Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ジンジャーパンチの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2020/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「慎重に段階を踏みながらも、順調にペースアップできました。先週より坂路でのキャンターを開始しています。もともと能力の高さに関しては折り紙付きだけに、既にハロン16秒ペースのメニューも難なく消化できました。ますます馬体の張りが上向き、一流馬特有のオーラを放っているように映ります。獣医師の見解でも、過去の経験上からも、骨折した坐骨に関しては完治したとみていて、今後の調整に影響を及ぼすことはないでしょう。この調子ならば、休んだぶんの遅れも、どんどん挽回していけるはすです」とコメントしていました。現在の馬体重497kgです。
懸念された骨折の影響は微塵も感じられず、調整が軌道に乗ってきました。この流れで乗り込んでいければ、始動が遅れることはなさそうです。
2020/03/13
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコースで騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックにて軽めの乗り込みを開始しました。しばらくはレッドミルでのキャンターも併用して、馬場入りは1日置きに止めていましたが、獣医師のチェックでも、坐骨の状態に異変はありません。徐々に距離を延ばし、既に2500mくらいのハッキングまで負荷を強められました。来週より、連日の騎乗調教に切り替える予定です。この先も慎重に手順を踏んでいきますが、とても健康的であり、これまでの過程でも非凡な運動神経を垣間見せていただけに、スムーズにペースアップできるのではないでしょうか」とコメント。矢作調教師は「先日、空港で見てきましたが、馬体は良くなっていますし、骨折の影響はなさそうです。その点の不安はゼロと言ってもいいでしょう。焦ることなく、秋を見据えてじっくり進めてもらいます」とコメントしていました。現在の馬体重490kgです。
2020/02/28
ノーザンファーム空港で育成中。この中間もトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「順調にトレッドミルでのキャンターを消化しています。まだリハビリメニューを進めている段階であっても、スピード、走行量ともマックスといえる負荷をかけることができているうえ、安定した健康状態を保ち、反動などうかがえません。間もなく騎乗を開始することになりそうです。毛艶や張りも素晴らしく、調教が進んでいる馬と遜色がない好スタイルをキープできました。エコー検査で坐骨の状態を探っても、悪化など見られませんので、来週から騎乗を開始したいと思います。我々も破格のスケールを見込む逸材だけに、慎重なペースアップに努めていきますが、調整が軌道に乗るのに苦労することはないでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重496kgです。
順調に回復しており、ブランクを感じさせない雰囲気を醸し出しています。
2020/02/14
ノーザンファーム空港で育成中。現在はトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「ウォーキングマシンでの運動時間を延ばしても、坐骨の状態は安定していて、歩様もスムーズなままです。獣医師と相談のうえ、トレッドミルでのキャンターを開始しました。張りのある馬体をキープしていて、健康状態はすこぶる良好です。もともと運動神経が良く、体力的にも余裕がたっぷりあるだけに、慎重に段階を踏みつつも、走行時間、スピードとも使用の上限まで強めることができました。あと1か月ほどは現行のメニューを継続して、しっかり基礎固めする予定ですが、エコー検査を行って患部に悪化が見られなければ、騎乗調教へと移行できる見込みです」とコメントしていました。現在の馬体重499kgです。
2020/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「直近に行った超音波検査の結果でも、坐骨の骨折箇所は落ち着いた状態を保っています。引き続きウォーキングマシンでの運動を行っていますが、問題なく歩行時間を延ばせました。飼葉はきちんと完食していて、体温が変動したりせず、健康状態は良好です。元気が余っているくらいであっても、ストレスが溜まっている様子もありません。とても聞き分けが良く、扱いは楽ですね。あと1ヶ月ほど経過を観察して、獣医師のチェックも受けたうえ、トレッドミルでのダク、キャンターが開始できる見込みです」とコメントしていました。現在の馬体重499kgです。
順調に回復しており、歩様にも違和感はなく、毛ヅヤもピカピカでした。身体能力の高さは疑いようがなく、今後も大事に育てていきます。
2020/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「トレッドミルからウォーキングマシンへと歩行運動の場を切り替えました。まだ30分くらいの使用に止めていますが、体重を支えるのに負担がかかる脚元の故障ではなく、骨折した坐骨に痛みを訴えることはありませんよ。スムーズな歩様のままであり、普段の生活に不自由さもなく、引き続き良好な心身を維持できました。時間の経過とともに患部が安定しさえすれば、今後の調整や競走生活に影響はないはずです。ただし、馬体深部のトラブルだけに、回復状況の判断が難しいともいえますので、しばらくは慎重に対処していくべきでしょう。医療スタッフと密に連携して、適切なリハビリメニューを組んでいきます」とコメントしていました。現在の馬体重496kgです。
2019/12/26
