Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ミラグロレディの2017   [募集馬 / No.9ホーストレーニングメソド]
2019/06/14
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間もウッドチップの坂路で順調に15-15を消化できました。ウォーミングアップには全長1600mあるダートの直線コースを利用し、たっぷり時間をかけていますよ。だいぶ気合いが乗るようになりましたが、トラックコースを長めに走らせても、きちんと我慢が利き、反抗的な態度は見せません。着々と反応が上向き、スピードの乗りも早くなっています。しっかり運動を積み、食べたものが実になり、ずいぶん幅が出ましたが、フットワークに硬さはなく、滑らかに背中を使えるようになりましたね。毛艶が良く、健康状態は安定して良好です。心身とも、順調な成長曲線を描いていると言えるでしょう。まだまだ奥が深いはずですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は495kgです。
負荷を高めながら体がボリュームアップし、思い通りに底上げができています。成長力の高さを存分に感じさせており、いまからデビューが待ち遠しい1頭です。
2019/05/31
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を積み重ね、着々と基礎体力が強化されています。背中の使い方が随分と柔軟になりました。右トモの送りもスムーズなままです。飼葉はきちんと平らげていますし、馬体の張りも良く、引き続き健康そのものと言えますよ。ただし、だいぶ気合いが乗るようになりました。前向きにスイスイ動けていますが、まだ牝馬らしい繊細さも目立ち、伸びる余地をたっぷり残している現状だけに、スピードメニューに片寄らないよう、1600mの直線コースや1周1600mある広いトラックにも入れ、リラックスさせながら、スローキャンターも行っていますよ。今後もメリハリを付けたメニューを組み立て、確かな素質を大切に磨いていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は497kgです。
余裕が残るのは確かですが、母の父を彷彿させる姿を披露しています。随所に資質の高さを感じさせるだけに、このままステップしてくれることを祈るばかりです。
2019/05/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン15秒ペースのメニューを織り交ぜ始めました。楽な手応えのまま、すっと加速でき、現状でも非凡なスピードが伝わってきます。トモに過剰な負担をかけないよう、傾斜がない1周1600mのトラックや全長1600mの直線コースへも入れ、たっぷりと乗り込んでいますが、ゆとりがある精神状態ながらも、きちんとハミを受け、リズム良く走れていますよ。適切な蹄の角度を保つべく、装蹄師に依頼して細やかな対処に努めていますので、ぎくしゃくしがちだった右トモの歩様にも悪化は見られません。手先だけで走っている感じが薄れ、無駄なく全身を使えるようになりましたね。この間の進歩は明らかですし、まだまだ奥が深いと見ています」とコメント。森田調教師は「月曜日に見てきましたが、ボリュームアップしましたね。来月ぐらいに本州へ移し、入厩させることも検討します。血統的な派手さはないかもしれませんが、いい買い物でしたね。レジーナファーストとともに将来性の高さを感じさせてくれます」とコメントしていました。
血統からは地味な印象を受けるかもしれませんが、期待通りの成長を見せており、良化ぶりに森田調教師もいい感触を掴んでいる様子でした。
2019/04/30
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「1000mあるウッドチップの坂路を2本、駆け上がるとともに、1600mの直線ダートコースも併用して、順調にキャンターをこなしています。徐々に乗り込む距離を延ばし、ハロン17秒ペースを課しても、堪えた様子は見せません。一時的に右トモの送りがぎこちなく感じられたものの、蹄角度を調整して鉄を打ち直したことで、すっかりスムーズなフォームに戻りました。前向きに手応え良く走れ、さらにペースアップできる状況です。コンスタントな活躍が予感されるうえ、鍛えるごとに進歩してくれるのが心強いですね。外見的にも良化度は大きく、グンと筋肉が張り出してきました。この調子で伸びてくれたら、文句はありませんよ」とコメントしていました。現在の馬体重は489kgです。
負荷を高めながらも馬体に実が詰まってきた印象で、動きにも力強さが出てきました。父の産駒を代表する活躍を期待しています。なお、森田直行調教師と協議を行った結果、短期放牧の際には兵庫県・ヒイラギステーブル淡路本場もしくは石川県・愛知ステーブル小松分場を使用する予定となりました。
