Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
マーキュリーセブン   [入厩馬 / 高橋義忠厩舎]
2019/06/20
栗東トレセンで調整中。ウッドチップコースと坂路中心に乗り込まれています。
そこで6/20にはウッドチップコースにて入厩後4本目となる追い切りを難波騎手を背に併せ馬で消化しています。6ハロン83.9秒、5ハロン67.1秒、3ハロン38.5秒、ラスト1ハロン13.0秒の時計を一杯に追われてマークしています。併せたスターライトジャズ(2歳新馬、一杯)の内を1.0秒遅れています。
高橋義忠調教師は「今週の追い切りはウッドで長めから追い切りました。併走馬の方が仕上がりが進んでいるとはいえ、お終いはもう少し食い下がってほしかったですね。それでも、一歩ずつ前進できているのは確かですし、これから乗り込みを重ねていき、レースを経験していけば変わってくれるだろうと思っています。現時点では中京開催の2週目でのデビューを目標にしており、芝およびダートの1400m戦が組まれていますので、両方空けてもらっているカツマの感触も聞いたうえで、どうすべきかご相談させてください」とコメントしていました。デビュー戦は7/6(土)中京競馬、2歳新馬、芝1400mもしくは同日同場、2歳新馬、ダート1400での出走を予定。鮫島克駿騎手に騎乗依頼しています。
2019/06/13
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。
そこで6/13には坂路で入厩後2本目となる追い切りを鮫島克駿騎手を背に併せ馬で消化しています。4ハロン52.8秒、3ハロン39.1秒、ラスト1ハロン13.4秒の時計を末強めに追われてマークしています。併せたスターライトジャズ(2歳新馬、馬なり)と同入しています。
高橋義忠調教師は「週末から時計を出し始めておりまして、今朝の追い切りが2本目になります。出張により、直に見ることはできていないのですが、まずまずの時計を刻んで終いも踏ん張っていますので、スタッフやカツマ(鮫島克駿騎手)の感触は悪くないようです。ジョッキーは『中京開催で使えると思います』とも話していましたので、このまま在厩で進めていきたいと考えています。具体的な番組はもう少し進めてからご相談させていただきたいのですが、距離は短めが良さそうな印象です。調教にも乗ってくれているカツマとのコンビでデビューを考えさせてください」とコメントしていました。
2019/06/06
栗東トレセンで調整中。坂路を中心とした騎乗運動に加え、ゲート練習を行っています。 そんな中、6/6に1回目のゲート試験を受験し、無事に合格しました。
高橋義忠調教師は「シュウジデイさんでしっかり叩き込まれた馬ですので、ゲート試験を難なくクリアすることができました。想定通りとはいえ、煮詰まらないうちに合格することができたので良かったです。見ている側としてはそこまで感じないのですが、助手の話からすると、まだ体力が付ききっていないように感じるそうです。まずは今週末、来週に追い切ってみてどのぐらい動けるのかを見たうえで、デビューまでの方針をご相談させてください。血統は地味ながら、こういう馬で結果を残すことができれば評価をしていただけると思いますので、精一杯の努力をさせていただきます」とコメントしていました。
2019/06/02
6/1に栗東トレセンに入厩しました。
高橋義忠調教師は「検疫が確保できましたので、昨日の検疫で入厩させていただきました。気性面で苦労することはないと聞いていますし、まずはトレセンの環境に馴染ませながら、ゲート練習を進めていこうと思っております。ライオンさんの最初の預託馬ですので、会員の皆さまに信頼いただけるように取り組む所存です。よろしくお願いいたします」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2019/05/31
宇治田原優駿ステーブルで調整中。引き続き坂路を中心にウッドチップコース、ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まもなく栗東へ移動する予定です。中間も坂路での15-15を順調にこなすとともに、トラックでもキャンター2400mを消化してきました。計画通り、トレセンでの調教に耐えられる基礎体力が備わったと判断しています。未知の部分がたっぷり残された現状ながら、促さなくても、スッと加速でき、動きに関しても及第点と言えるでしょう。ゲート練習も入念に積み、もう枠入りを拒むことはありません。従順な性格だけに、こちらへの移動後も環境の変化をすんなり受け入れてくれましたので、今後の調整もスムーズに進むことと期待しています。会員の皆様と同様、私どももデビューの日をとても楽しみです。活躍をお祈りいたします」とコメント。高橋義忠調教師は「移動後も順調で、私も定期的にチェックしていました。まずはゲート試験だけでも受けさせたいと考え、先週にも入れようと思ったのですが、検疫が取れませんでした。確保でき次第、早ければ週末にも入厩させていただく予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