ノーザンファーム空港で育成中。現在はトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「骨折が認められた坐骨の右側に関しては、まだ痛みが残っていますが、ゆっくりと歩行するのに支障はありません。ウォーキングマシンの使用も可能な状況だとはいえ、自由に動く余地がある枠内で運動させた場合、患部に負担がかかってしまう恐れがありますので、スピードのコントロールが容易なトレッドミルを活用して常歩を開始しました。定期的にエコー検査を実施して、回復状況を見極めたうえ、騎乗再開のタイミングを探っていきますが、厳寒期は無理をさせず、現行のメニューを継続することになるでしょう。将来の飛躍を見据え、きちんと体調管理していきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重492kgです。
思わぬアクシデントに見舞われましたが、競走能力に影響を及ぼすものでないとの見解が示されているだけに、焦らずに回復を待つことになっています。
2019/12/20
ノーザンファーム空港に在厩。現在は舎飼い休養中です。エコー検査を行った結果、坐骨を骨折していることが判明しました。
担当スタッフは「高額な期待馬でこのような事態となり、たいへん申し訳ございません。全治3ヶ月程度とみられており、これまでの症例からすると、完治さえしてしまえば予後は良好で、競走能力に支障が出る箇所ではありません。その点は会員様に明確にお伝えいただきたい事柄です。しかし、中途半端な状態で動かすことだけは避けたいところではあります。歩様は改善傾向にありますし、年明けにはマシン運動を開始できる見込みです。その後は様子を見ながらトレッドミルの運動に移行し、雪解けの頃には騎乗運動を再開できると見込んでおります。早期始動は難しくなってしまいましたが、将来の活躍が期待できるだけに、焦らずに取り組む所存です」とコメントしていました。今後は状態を確認しながら、運動再開のタイミングを探っていく予定です。
2019/12/05
ノーザンファーム空港に在厩。現在は舎飼い休養中です。
担当スタッフは「先日、調教コースへ向かう際に急に立ち上がり、人を乗せたまま転倒してしまいました。その際に右の臀部を傷めたようで、歩様が良くないこともあり、大事を取って休養させています。現時点で大きな負傷はないとみておりますが、リフレッシュも兼ねて年内は休養させる方針です。経過観察し、獣医の診断を仰ぎながら今後を検討したいと思います。これまでの経験上、将来に影響が出るものとは見込んでおりませんが、取り急ぎご報告させていただきました。ご迷惑をおかけしてたいへん申し訳ございません」とコメントしていました。今後は状態を確認しながら、必要に応じてエコー検査を受けることも検討されています。
2019/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「軽いスクミの症状が見られたため、いったん坂路入りを控えた時期もありましたが、短期間で身のこなしに柔らかさが戻りました。メニューに強弱を付け、バイタル面が落ちないように配慮していても、疲れが蓄積している様子はうかがえませんね。現在は週に2回、坂路にてハロン17秒から16秒ペースのキャンターを2本、順調に消化中です。周回コースでの乗り込みに関しても、同期より長めにこなせていて、調整の進行具合ではトップグループに属していますし、動きに関しても同期を凌ぐ存在といえるでしょう。楽々と加速できるうえ、息の戻りも早く、心肺機能が優秀です。このまま伸びてくれたら、文句はありませんよ」とコメントしていました。現在の馬体重473kgです。
育成は至極順調に進められており、連日中身の濃いトレーニングを行っています。資質の高さは間違いないだけに、このまま順調に調整が進むことを願うばかりです。
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「中間にリフレッシュ期間を挟みましたが、再びペースを上げ、週に2回、坂路でのキャンターを2本、コンスタントに消化しています。ハロン17秒くらいのラップも刻んでいますが、順調に非力さが薄れ、楽な手応えでこなせるようになりました。長めの軽いターフ向きと見込んでいますが、パワーも兼ね備えてきた印象です。他の日はトラックでの2500mほど乗り込み、コントロールを磨いていますが、口向きやハミ受けにも課題は見当たりません。走りの質としても、他の1歳をリードしていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重480kgです。
ここまでこれといった不安もなく、至極順調に育成が進められています。半兄ポタジェは出遅れをものともせず、初陣を勝利で飾り、半姉エリティエールも新潟で快勝するなど、一族の動きがさらに活発になってきました。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「しっかりした性格だけに、同期に先駆けて騎乗馴致を終えました。順調に周回コースや坂路へ入っています。ハロン19秒ペースのキャンターまでクリアしたところですが、体調面や脚元の不安も見当たりません。現時点でも筋肉質の好馬体が光り、いかにもパワフルなイメージを受けますね。ちょっと気が早いかもしれませんが、来夏のデビューにも対応できるのではないでしょうか。もちろん、この血統だけに、卓越した切れ味も見込んでいますよ」とコメントしていました。現在の馬体重467kgです。先週の中山競馬では半兄のポタジェが新馬戦を制し、初陣を飾りました。内側が有利で前が止まらない馬場状態でしたが、出遅れて外を回らされながら相手をねじ伏せており、着差以上に強い内容だったと言えそうです。将来は兄とともに大きな舞台での活躍を期待したいところです。幾多のスーパーホースを育て上げた矢作調教師も「ダービーを目指さなければならない逸材」と大きな期待を寄せています。
page top
page top