Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
フラーテイシャスミスの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「週に2回、坂路を2本、順調にキャンター調整しています。ハロン18秒ペースまでメニューを強化しても、無理なくこなせました。まだスマートなラインだけに、成長を促すべく、トラックでじっくりと2500mほど乗り込む日も設けていますが、健康状態は安定していて、イメージ以上に芯がしっかりしています。問題なくペースアップできるでしょう。ディープインパクト産駒らしい柔らかさに加え、素直な性格もセールスポイントです。操作性にも課題は見当たりません。芝の中長距離向きの印象ながら、早めのデビューにも対応できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重446kgです。
育成を進めながらも体重増が示すように馬体にボリュームが出てきており、早くも非凡な成長力を垣間見せています。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「現時点では細身なスタイルながら、ディープインパクト産駒らしい上品さが自慢です。性格的には手がかからない優等生であり、物覚えが早く、馴致は短期間でクリアしました。現在は周回コースや坂路でのスローキャンターを開始したところです。成長を促しながら、大切に育てたいと思っていますが、手脚が軽く、運動神経の良さが伝わってきますね。背中を柔軟に使え、走るフォームにも伸びがあり、ターフで抜群の切れ味を発揮しそうな個性と言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。半兄ベストウォーリアはダート界で頂点を極めましたが、父が変わったことで大きくタイプの異なる産駒の誕生となりました。父のように俊敏な動きと瞬発力を武器に活躍してくれることでしょう。今年に入ってから破竹の勢いで勝利を積み重ねている西村調教師は「ディープ産駒らしい俊敏さやキレを感じさせます。兄のイメージよりもディープらしさが出ている馬で、クラシック戦線を目指していけるように、いまから牧場と連携しながら最良のタイミングでデビューできるように努めます」と大きな期待を寄せていました。
page top
page top