高橋師のゴーサインも出たことから、間もなく栗東トレセンへ入厩する予定となりました。
2019/05/15
宇治田原優駿ステーブルで育成中。この中間も坂路を中心にウッドチップコース、ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースで2400mほど乗り込んだうえ、坂路で18秒ペースのキャンターを消化しています。週に1度は15-15も消化し始めました。メニューの強化に伴い、飼葉を増量していますが、きちんと完食しています。体重が増加していても、太目感はありません。キビキビと動けていますし、外見のイメージ以上に柔らかく体を使え、ストライドの伸びも上々です。問題なくペースアップできるでしょう。ゲート練習では枠入りを躊躇するのですが、人が曳いて扶助すれば、問題なく従ってくれますよ。ストレスを感じている様子はありません。普段はとても扱いやすく、基本は素直な性格だけに、トレセンへ移動する前には、難なく課題をクリアできると思います。義忠先生からは『必要以上に追い込まないようにために2週間以内にゲート試験をパスできるようにしてほしい』と指示を受けました」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
2019/04/30
宇治田原優駿ステーブルで育成中。現在は坂路を中心にウッドチップコース、ダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックにて2400m程度のキャンターを消化するとともに、坂路でもハロン18秒ペースまでメニューを強化しました。すっかり健康状態が安定し、順調にボリュームアップしています。張りの良さも目立ちますね。こちらの調教環境にもすっかり慣れ、うるささを見せなくなりました。外見のイメージよりも背中の感触が柔らかく、無駄なく体を使えますね。楽な手応えで、スイスイ前進しています。操縦性にも問題は見られません。まずは基礎体力の向上に努めますが、現時点でも確かな素質やセンスの高さを実感しています。今後の成長が楽しみでなりませんよ。段階を踏んでスピード調教も織り交ぜ、脚力に磨きをかけていきたいと思います」とコメント。高橋義忠調教師は「シュウジさんから推奨されただけに、中身はだいぶ整っている印象です。あとワンランク、ステップアップさせてからトレセンへ迎え入れたいと思います。入厩は6月に入ってからかもしれません。血統から地味な印象は拭えませんが、お預かりするのを楽しみにしています」とコメントしていました。現在の馬体重は451kgです。
アドマイヤボス、ラスカルスズカ産駒など、決して良血とは言えない馬で重賞やオープン勝ちを果たしており、師の手腕にも大きな期待が高まります。
2019/04/15
宇治田原優駿ステーブルで育成中。現在は坂路を中心にウッドチップコース、ダートコースも併用して軽めの乗り込みを消化しています。
担当スタッフは「初めての長距離輸送を経て、体重が10kgくらい減って到着しましたが、熱発などもなく、体調は良好です。飼葉もよく食べていますので、これからボリュームアップしてくれるでしょう。ウォーキングマシンでの運動から始め、トラックや坂路に入れて軽めのおキャンターまで進めているところです。環境の変化に戸惑い、ちょっとテンションが高いのですが、慣れるにつれて落ち着いてくると思いますよ。走り出せば、反抗的な態度など見せませんし、力んで行きたがるほどではありません。現時点でも素軽いフットワークに好印象を抱いていますし、確かな素質が伝わってきますね。心身のバランスを整えたうえで、徐々にペースアップしていくことになりそうです」とコメントしていました。現在の馬体重は435kgです。
2019/04/09
4/8に宇治田原優駿ステーブルに移動しました。
高橋義忠調教師は「北海道でも何度かチェックしておりましたし、仕上がりが早いという印象は持っていました。早めに動かせそうな馬をピックアップして宇治に運んでおきたいと考えていましたが、シュウジデイさんからの推奨もありましたので、このタイミングで移動させていただいてます。様子を見ながら乗り込んでいき、態勢が整えば入厩させたいと考えていますが、現状からすると来月ぐらいの入厩になりそうです。確かな成長を感じますし、期待しております」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2019/03/30
