Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
メジロルルドの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2020/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「疲れというよりも成長期によくある現象と捉えていますが、身のこなしに硬さが目立ち、ややテンションも高くなってきましたので、リフレッシュ期間を設けることにしました。ただし、健康面の不安はなく、旺盛な飼食いは変わりません。トレッドミルで入念にキャンターを行い、適切なコンディション管理に努めています。この間にも上背が伸び、筋肉の張りも失われていませんよ。きめ細やかな状態把握に気を配り、この先も成長度合に応じたメニューを組み立てていきますが、ここまでの過程でも確かな能力は十分に示しています。今後も調整はスムーズに進行するでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重487kgです。
2019/12/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「週に2回、坂路でハロン16秒ペースの調整を行っています。前肢の出に若干の硬さが感じられるものの、どの馬にも成長著しいタイミングに見られる傾向であり、いずれ馬体のバランスも整い、解消に向かうでしょう。引き続き健康そのものであり、体力的に堪えた様子は見受けられません。気合いが乗るようになり、多少、行きたがる面も見せ始めましたが、十分に許容範囲です。トモの緩さが緩和して、一段とフットワークが軽くなりましたね。非凡なポテンシャルに自信を深める一方です。無理をしなくても、早期のデビューを目指せるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重481kgです。
先週の有馬記念は矢作厩舎のリスグラシューが圧勝。同馬は惜しまれつつターフに別れを告げましたが、本馬には偉大な先輩の穴を埋められるような活躍を期待したいところです。
2019/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「この間に体重が480キロ台まで増えました。中身の濃いメニューを継続して、このところ減少傾向にあるとはいえ、無駄肉が削がれたぶんであり、十分なボリュームを維持しています。現在は坂路にて週に2日、ハロン18秒から17秒ペースのキャンターを2本こなしていますが、旺盛な食欲は変わらず、精神的にも活気にあふれ、調子落ちは感じられません。周回コースでの乗り込みに関しても、しっかりと消化できていますよ。トモに緩さが残っていても、動きの質に関しては高く評価できるでしょう。背中をゴムまりのように収縮でき、現時点でも乗り味の良さが光りますね」とコメントしていました。現在の馬体重476kgです。
調教を進めるにつれて早くも頭角を現してきた印象で、競馬場でどんなパフォーマンスを披露してくれるのか、いまから楽しみでなりません。
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「いったんリフレッシュ期間を設けたうえ、再び坂路でのキャンターを開始し、週に3回、ハロン18秒ペースのキャンターを1本、順調に消化しています。トラックでの乗り込みも継続して、口向きやハミ受けを整えるように配慮していますが、真面目な姿勢を崩しません。普段はのんびりと落ち着き、騎乗すればピリッと表情が引き締まって、オン・オフの切り替えが上手ですね。この間にも順調な成長がうかがえ、背腰の緩さも薄れてきました。きれいなフットワークで走れ、柔軟性にも富んだ個性だけに、ある程度は長めの距離にも対応できそうな印象です」とコメントしていました。現在の馬体重478kgです。
父と母の父の組み合わせでは天皇賞に出走予定のアーモンドアイや明日のスワンSに出走予定のダイアトニックなどの活躍馬がおり、今後も注目を集める配合と言えそうです。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「しっかりした好馬体の持ち主です。性格的にも穏やかなだけに、トラブルなく馴致を終えました。順調に周回コースや坂路に入り、ハロン20秒ペースでの乗り込みを消化しています。理解力が高く、ハミ受けにも安定感があり、現時点では欠点が見当たりません。体の使い方が伸びやかだけに、マイル以上もこなせそうなイメージです。これからペースアップしていけば、どんどんスピードも際立ってくるでしょうね。早い時期から活躍を期待しています」とコメントしていました。現在の馬体重472kgです。ドリームキラリ、ユニコーンライオンなど、当クラブの代表的な馬たちを発掘してきた矢作調教師は「祖母ドーベルの仔はホウオウドリームとレーヌドブリエをやらせていただきましたので、その点はアドヴァンテージになると思いますし、クラシック戦線での活躍を期待しています」と話されており、早くも豊かな将来像を思い描いている様子でした。
page top
page top