Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
サマーティアラの2017   [募集馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2019/02/15
愛知ステーブル小松分場で調整中。この中間も角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースでのキャンター2400mを消化したうえ、坂路に移り、ハロン20秒程度を1本、順調に消化しています。角馬場でのウォーミングアップ時にうるささを見せていたのは、慣れない環境を警戒していたというより、我の強さが影響してのものでした。今後も繊細な気持ちを傷付けないように配慮していきますが、人との円滑な信頼関係が築けつつあり、もう扱いに苦労はありません。まだ単走のみのメニューだとはいえ、前向きに走れるうえ、折り合いを欠いたりせず、スムーズに加速しています。ゲート練習も素直に消化していますよ。お姉さんがトレセンで苦労しているとお聞きしていますが、この仔はそういった不安は感じさせませんよ。飼葉はしっかり食べていますし、これから成長する余地は大きいでしょうね。小粒でもぴりりと辛い競走馬に育ってくれるでしょう」とコメントしていました。
移動により、環境の変化が良い方向へ作用している印象で、心身の健やかな成長がうかがえます。血統面から、今後も慎重に進めていきますが、現時点では姉のような難しさは見せていません。
2019/01/31
愛知ステーブル小松分場で調整中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用しての騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「脚に触れたり、騎乗する際はちょっと臆病な面を見せるので注意していますが、こちらのコースにもすっかり慣れてきましたし、走り出してしまえば素直です。角馬場で十分に体をほぐしたうえ、トラックや坂路でキャンターをこなしており、ハロン20秒くらいまでメニューを強化しました。小柄ながら、イメージ以上にしっかりしていますし、キビキビと動けていますよ。徐々にふっくらしたラインとなり、健康状態も良好です。今後はプール調教も取り入れ、さらに運動量を増やしていきたいと思います。洗い場に入れても嫌がらなくなりましたので、ゲート練習も並行して行っていく予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は418kgです。
調教を強めながらもしっかり飼い葉も食べており、心身ともに成長している様子がうかがえます。これからどういう進化を遂げるのか、今から興味は尽きません。
2019/01/15
愛知ステーブル小松分場で調整中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「まだ環境の変化が影響し、落ち着きのなさが残っていますが、食欲は十分にあり、減った体も400キロまで戻りました。パドック放牧だけでなく、ウォーキングマシンで運動させています。今週より騎乗をスタートさせ、こちらの調教環境に慣らしつつ、ペースアップを図る予定です。もっと肉付きを良くさせるように配慮して、この仔向きのメニューを組み立てていきます。こちらでは休養中の古馬も一緒に行動しますので、度胸が付いて、幼い精神面にも良い効果が表れるはずですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は400kgです。
繊細さが目立つ現状ながら、気品にあふれたシルエットが自慢です。北海道でも手をかけて基礎固めされましたので、調整はスムーズに進行することでしょう。
2019/01/06
1/5に愛知ステーブル小松分場に移動しました。
担当スタッフは「北海道から初体験となる長距離輸送でしたので、少しでも負担を減らすべく、福島県でワンクッション置いてからこちらへと移動してきました。体重はさすがに減少してしまいましたが、輸送熱もなく、飼葉も食べ始めてくれています。まずは環境に慣らしながら調整していこうと思います」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことから徐々に調整を進めていく予定です。
2018/12/27
高昭牧場で育成中。現在は屋内ダートコースと坂路で乗り込まれています。
担当スタッフは「今月初旬までは屋外の馬場でハロン25秒のキャンターを2000m乗っていましたが、凍結により使用できなくなったため、屋内馬場での乗り込みを基本に、週に1回坂路で乗り込んでいるところです。坂路を乗る日は屋内馬場でハッキングキャンターを長めにじっくり乗った後に坂路でハロン23秒のキャンターを乗っています。敏感で慎重深い一面を覗かせますが、調教中での課題にはなっていませんし、坂路では物見をすることなく走れているのは好印象です。飼葉も食べてくれているのですが、なかなか体重の増加につながりません。フレームからすれば現状でも最低あと10kgは欲しいところです。様々な環境を経験させる意味合いもあり、栗東近郊へ移動すると聞いていますが、大根田先生とも相談し、年が明けてから移すことになりました」とコメント。大根田調教師は「以前お話しした目的に加え、敏感な性格から、違った環境も経験させておきたいことから、石川県の愛知ステーブル小松分場に移動させます。当地はウチのダイアナヘイローもずっと預託しているように信頼できますので、そこで育成を進めることにしました」とコメントしていました。現在の馬体重は405kgです。
俊敏な動きを見せ、軽快なキャンターから素質は感じさせますが、心身ともに幼さが残るため、移動後もじっくり進めていきます。先週の阪神カップ(G2)はG1ホース5頭をはじめ、ハイレベルなメンバー構成となりましたが、並み居る強豪を一蹴し、大根田厩舎のダイアナヘイローが制覇。偉大な先輩に近付けるように鍛錬を重ねていきます。
2018/11/26
高昭牧場で育成中。今月中旬に育成の厩舎へ移し、現在は屋内ダートコースで乗り込まれています。
担当スタッフは「騎乗馴致は無事に終了し、こちらへ移動して乗り込みを行っています。現在は軽めのキャンターで800mを乗って走り方を教え込んでいるところです。お姉さんもそうだったと聞いているのですが、この仔も周囲に敏感で神経質な面がありまして、無理強いしないように一つ一つ納得させながら取り組んでおり、当たりの柔らかい乗り役に乗せています。それでも動きは素軽くて敏捷性の高さを感じさせており、担当は乗り味も良いと話していました。パワーというよりも軽快さが武器になりそうで、父よりも母の父マンハッタンカフェが出ているイメージですね。飼葉も食べてくれて運動量が増えながら体重が増えてくれたのは嬉しい材料でした。今後も焦らずに進めていきます」とコメント。大根田調教師は「先日も見てきましたが、まずまず順調ですし、馬っぷりも良くなっていました。来年以降はスーパー未勝利がなくなることもあり、どの馬も逆算して早めに動かしていく必要があるでしょう。これから北海道は冷え込みが増すこともあり、早ければ来月にも栗東の近辺に移して育成を進めたいとも考えています。デビューが早めにできるどうかは今後の成長や順調度次第ですが、策は講じていきたいです」とコメントしていました。現在の馬体重は405kgです。
来月にも栗東周辺の育成場へ移すプランも検討しています。
2018/10/26
高昭牧場で育成中。現在は騎乗馴致を行っています。
担当スタッフは「先月末から馴致を始める予定だったのですが、その矢先に熱発したことから、スタートするタイミングが遅くなってしまいました。始めてから2週間ほど経過しており、当初は敏感な面を見せて苦労することもありましたが、他の馬と一緒に組んでじっくり進めていることもあり、納得して対応してくれるようになっています。現在は人を乗せた状態で速歩まで進めていますが、もう少し基礎的な部分を高めてから育成の厩舎へ移したうえで調整する予定です」とコメント。大根田調教師は「女の子らしく敏感なところはありそうですが、特別難しいという性格ではなさそうです。動きが軽くて身のこなしが良く、父のイメージとは違って芝が合う印象を抱いています。今後の成長次第ということになりますが、順調に進められるようなら早めに入厩し、始動させたいですね。初めてお預けいただきますが、これからも預けていただけるようにこの馬で結果を出したいと思います」とコメントしていました。敏感な面こそ見せましたが、じっくり進めたことで慣れてくれているようです。全姉アンクレットハートとともに両親の名を広める活躍を期待しています。現在の馬体重は396kgです。
page top
page top