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「坂路での15-15を織り交ぜながら、しっかりと乗り込んでいます。今週はラストでハロン14秒を切るくらいまで伸ばしてみましたが、無理なく加速できました。手先まで力がこもり、リズミカルなフットワークを繰り出せますし、背中の使い方も上手ですね。いまのところ、とびきりの優等生といえるでしょう。調教態度が真面目ですし、ピタリと折り合いも付きます。ゲート練習もスムーズに消化していますよ。脚元、健康状態とも、気になるところはありません。これから成長する余地をたっぷり見込んでいますが、早期のデビューにも対応できると思います」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
血統的に地味な存在ではありましたが、育成を進めるにつれて、素質馬揃いの同場の中でも頭角を現してきました。夏場のデビューを見据えながらしっかり鍛え込みます。
2019/03/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「日によってメニューに強弱を付けて乗り進めています。定期的に坂路でラスト3ハロンを15-15まで伸ばしていますが、四肢を小気味よく回転させ、キビキビと動けていますね。すっきりしたシルエットとなり、だんだん体に芯が入ってきました。コンパクトにまとまった体型ですが、競走馬らしいバランスに変化しつつあり、実際より大きく見せます。飼葉はよく食べますし、疲れた様子など見せません。幼い仕草が目立たなくなり、集中力も高まっていますし、早めのデビューも視野に入ってくるでしょう。先日、来場した高橋先生も『見るたびに成長しているのが嬉しい』と目を細めていました。現状でこれといった課題は見当たりませんし、この姿を保ちながら、さらに進歩してほしいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
馬体、動きともに着実に良化しており、夏場のデビューも検討したいと思える調整過程です。
2019/02/28
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「ウッドチップの屋内坂路での15-15を織り交ぜながら、トラックや直線コースも活用して順調に乗り進めています。現時点でも完成度が高く、場内の2歳では最も進度が進んだメニューを難なくこなしているうえ、手応えに余裕があり、息遣いも良く、素軽く反応できますね。フサイチセブン産駒らしく、これからダート向きのパワーが顕在化するのかもしれませんが、非凡なスピードを秘めていそうな予感がします。さらなるペースアップも可能な状況ですよ。ゲートで駐立する練習も行っていますが、優秀な学習能力を発揮して、きちんと指示に従っています。このままスケールアップしてくれたら、文句はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は452kgです。
血統的に地味な存在ですが、育成場のサポートもあり、ここにきて頭角を現してきました。今後は早期始動も見据えながら乗り込んでいきます。
2019/02/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「中間も順調にペースアップできています。周回コースでのキャンター2600mに加え、直線コースや坂路での15-15も開始しました。調整の進度は場内でも一番、進んでいるうえ、まだまだ良くなりそうな手応えがあります。2歳にしてはハードな内容といえますが、体力に余裕があり、無理なく消化できていますよ。飼葉をよく食べ、健康体を保ってているのも好印象です。スピードの強弱が巧みに付き、操縦性に関しても、いまのところ気になる点はありません。早期のデビューが可能でしょうし、タフな競走生活を想像しています。血統的に地味だとはいえ、確実性が高く、お買い得な募集価格ですよね。私どもからもお薦めしたい逸材です」とコメントしていました。
数多くの活躍馬を育てあげた責任者からも称賛の声が上がっており、今後の動向から目が離せない存在と言えるでしょう。
2019/01/31
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「順調そのものですね。周回コースを2600mほど走らせたうえ、直線コースや坂路で2本、キャンターを消化するのが通常のメニューです。日によってはハロン16秒までペースを上げています。負荷を強めても疲れは見せません。食欲が旺盛ですし、この時期としては馬体の張りが良く、健康体を保っています。体重増は筋肉が備わってきた証です。脂肪が削がれ、むしろ引き締まったシルエットになってきました。性格もしっかりしていますので、すべての面で他の2歳をリードしています。父産駒の代表格に育ってほしいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
