Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ジンジャーパンチの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「中間にリフレッシュ期間を挟みましたが、再びペースを上げ、週に2回、坂路でのキャンターを2本、コンスタントに消化しています。ハロン17秒くらいのラップも刻んでいますが、順調に非力さが薄れ、楽な手応えでこなせるようになりました。長めの軽いターフ向きと見込んでいますが、パワーも兼ね備えてきた印象です。他の日はトラックでの2500mほど乗り込み、コントロールを磨いていますが、口向きやハミ受けにも課題は見当たりません。走りの質としても、他の1歳をリードしていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重480kgです。
ここまでこれといった不安もなく、至極順調に育成が進められています。半兄ポタジェは出遅れをものともせず、初陣を勝利で飾り、半姉エリティエールも新潟で快勝するなど、一族の動きがさらに活発になってきました。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「しっかりした性格だけに、同期に先駆けて騎乗馴致を終えました。順調に周回コースや坂路へ入っています。ハロン19秒ペースのキャンターまでクリアしたところですが、体調面や脚元の不安も見当たりません。現時点でも筋肉質の好馬体が光り、いかにもパワフルなイメージを受けますね。ちょっと気が早いかもしれませんが、来夏のデビューにも対応できるのではないでしょうか。もちろん、この血統だけに、卓越した切れ味も見込んでいますよ」とコメントしていました。現在の馬体重467kgです。先週の中山競馬では半兄のポタジェが新馬戦を制し、初陣を飾りました。内側が有利で前が止まらない馬場状態でしたが、出遅れて外を回らされながら相手をねじ伏せており、着差以上に強い内容だったと言えそうです。将来は兄とともに大きな舞台での活躍を期待したいところです。幾多のスーパーホースを育て上げた矢作調教師も「ダービーを目指さなければならない逸材」と大きな期待を寄せています。
page top
page top