Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
フラーテイシャスミスの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2020/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にて15-15を再開させても、反応の良さが目を引き、状態は高いレベルで安定しています、体力に余裕があり、精神的にもリラックスしていて、現時点での課題は見当たりません。先日、来場した西村先生も、順調な進歩に満足そうな表情を浮かべていましたよ。すべての面で同期をリードしていて、既に入厩できる態勢が整ってきています。再来週あたりに栗東トレセンへ入厩させ、まずはゲート試験の合格を目指す方向で打ち合わせました。このまま順調にステップアップしてくれたら、期待に応えてくれるのではないかと思っていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重480kgです。
育成が至極順調に進み、入厩に向けて機運が高まってきました。今後の動向から目が離せません。
なお、来週4/8(水)到着分でご出資のお申込みを締め切らせていただきますので、ご検討中の方はお早めのお申込みをお願いいたします。
2020/03/13
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキンクマシンとトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「ハロン15秒を切るペースでも楽々と加速でき、動きに関しても文句なしといった状況です。十分すぎほどの調教進度に達しましたので、さらに成長を促すべく、今週はウォーキングマシンとトレッドミルでの管理に切り替え、リフレッシュに努めました。POG関係の取材を受けた際も、期待の一頭として推薦させていただいていますが、決して個人的な思い入れだけでなく、他のスタッフの意見も集約したものです。客観視しても、トップクラスの逸材と言えるでしょう。しっかり鍛錬するとともに、今後も丁寧な対処に努め、無事に素質開花させたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重482kgです。
2020/02/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン15秒ペースをメニューを継続しています。健康状態は高いレベルで安定していて、気になる点は見当たりません。成長著しいタイミングから完成期に入った印象があり、背の伸びや体重の増加が緩やかになりましたが、ますます毛艶や張りが上向き、素晴らしいルックスに見惚れてしまいます。早期の入厩にも可能な調教進度にあるうえ、コントロール面や反応なども同期を凌ぐレベルにあり、順調そのものと言えるでしょう。全身のバランスが整い、順調に中身も詰まってきましたね。一時的に目立った動きの硬さも和らぎ、伸びやかにフットワークを繰り出しています」とコメントしていました。現在の馬体重481kgです。
西村調教師も「定期的に見に行っていますが、牧場での評価が非常に高く、私のなかでも期待はさらに上がってきています。クラシック戦線を目指したいと思う反面、母系の良さも出てきてダートにも対応できそうな雰囲気になってきました。焦らずにいくべきですが、可能なら早めに始動させることも検討しましょう。とても楽しみです」とコメントしていました。
2020/02/14
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「多数の2歳が在厩している場内でも、卓越した動きを評価されている一頭です。調整進度としてもトップレベルにあり、週に2本、坂路での15-15を消化していても、堪えた様子などうかがえません。上背の伸びに関しては収まりつつあるといはいえ、どんどん幅が出て、この間の成長も著しいですね。一段と見栄えがするルックスになりました。それでいて、上品な雰囲気は失われていません。もともとの機敏さや柔軟性を維持していて、シャープに四肢を伸ばせています。この調子ならば、夏場のデビューにも難なく対応できるでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重485kgです。
2020/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「無理なくペースアップできています。週に2本、ハロン15秒ペースのスピードメニューを開始しました。食欲が落ちたりせず、健康そのものと言えるでしょう。とても賢く、操縦性に関しても着々と高めています。成長する過程で見られる身のこなしの硬さに関しても、すっかり気にならなくなりました。馬格にふさわしい筋肉が備わり、バランスも整い、滑らかなフットワークを繰り出していますよ。調教進度、動きの質とも、同期を一歩リードしているうえ、まだまだ良くなる手応えも十分にあり、確かなポテンシャルに自信を深める一方です」とコメントしていました。現在の馬体重473kgです。