2019/04/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「屋内坂路でハロン18秒くらいのキャンターを継続するとともに、全長1600mある直線ダートコースへも入れ、メニューの強化を図りました。まだまだ成長しそうな手応えがあり、デビューの目標など決め付けずに調整を進めていますが、健康状態は引き続き良好です。気温の上昇とともに、毛艶や張りが上向いてきました。長めを乗り込んでも体力に余裕があり、さらにペースアップしていける状況ですよ。前向きさが増し、非凡なスピードが伝わってくるうえ、鞍上の指示に反することなどなく、器用に緩急が付くあたりもセールスポイトでしょう。幅広いカテゴリーに対応できそうな予感がします」とコメントしていました。
多くの伸びしろを残す現状ですが、評価は高値安定しています。血統的に地味な印象は拭えないものの、期待の大きさは他馬にもヒケは取りません。
2019/03/30
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路でのキャンターを継続するとともに、屋外の広いトラックや直線コースも活用して、メニューにバリエーションを付けました。ハロン18秒ペースが基本ですが、手先が軽く、スイスイ動けます。飼葉を食べ、しっかりと運動行っていることで、いい筋肉が備わってきましたよ。前向きにハミを取りながら、きちんとコントロールが利きます。現時点でも、特に課題は見当たりません。さらにペースアップが可能な状況です。この仔をお預かりして、トゥザグローリー産駒には注目しているのですが、最近は活躍が目立ちますね。この調子でスケールアップしてくれたら、父の代表格に育っても不思議はないでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は477kgです。
2月以降はトゥザグローリー産駒が続々と勝ち上がっており、先週の2頭を含め、5頭が勝利をマーク。本馬もボリューム感が増し、期待通りの成長を見せているだけに、来年には同様の活躍をしてくれることでしょう。
2019/03/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコースも併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップの坂路を使って、徐々にペースアップしています。ハロン22秒から20秒くらいのキャンターが基本ですが、前進気勢が高まり、キビキビと動けていますね。安定した健康状態をキープし、飼い食いが落ちることなどありません。まだまだボリュームアップする段階でも、一段と見栄えがするスタイルになりました。イメージ以上の奥深さを感じている一方、順調に基礎体力が向上していますので、この調子ならば早めのデビューにも対応できるのではないでしょうか。冬場は屋内コースで乗り込んできましたが、BTCでは例年より早く、屋外の1600mトラックや、全長1600mと1200mの直線コースなども開場する見込みです。様々な環境でハミ受けなどの操縦性を磨きながら、もっとすばらしい姿に変貌させたいと思っていますよ」とコメントしていました。
募集馬の中で地味な存在に思われるかもしれませんが、現場サイドや森田調教師の評価が高いだけに、注目馬にも劣らない走りを披露してくれることを期待しています。
2019/02/28
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内ダートコースを中心に坂路も併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースでのキャンターをメインに置きながら、ウッドチップの屋内坂路に入る日を増やしています。朝晩の冷え込みが緩和され、だいぶ冬毛が目立たなくなりました。腹目がすっきりし、付くべきところに筋肉が備わり、伸びやかなシルエットに変化しています。すっと行き脚が付くうえ、ラストまで手応えに余裕があり、相変わらず動きもいいてすよ。鞍上の意図を素直に察知でき、自在に緩急が付きます。伸び盛りのタイミングにありますので、しばらくは成長を促すように配慮しながら乗り進めますが、これからのペースアップに無理なく対応できるでしょう。将来に向けて夢がふくらむ一方です」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
マイネルラヴの血を内包するクラブの所属馬ドリームバレンチノ、ドリームドルチェが活躍を見せていますが、今後は本馬がその系譜を継いでくれることを期待しています。
2019/02/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内ダートコースを中心に坂路も併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップの屋内坂路も使い始めました。ただし、厳しい寒波に見舞われ、行き帰りの馬道が凍結して滑りやすくなっていますので、本格的に活用するのは来月あたりからにしたいと思います。引き続きトラックでのキャンターキャンター4800mが基本メニューです。とても健康的ですし、だんだん幼さが抜け、心身ともに着実な成長曲線を描いています。最大のセールスポイントは、無駄のないストライドでしょう。手先まで力がこもり、スピードの乗りが早いですね。現時点でも、確かな才能が伝わってきます」とコメントしていました。
