Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
エルパンドールの2020   [入厩馬 / シュウジデイファーム]
2022/01/14
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックで2400mほど丹念に周回を重ねるとともに、週に2日は坂路を2本、消化する日も設けました。まだトモが高く、幼いスタイルだけに、余裕残しのメニューづくりを心がけ、スピード的にはハロン17秒程度を上限にしていますが、ストライドの伸びは上々であり、疲れなど感じられません。ラストまで馬なりで走り切れ、着々と基礎体力が強化されている感触がありますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
2021/12/27
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン17秒ペースを基本としたキャンターを消化中です。順当に前進気勢も高まり、予定より速いラップを刻んでしまうことが増えました。ただし、折り合いを欠いて行きたがっているわけではなく、ラストまで手応えに余裕があり、問題なく修正できる範囲です。体調面も安定していて、オーバーワークの心配はありません。今後も右肩上がりに進歩を遂げていくでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は467kgです。
2021/12/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「屋内坂路やウッドチップの直線コースを併用して、順調にキャンター調整を消化しています。スピード的にはハロン17秒程度に止めていますが、しっかりと中身が詰まってきた印象があり、ラストまで楽な手応えで走り切れるようになりましたね。現状でも力強いフットワークを繰り出しているうえ、ロードカナロア産駒らしく豊富なスピードも兼ね備えた競走馬に育つのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。
2021/11/26
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCでの調整にすっかり馴染み、精神的な落ち着きを保っているのは好印象です。中間に熱発しましたが、すぐに回復しています。ハミ受けが安定し、ずいぶん乗りやすくなりましたね。周回トラックやウッドチップの直線コースでハッキングを消化するとともに、週に2回、坂路に入れ、ハロン17秒程度までラストを伸ばし始めましたが、飼食いが旺盛であり、健康状態に不安はありません。体力の向上は明らかであり、着々と推進力を高めていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は464kgです。
2021/11/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「様々な調教施設を有するBTCに通い始めました。じわじわと体重が増えているように飼食いが良く、健康状態は良好です。前に誘導馬を置いて環境に慣らしながら、じっくりとキャンターを行っている段階ではありますが、若駒らしい元気さにあふれている一方、徐々に集中力が高まり、鞍上の指示を素直に受け入れてくれるようになりました。この調子であれば、調整が軌道に乗るのは早いでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
2021/10/28
シュウジデイファームで育成中。この中間も牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ他馬の動きや周囲の物音に敏感であり、無駄なところでテンションを上げがちではありますが、人に信頼を寄せてくれるようになり、跨っても嫌がる様子は見せません。少しずつ距離を伸ばしながら、牧場内のトラックにてハッキングを行っています。キビキビと四肢を運べているうえ、体の使い方が上手になって、乗り味に安定感が加わりましたね。まもなくBTCの調教場へ移り、キャンターを開始できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
心身ともに幼い面が目立つ現状ですが、学習能力の高さは評価されており、今後の経験や成長により、来週には逞しい姿へ変貌を遂げることでしょう。
2021/10/15
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致の復習を入念に行ってきたところ、跨っても過敏に反応することが少なくなりました。まだ牧場内のトラックで脚慣らしを行っている段階ながら、順調に乗り込み量を増やすことができていますよ。馬房内では落ち着いた態度を崩さず、飼葉をよく食べ、健康状態に不安はありません。今後も気持ちを傷付けないように配慮して、慎重にステップを踏んでいきます」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。

先月時点の測尺 
体高156.0僉ゞ三179.0僉ヾ桧20.0
2021/09/30
シュウジデイファームで育成中。現在は調馬索で運動を行っています。
担当スタッフは「一通りの馴致を終え、乗り進めていける下地は整っています。脚元や健康面にも気になるところは見当たりません。ただし、騎乗すると体を硬くしがちであり、他馬の動きや物音にも敏感な現状だけに、しばらくは慎重なペースアップに努めたほうが良いでしょう。焦らず基礎を復習させながら、入念に手をかけ、コミュニケーションを図るとともに、ロンジングでハミ受けを確認しているところです」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。
一歩一歩の踏み込みが力強く、ダイナミックなフットワークを披露しています。スピード調教でどんな動きを見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。
page top
page top