育成責任者からは「日々進化を感じます。さすがは血統馬です。乗り出し当初のひ弱さはすっかり消えましたし、ずいぶんと逞しさが増しました。12月末から我慢して少しセーブしたのですが、それが大正解で、いまの充実につながっています。抑えきれない勢いで登坂していますよ。この調子なら早期始動も可能でしょうし、将来が非常に楽しみです」との声も挙がっており、評価が上昇しています。
2020/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「健康状態は変わりなく良好です。成長力には目を見張るものがあり、一段と馬体が充実してきましたね。着々と基礎体力が向上し、週に2回、坂路でハロン16秒ペースまで速度を上げても、無理なく消化できています。動きに力強さが加わってきた一方、むしろ身のこなしが柔軟になり、ディープインパクト産駒らしさは失われていません。大人っぽいシルエットに変化しつつあり、バランスに関しても均整が整い、サイズアップした分、四肢を大きく伸ばせるようになりましたよ。さらにメニューを強化できる状況にあり、ますます将来が楽しみになってきました」とコメントしていました。現在の馬体重470kgです。
2019/12/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン16秒ペースのメニューを順調に消化しています。ちょうど成長期に差しかかり、ずいぶん上背が伸びました。それに伴い、少し走りのバランスが変化して、前肢の出が硬くなり、動きが窮屈になったように映りますが、過去の経験上でも、これは一時的な現象です。体の完成とともに解消するでしょう。馬もスムーズに走れないもどかしを感じているようで、若干、うるささを見せていますが、これまでの過程でも非凡な才能は十分に示していました。ここで焦る必要はありません。しばらくはオーバーワークを避け、現行の調整内容に止めたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重454kgです。
管理予定の西村調教師は、今年これまで41勝を挙げる活躍を見せて大躍進を遂げました。本馬には厩舎の大黒柱となるような活躍を期待しています。
2019/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「坂路調教の回数を増やし、週に3日はハロン16秒ペースで2本消化するのが現在のメニューです。無理をしなくても、最も調整が進んでいる組へグループ入りを果たしました。この時期の1歳としては、かなりハードな内容といえますが、飼葉をきちんと平らげ、健康状態は安定しています。順調に背が伸び、肉付きも良化して、華奢なイメージが薄れてきました。しなやかな身のこなしは変わりません。反応に関しても、ぐんぐん上向いていますよ。奥の深さを感じているだけに、今後も大切に育てていく方針ながら、来夏のデビューも視野に入ってくるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重454kgです。
調教内容を強化しながら馬体重が増加し、見た目にもボリュームアップしており、ここまでの過程は理想通りと言えるでしょう。期待馬が期待通りの進化を遂げています。
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「週に2回、坂路を2本、順調にキャンター調整しています。ハロン18秒ペースまでメニューを強化しても、無理なくこなせました。まだスマートなラインだけに、成長を促すべく、トラックでじっくりと2500mほど乗り込む日も設けていますが、健康状態は安定していて、イメージ以上に芯がしっかりしています。問題なくペースアップできるでしょう。ディープインパクト産駒らしい柔らかさに加え、素直な性格もセールスポイントです。操作性にも課題は見当たりません。芝の中長距離向きの印象ながら、早めのデビューにも対応できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重446kgです。
育成を進めながらも体重増が示すように馬体にボリュームが出てきており、早くも非凡な成長力を垣間見せています。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現時点では細身なスタイルながら、ディープインパクト産駒らしい上品さが自慢です。性格的には手がかからない優等生であり、物覚えが早く、馴致は短期間でクリアしました。現在は周回コースや坂路でのスローキャンターを開始したところです。成長を促しながら、大切に育てたいと思っていますが、手脚が軽く、運動神経の良さが伝わってきますね。背中を柔軟に使え、走るフォームにも伸びがあり、ターフで抜群の切れ味を発揮しそうな個性と言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。半兄ベストウォーリアはダート界で頂点を極めましたが、父が変わったことで大きくタイプの異なる産駒の誕生となりました。父のように俊敏な動きと瞬発力を武器に活躍してくれることでしょう。今年に入ってから破竹の勢いで勝利を積み重ねている西村調教師は「ディープ産駒らしい俊敏さやキレを感じさせます。兄のイメージよりもディープらしさが出ている馬で、クラシック戦線を目指していけるように、いまから牧場と連携しながら最良のタイミングでデビューできるように努めます」と大きな期待を寄せていました。
page top
page top