Main Visual
 レポート
※他の募集馬のレポートを表示します。
ストロボフラッシュの2020   [入厩馬 / 社台ファーム]
2022/01/14
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「暮れには3ハロン48秒くらいのスピードメニューを消化しました。体調に不安はありませんが、当面の目標をクリアできましたので、しばらく軽めの調整にセーブし、リフレッシュを図りました。再度、坂路に入り始め、順調にペースアップできていますよ。健康面は安定して良好であり、ずいぶん張りが良化しました。体重は変わらなくても、右肩上がりに成長を遂げている実感がありますね」とコメントしていました。現在の馬体重は455kgです。
2021/12/27
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「直線コースでのキャンターを週3日に増やしたうえ、2本の登坂も2日、課していますが、きちんと飼葉を平らげ、安定した健康状態をキープしています。前向きにハミを受け、快活な雰囲気は失われていません。子供っぽく映った馬体がひと回りボリュームアップしました。トップラインに伸びも出て、順調な成長がうかがえますね。この調子で乗り進めていけば、身のこなしの緩さも薄れてくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。
2021/12/15
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を増やすとともに、週に2、3回、直線コースでのキャンターを消化中です。うち1日は2本の登坂を課していますが、最後まで手応えに余裕があり、着々と体力が強化されてきました。素軽いフットワークを繰り出しているうえ、サイズ以上のパワーも伝わってきますよ。前向きな気性の持ち主ながら、しっかり抑えが利き、乗り難しさはありません。さらにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
2021/11/26
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「飼葉をよく食べ、快活さを増し、健康状態は上向きです。トモの皮膚病もすっかり治まりました。トラックで周回を重ねるともに、週2回、直線コースへ入れ、うち1日は2本、キャンターを消化しています。まだトモが高く、幼さが前面に出たスタイルながら、順調に筋肉が備わりつつあり、動きに力強さを増しましたね。馬場入り時はうるささを見せますが、走り出せばスムーズにコントロールが利き、精神面の成長も明らかです」とコメントしていました。現在の馬体重は454kgです。
2021/11/15
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「両トモに皮膚炎が見られますので、入念に治療を施していますが、歩様に違和感はなく、調整に支障はありません。トラックでのハッキングに加え、週に3日、坂路にてキャンターを消化しています。サイズの割りに力強く動け、非凡な身体能力を発揮し始めました。多少、気持ちが入りやすい面がありますので、スピードは求めず、丁寧に口向きやハミ受けを整えるように注意しているとはいえ、十分に制御が利く範囲ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は446kgです。
2021/10/28
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「飼葉をよく食べ、活気にあふれ、健康状態は安定して良好です。成長が著しく、ボリューム感が増しました。トレッドミルを併用しながら、順調にトラックで乗り込むとともに、週に2日は坂路へ入れ、ハロン20秒ペースのキャンターを消化中です。前向きな性格であり、騎乗すると気合いが乗りますが、走り出せば集中してくれ、コントロールに難しさはありません」とコメントしていました。現在の馬体重は446kgです。
ここまでは理想的なステップを踏めており、これから馬体の成長とともにグンと良くなりそうな雰囲気を醸し出しています。
2021/10/15
社台ファームで育成中。この中間もトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「多少、敏感な面を見せていましたので、じっくりと乗り進めていますが、集団調教にすっかり慣れ、平静を保って走れるようになりました。トラックにて2000mほどハッキングを消化するとともに、週に2回、坂路入りを継続しています。現状はコンパクトなスタイルながら、飼食いが落ちたりせず、体調面に不安はありません。これからどんどん成長するでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は442kgです。

先月時点の測尺 
体高151.0僉ゞ三175.5僉ヾ桧21.0
2021/09/30
社台ファームで育成中。現在はトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「ピリッとした気性の持ち主ながら、人には信頼を寄せてくれ、学習能力も優秀です。スムーズに馴致の過程を終えました。調教厩舎に移ってからも戸惑った様子は見せません。広いコースに慣らしながらハッキングを行うとともに、週に2回、坂路入りを開始しました。まだトモが高い幼児体型ながら、安定した健康状態を保ち、体力的に余裕を感じます。スムーズにペースアップしていけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は447kgです。
初仔とは思えない佇まいを見せており、遅生まれということも相まって、伸びしろも豊かと言えます。父の代表産駒を目指し、先月のセントライト記念(G2)を制したアサマノイタズラのように、大きな舞台での活躍を期待したい逸材です。
page top
page top