Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
アーマインの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2020/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での16秒ペースを楽々と消化できるようになりましたので、2本目にラストを15秒まで伸ばす日も設けています。長めの条件が向く晩成タイプと見ていましたが、調教進度としてもは十分にこなせているうえ、堪えた様子などうかがえません。もっと幅が出てほしいところではありますが、付くべきところに筋肉が備わりつつあり、トモの弱さも薄れてきました。フォームに安定感も増し、首を上手に使えるようになり、ストライドの伸びも上々ですよ。気持ちの部分でも、ずいぶん前向きさが加わってきました。この様子でしたらイメージよりも早めのデビューに対応できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重470kgです。
2019/12/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にペースを上げ、週に2回、坂路にてハロン16秒ペースのメニューを2本、順調に消化しています。疲れを翌日に持ち越すこともなく、健康そのものと言えるでしょう。胴が長めでゆったりしたスタイルながら、だいぶ幅が出て、見栄えがするシルエットに変化してきましたね。まだトモの緩さが目立つ現状だけに、ハミに頼って前のめりな体勢で走りがちだとはいえ、イメージ以上に加速はスムーズです。うるささを見せたり、他馬に気を取られたりすることが少なくなり、精神的にも幼さが薄れてきました。父ハーツクライ譲りの成長力が見込め、鍛えて味がある個性ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重474kgです。
朝日杯フューチュリティSをサリオス、有馬記念はリスグラシューが制し、父の産駒が大活躍。本馬にも父産駒を代表する存在になってほしいと期待をかけています。
2019/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「周回コースでの乗り込み量を強化するとともに、週に2日は坂路入りして、ハロン17秒ペースのキャンターを2本、こなしています。メニューを強化しても、飼葉をよく食べ、健康状態に不安はありません。この間にも体高が伸びていますし、順調に筋肉量が増えだいぶ大人っぽい雰囲気になりました。体力の向上も明らかですよ。もともとの特徴として身のこなしに甘さが残るとはいえ、フットワークの伸びも良化しました。中長距離向きと見ているだけに、あせらずにステップを踏ませたいと思っていますが、この調子ならば予想よりも早めのデビューに対応できるかもしれませんね」とコメントしていました。現在の馬体重468kgです。
現2歳世代では、マイラプソディ(京都2歳S-G3)、サリオス(サウジアラビアロイヤルC-G3)、ワーケア(アイビーS-L)、シンプルゲーム(黄菊賞)といったノーザンファーム生産のハーツクライ産駒がクラシック戦線を賑わせています。次世代は本馬が中心的な存在に立って活躍してくれることでしょう。
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「血統的な特徴として、トモに緩さを抱えた現状ながら、順調にメニューを強化できました。週に2回、坂路を2本、ハロン18秒ペースでのキャンター調整を消化しています。トラックでも長めに乗り込んでいますが、疲れは見せず、この間も快活な雰囲気を保てました。晩成タイプに思えますし、長めのターフでの大成をイメージしていますので、成長を妨げないように配慮しています。まずは丁寧に基礎固めを進めますが、性格的にしっかりしているうえ、学習能力も高く、乗り難しさはありません。奥は深いとみています。鍛えるごとに良さが際立ってくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重456kgです。
現状は緩さが先行し、いかにも父の産駒といった印象ですが、資質の高さを存分に感じるだけに、今後の鍛錬でどう変化してくるのか期待は高まります。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「一通りの馴致を終え、周回コースや坂路での乗り込みを開始しました。骨格の割りに体が薄いとはいえ、飼葉はしっかり食べています。奥が深いハーツクライの産駒だけに、豊富な成長力が見込めるでしょう。長めの距離もこなせそうな伸びやかなスタイルです。まだハミに頼り、前傾姿勢で走っていますが、心配はいらないでしょう。父だけでなく、この母系の特徴として、乗り進めるごとにトモに筋肉が備わり、フォームも改善される傾向にありますからね」とコメントしていました。現在の馬体重452kgです。凱旋門賞への参戦が控えるなど、さらに注目度が増す大竹厩舎。本馬も大きな舞台で躍動する姿が目に浮かび、伸びやかなフォームでクッション性に富んだ動きに目を奪われます。母の最高傑作と呼ばれるような活躍を期待したいところです。
page top
page top