ペースのメニューも消化しています。従順な性格だけに、集団調教はポジションがかかわらずコントロールが利き、先導役を務めても物見をしたりしません。トレーニングの進度としては同期を一歩リードしています。それでいて、素質の高さでこなしている印象があり、これから伸びる余地はたっぷり見込めるでしょう。体型に幼さが残り、まだ馬体の張りにも物足りなさを感じますね。ステップを踏むごとに、どんどん良さが際立ってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重425kgです。
伸びしろがたくさん残されており、今後の成長が大いに期待されます。父譲りの敏捷性の高さや秀逸な身体能力を披露しているだけに、将来性の高さを存分に感じる1頭です。管理予定である林徹調教師は福島記念(G3)を制し、開業2年目にして重傷制覇を成し遂げました。師の手腕にも大きな期待が集まります。
2019/10/25
辻牧場で育成中。この中間もBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現在はBTCのトラックを中心にハロン23秒くらいのペースで2000mほど乗り込むとともに、直線コースも併用し、20秒程度までペースを上げ始めました。前向きにハミを取ってくれ、促さなくてもキビキビと動けるうえ、操縦しやすい優等生であり、ペースアップしてもストレスを感じている様子はありません。健康体を保ち、飼葉もしっかり食べています。コンパクトなサイズながら、だいぶメリハリが付いたシルエットになりましたね。体重が増加傾向にあるのも好ましい点と言えるでしょう。来週からは週2回、坂路でのキャンターも開始する予定です」とコメントしていました。現在の馬体重430kgです。
乗り込みとともに、体型に伸びが出てきており、母系よりも父系の特徴が表れはじめてきた印象を受けます。林調教師も「すごく良くなりましたね。柔軟性も変わりないうえにパワーアップを感じさせます。いまから将来が楽しみでなりません」と本馬の成長に期待を高めている様子でした。
2019/10/01
辻牧場で育成中。現在はBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「様似町軽種馬共同育成センターにて無事に馴致を終え、BTCの直線ウッドコース、屋内トラックなど、様々なコースに慣らしながら、乗り運動を開始しました。多角的に個性や状態を把握すべく、あえて騎乗者を固定していないのですが、誰もが乗りやすさを評価しています。ドゥラメンテ産駒ながら、とても聞き分けが良く、集団でのポジション取りが自由自在に付くうえ、先頭に立っても動揺したりしません。小気味よく四肢を回転させ、優秀な運動神経も垣間見せています」とコメントしていました。現在の馬体重410kgです。現状はコンパクトな体付きながら、全身をしっかり使った柔軟でキビキビした歩様に目が奪われます。ピカピカの毛ヅヤで皮膚の薄さが伝わり、トモにははちきれんばかりの筋肉が備わっており、資質の高さを感じさせるファクターが揃っています。先週も2勝を挙げ、注目度が増している新進気鋭の林調教師の緻密な戦略も、本馬の出世には欠かせない大きな後押しとなるでしょう。
page top
page top