Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
アーマインの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2020/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキンクマシンとトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を再開させました。無駄肉が付かない体質であり、スマートなスタイルは変わりませんが、以前のひ弱さが払拭され、健康状態は安定して良好です。急上昇した印象は受けないものの、リフレッシュ期間を設けたことで快活さを増しましたね。乗り込むごとに身のこなしの緩さが解消して、ラストまで手応えに余裕があります。長距離適性が高いと見ているだけに、ゆったりと加速していくとはいえ、前向きにハミを受けてくれるようになりましたよ。大竹先生の意向通り、夏前の移動に対応できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重462kgです。
大竹調教師は「少々時間がかかるタイプと見込んでいましたが、ここまでの順調度、成長度は想定以上ですね。夏の福島、新潟開催あたりでのデビューに向けて進めていきましょうと牧場側と話していますし、期待しています」とコメントしており、夏場のデビューが視野に入ってきました。
2020/03/13
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキンクマシンとトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「しっかり乗り込んでも体調は安定しています。スピードタイプではないだけに、瞬時の加速が不得手な印象を受けますが、トモの緩さが改善され、動きに力強さを増しました。気持ちの部分でも落ち着きを保ち、とても調整がしやすい個性と言えるでしょう。既に早めのデビューに対応できる手応えを得ています。ただし、まだまだ伸びる余地を残したタイミングにありますので、今週はウォーキングマシンとトレッドミルでの運動に切り替え、英気を養うことにしました。今後もメニューに強弱を付け、フレッシュな態勢づくりに努めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重465kgです。
2020/02/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「太らない体質であり、シャープなラインは変わらないものの、健康状態に変動が少ないのが心強いですね。トモの緩さが順調に薄れつつあり、動きに関してもムラがありません。コンスタントに坂路での15-15を重ねています。まだ焦るタイミングではなく、今後も成長を促すように配慮して乗り進めていきますが、調教進度としては夏前の入厩にも十分に対応できそうな状況と言えるでしょう。先日、来場した大竹先生も、着実な進歩に目を細めていましたよ。福島、新潟の芝1800m、2000mあたりでのデビューをイメージしているとのことです」とコメントしていました。現在の馬体重465kgです。
晩成傾向が強いとみられていましたが、乗り込むにつれてそういったイメージが一新されてきました。大竹調教師取の評価も上昇しており、期待度は増す一方です。
2020/02/14
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「定期的に坂路での15-15を消化します。もっと幅がほしいスタイルながら、イメージ以上にタフであり、疲れなど見せません。体調だけでなく、精神状態も安定していて、調整がしやすいですよ。スピードタイプではないだけに、派手なイメージを受けないのですが、全身を伸びやかに使えるうえ、徐々にトモの緩さが薄れつつあり、推進力を高めてきました。ラストまで余裕の手応えで走り切れています。晩成と見ていましたが、現在でも調教が進んでいるグループに属していますので、予想よりも早めのデビューが視野に入ってくるかもしれませんね」とコメントしていました。現在の馬体重463kgです。
2020/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「コンスタントに坂路での15-15を重ねています。もっと馬体に厚みが出てほしい印象があり、この血統特有の緩さを残しながらも、体力的に堪えた様子はなど見せません。長めの距離での出世を見込んでいるタイプだけに、ゆったりと加速していくのですが、体感よりも速いラップを刻めますね。状態次第で、そろそろリフレッシュ期間を設けたいと考えていたのですが、いまのところ体調の変動に気を遣う必要がないあたりもセールスポイントといえるでしょう。丁寧にトレーニングを継続していけば、とこかで見違えるように変貌を遂げそうな予感がしますよ」とコメントしていました。現在の馬体重468kgです。
本領発揮は3歳以降の印象を受けますが、当初の見込みよりも順調にペースアップすることができています。先週のAJCC(G2)をブラストワンピースで制した大竹厩舎。本馬も厩舎を代表する存在になってほしいと期待を寄せています。
