Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
パンデリングの2020   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2022/01/14
ノーザンファーム空港で育成中。引き続きトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「少しずつ使用時間を延ばしながら、この間もトレッドミルでのキャンターを継続しました。左前と左トモもスムーズな歩様を保っていますので、近々、騎乗調教を再開する予定です。溌溂とした雰囲気を維持し、体調面に不安はありません。馬体が緩んだ印象はなく、厳寒期に差しかかっても毛艶が冴えています。しばらくは慎重に段階を踏む方向ながら、スムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は526kgです。
2021/12/27
ノーザンファーム空港で育成中。この中間もトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「段階的にメニューを強化し、トレッドミルでのキャンターを消化しています。左前はすっきりした状態となり、左トモの引き上げにも悪化は認められません。旺盛な食欲は変わらず、体調も良好です。ただし、楽をさせた間に筋肉が落ち、動きに窮屈さが残っていますので、慎重にペースアップしたほうが良いでしょう。もうしばらくは現行のメニューにとどめ、きちんと基礎固めする予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は528kgです。
2021/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「依然として左トモの踏み込みが浅く映り、当初の見込みよりも回復に時間がかかっていますので、獣医師と相談のうえ、股関節にストロイドを注射して治療を行いました。ウォーキングマシンでの運動に加え、トレッドミルにてダクを開始したところです。しばらくは慎重な経過観察に努めますが、年明けあたりには騎乗が再開できるのではないでしょうか。リラックスした精神状態を崩さず、健康面も安定しています」とコメントしていました。現在の馬体重は530kgです。
2021/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「馬房で寝違えたようで、左トモの歩様にぎこちなさが認められましたので、この中間はいったんウォーキングマシンでの管理に切り替え、回復を待っているところです。獣医師の見解でも、治療などの必要はなく、数週間ほどで改善されるだろうとのことでした。この機会に心身のリフレッシュに努め、今後のペースアップに備えたいですね。左ヒザの腫れに関しては、すっかり目立たなくなりました」とコメントしていました。現在の馬体重は516kgです。
2021/11/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「成長促進を図るべく、先週はトレッドミルで軽めに運動させていましたが、飼葉をよく食べ、健康面に不安はありません。左ヒザの腫れは完全に引かずにいるものの、スムーズな歩様のままです。特に治療を施さなくても、時間が経過すれば回復に向かうでしょう。狙い通りにボリュームアップしましたので、再び坂路に入り始めました。相変わらず余裕の手応えで走り切れていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は516kgです。
2021/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「成長途上にある心身に負担をかけすぎないように配慮して、先週はトレッドミルで運動させ、リフレッシュを図りました。ずいぶん馬体に幅が出て、張り艶の良さも目立ちます。左ヒザには軽い腫れが残っているものの、坂路でのキャンターを再開しても、痛みを訴えたりせず、フットワークに違和感はありません。体力的に余裕がたっぷり感じられますので、無理なくペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は516kgです。
ここ数ヶ月での成長は目覚ましく、見た目にも迫力が増してさらに見栄えのするルックスになってきました。
2021/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースでのハッキングを継続しながら坂路入りする日を増やし、ハロン18秒ペースのキャンターを消化しています。適度に余裕を感じるスタイルを維持し、体調に不安はありません。寝起きの際に左ヒザを打撲したようで、軽い腫れが見られるのですが、歩様はスムーズなままです。ただし、徐々に関節液が増えつつありますので、回復に時間がかかるようであれば、治療を施したほうが良いでしょう。獣医師と相談のうえ、適切な対処に努めます」とコメントしていました。現在の馬体重は502kgです。

先月時点の測尺 
体高158.0僉ゞ三182.0僉ヾ桧22.0
2021/09/30
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「8/16にノーザンファームYearlingより当場へ到着しました。引き続き文句なしの健康体を維持しています。性格も素直であり、乗り慣らしはスムーズに進み、短期間でトラックでのキャンターに移行できました。しっかりした馬格を誇り、体力も豊富なだけに、同期に先駆けて坂路入りを開始し、すでにハロン18秒ペースまでスピードを上げています。この先もどんどん進歩を遂げていくことでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は497kgです。
父は産駒の活躍により、評価は一段と高まってきました。札幌2歳ステークス(G3)を圧勝したジオグリフは母の父キングカメハメハ、祖母の父がサンデーサイレンスという共通点があり、本馬にかかる期待も高まるばかりです。
page top
page top