ここまでの育成は至極順調で期待通りの成長を見せています。さらなる進化を目指し、負荷を強めながら鍛え込む予定です。
2019/01/31
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「中間も1周600mのトラックコースをキャンターで8周させるのが基本メニューですが、素軽い走りが目を引きますよ。だんだんフットワークに力強さも加わり、順調な進歩がうかがえます。冬場にしては馬体の張りが良く、とても健康的ですね。前向きでありながら、コントロールが利き、いまのところ気性的な問題もありません。まもなく全長1000mの屋内坂路へも入れ、ペースアップを図ります。脚元に優しいウットチップが敷き詰められ、十分な負荷がかかる傾斜を活用して、しっかりと調整していきます。ただし、伸び盛りのタイミングにありますので、将来につながるよう、細心の注意を払いながら進めたいと思います。これだけの良化ぶりを目の当たりにすると、お買い得な値段で仕入れられたのは幸運だったなと改めて感じますね」とコメントしていました。現在の馬体重は466kgです。
想像通りの進化を遂げており、管理予定の森田調教師の期待もさらに高まっている様子でした。
2019/01/15
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。引き続きBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「年末と同様にトラックコースでキャンター4800mが現行のメニューです。ハロン22秒程度のスピードで走らせていても、堪えた様子など見せません。健康そのものですし、飼い食いも良好です。しっかりと長めを乗り込み、無駄肉が削がれつつあっても、体重は450キロを維持しています。来月から坂路でペースアップしていく予定です。まだ焦るタイミングではありませんので、慎重に進めていきますが、十分な基礎体力は備わっています。前扉が開いたゲー内で停止させる練習も行っていますが、素直にこなしていますので、問題はなさそうです」とコメントしていました。
厳寒期に差しかかっても順調に調整が進み、一段と見栄えのするルックスになってきました。軽い身のこなしが目立ち、現地での評価も高まる一方です。
2018/12/27
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。この中間もBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「今月も600mのダートコースを毎日8周させる調教を行っています。体力も付いてきたようですし、運動後もケロッとした顔をしていますよ。物見をしたりして集中力を欠くことはありますが、行きっぷりも良くなりましたし、鞍上をグイグイ引っ張るような走りを見せており、力強くなりましたね。これからグッと良くなってきそうな感触がありますし、春を迎えるまで無理することなくじっくり進めていきたいですね。来月から坂路入りしたいと考えており、また違った筋肉を使用することになるので、さらなる成長につながっていくはずですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
ここまでの調整は順調そのもので、鍛錬を重ねてきた結果が随所に表れてきました。見た目にもボリュームアップして体に厚みが出ているように、期待通りの成長を遂げています。
2018/11/30
No.9ホーストレーニングメソドで育成中。現在はBTCの屋内ダートコースでの騎乗運動を中心に行っています。
担当スタッフは「他のライオンさんの馬と同じように馴致から騎乗の初期運動まで順調に進めることができました。現在はBTCのダートコースで乗り込んでおり、現在は600mのダートコースを毎日8周乗っています。柔らかみがあって良い動きを見せていますし、スピードがありそうなタイプです。まだ幼さが残りますが、特に扱いづらい性格ではないですし、現状では脚元や健康面で気になるところはありません。セリでこの馬に目を付けていた調教師さんも何人かいたようですし、血統は地味でも魅力的な馬ですよ」とコメント。森田調教師は「地味な存在かもしれませんが、体のつくりや動きが良い馬ですし、馬力もあるタイプですね。幅は十分ですし、これからの伸びしろも大きいでしょうから、まだまだ良くりますよ。うちの厩舎を支えてくれているのはキングヘイロー、ショウナンカンプ、ベーカバド産駒など決して良血とは言えない馬たちですから、今度はこの仔で結果を出したいです。レジーナファーストとともにアピールをして、良血馬も安心して預けてもらえるように頑張ります」とコメントしていました。現在の馬体重は438kgです。
母の父マイネルラヴと言えばドリームバレンチノを想起させ、直仔ではドリームドルチェが現役のオープン馬として奮闘しているように、当クラブと相性の良い種牡馬です。彼らに続く活躍を期待しており、長けたスピード能力を披露してくれることでしょう。
page top
page top