2020/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での16秒ペースを楽々と消化できるようになりましたので、2本目にラストを15秒まで伸ばす日も設けています。長めの条件が向く晩成タイプと見ていましたが、調教進度としてもは十分にこなせているうえ、堪えた様子などうかがえません。もっと幅が出てほしいところではありますが、付くべきところに筋肉が備わりつつあり、トモの弱さも薄れてきました。フォームに安定感も増し、首を上手に使えるようになり、ストライドの伸びも上々ですよ。気持ちの部分でも、ずいぶん前向きさが加わってきました。この様子でしたらイメージよりも早めのデビューに対応できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重470kgです。
2019/12/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にペースを上げ、週に2回、坂路にてハロン16秒ペースのメニューを2本、順調に消化しています。疲れを翌日に持ち越すこともなく、健康そのものと言えるでしょう。胴が長めでゆったりしたスタイルながら、だいぶ幅が出て、見栄えがするシルエットに変化してきましたね。まだトモの緩さが目立つ現状だけに、ハミに頼って前のめりな体勢で走りがちだとはいえ、イメージ以上に加速はスムーズです。うるささを見せたり、他馬に気を取られたりすることが少なくなり、精神的にも幼さが薄れてきました。父ハーツクライ譲りの成長力が見込め、鍛えて味がある個性ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重474kgです。
朝日杯フューチュリティSをサリオス、有馬記念はリスグラシューが制し、父の産駒が大活躍。本馬にも父産駒を代表する存在になってほしいと期待をかけています。
2019/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「周回コースでの乗り込み量を強化するとともに、週に2日は坂路入りして、ハロン17秒ペースのキャンターを2本、こなしています。メニューを強化しても、飼葉をよく食べ、健康状態に不安はありません。この間にも体高が伸びていますし、順調に筋肉量が増えだいぶ大人っぽい雰囲気になりました。体力の向上も明らかですよ。もともとの特徴として身のこなしに甘さが残るとはいえ、フットワークの伸びも良化しました。中長距離向きと見ているだけに、あせらずにステップを踏ませたいと思っていますが、この調子ならば予想よりも早めのデビューに対応できるかもしれませんね」とコメントしていました。現在の馬体重468kgです。
現2歳世代では、マイラプソディ(京都2歳S-G3)、サリオス(サウジアラビアロイヤルC-G3)、ワーケア(アイビーS-L)、シンプルゲーム(黄菊賞)といったノーザンファーム生産のハーツクライ産駒がクラシック戦線を賑わせています。次世代は本馬が中心的な存在に立って活躍してくれることでしょう。
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「血統的な特徴として、トモに緩さを抱えた現状ながら、順調にメニューを強化できました。週に2回、坂路を2本、ハロン18秒ペースでのキャンター調整を消化しています。トラックでも長めに乗り込んでいますが、疲れは見せず、この間も快活な雰囲気を保てました。晩成タイプに思えますし、長めのターフでの大成をイメージしていますので、成長を妨げないように配慮しています。まずは丁寧に基礎固めを進めますが、性格的にしっかりしているうえ、学習能力も高く、乗り難しさはありません。奥は深いとみています。鍛えるごとに良さが際立ってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重456kgです。
現状は緩さが先行し、いかにも父の産駒といった印象ですが、資質の高さを存分に感じるだけに、今後の鍛錬でどう変化してくるのか期待は高まります。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「一通りの馴致を終え、周回コースや坂路での乗り込みを開始しました。骨格の割りに体が薄いとはいえ、飼葉はしっかり食べています。奥が深いハーツクライの産駒だけに、豊富な成長力が見込めるでしょう。長めの距離もこなせそうな伸びやかなスタイルです。まだハミに頼り、前傾姿勢で走っていますが、心配はいらないでしょう。父だけでなく、この母系の特徴として、乗り進めるごとにトモに筋肉が備わり、フォームも改善される傾向にありますからね」とコメントしていました。現在の馬体重452kgです。凱旋門賞への参戦が控えるなど、さらに注目度が増す大竹厩舎。本馬も大きな舞台で躍動する姿が目に浮かび、伸びやかなフォームでクッション性に富んだ動きに目を奪われます。母の最高傑作と呼ばれるような活躍を期待したいところです。
page top
page top