調教の負荷を強めていますが、それにきっちりと応えて鍛錬に励んでいます。ここにきての成長ぶりは頼もしく、さらなる成長が今から楽しみでなりません。
2019/01/15
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「屋内ダートコースでのキャンター2500m程度とともに、坂路でハロン18秒くらいのメニューを消化しています。飼い葉は食べていますし、前向きさもあり、元気いっぱいですよ。馬体の成長を促しながら、基礎体力の向上を図っている段階であっても、明け2歳としては調整の進み具合が早いうえ、反応は上々です。フサイチセブン産駒を手がけるのは初めてですし、将来像は掴みにくいのですが、イメージ以上に奥が深そうですね。この調子で進歩してくれたら、文句はありません」とコメントしていました。現在の馬体重は448kgです。
キャリアを重ねながら強さを増した母の血を受け継ぎ、鍛えるごとにパワーアップしてきました。父の名を高めてほしいと願っています。
2018/12/27
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「順調に乗り進めることができており、脚元や体調面で不安を感じさせることはありません。坂路では1ハロン18秒台までペースアップしています。入場時に比べると、要所に筋肉が備わってきた印象で、体も一回り大きくなりました。行きっぷりも良くなり、ストライドも力強くなってきています。ゲートも広い枠場を通過させていますが、今のところ問題はありません、まだまだ成長してくるでしょうし、地味な血統ですが、将来性の高さを感じますので、期待を持って育成を進めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。
負荷を強めながらも体重が増加してきているように理想的な成長過程を辿っています。
2018/11/26
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの坂路を中心に直線走路や周回コース等を併用しながら調整しています。
担当スタッフは「当初は慎重さが目立ちましたが、気性が悪いということではなく、単に慣れていなかっただけのことで、気性的なものがマイナスに作用している印象は受けません。中間からBTCでの調教をスタートし、今ではスムーズに毎日の調教を行えていますからね。バリエーションに富んだ調整を行っており、色々な施設を活用しながら進めているところです。坂路では20秒台のキャンターで乗っていますが、現状でも動きは上々と言えます。血統的に地味なのは否めませんが、馬体そのものはしっかりしている馬ですし、鍛えるごとに良さが出てくるだろうという印象です。様子を見ながらペースを上げて鍛錬させたいと思います。楽しみな1頭ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
モズアスコット、ドリームキラリなど幾多の活躍馬を育て上げた責任者からの評価も進めるごとに高まってきています。
2018/10/26
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内のロンギ場とウッドチップコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ周囲を気にしたりと敏感な部分は見せていますが、馴致自体は順調に進んでおり、現在は牧場内でダク、ハッキングをしながら口向きなどの最終確認を行っています。お父さんの産駒をお預かりするのは初めてですので、進めるにつれてどういう風に変化してくるのか読めないところはありますが、こちらへ来てから短期間で20kg近く増えましたので、成長力は高そうですね。もう少し精度を高めてからBTCでの乗り込みを開始します」とコメント。高橋義忠調教師は「写真で見るよりも実際に見た方が見栄えのする馬ですね。父の産駒はサンプルが少なく、私もお預かりするのが初めてですので、今後の変化に注目していきたいと思います。シュウジデイさんは信頼のおける育成場で、しっかり鍛えていただけますし、今後の成長を楽しみにしています」とコメントしていました。数々の活躍馬を送り出している厩舎と育成場ですので、本馬の素質を最大限に引き出してくださることでしょう。現在の馬体重は429kgです。
page top
page top