Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
リュシオルの2018   [募集馬 / ノーザンファーム空港]
2020/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「しっかりと坂路での15-15を消化してきましたので、いったんペースを落とし、トラック中心の調整に切り替えましたが、体調面に不安はありません。疲れが蓄積してきた様子などうかがえず、元気が余っているくらいです。ウイークポイントだった飛節に関しても、すっきりした状態を維持できました。今後もスムーズに調整していけるでしょう。6月あたりの入厩を目指す方向で、松永先生とは打ち合わせました。ここまでの過程でも優秀な身体能力は十分に示しているだけに、無理なく対応できると思います」とコメントしていました。現在の馬体重483kgです。
松永幹夫調教師は「海外遠征に加え、このご時勢ということもあり、ここ最近は見れていないのですが、順調なことと成長している旨を報告いただいておりまして、さらに期待が高まってきました。無理をさせる必要はありませんが、馬の状態が整い次第、本州へ移したいですね」とコメントしていました。期待は高まるばかりです。
2020/03/13
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を再開させました。しばらく楽をさせたことで、フレッシュな雰囲気となり、行く気にあふれています。馬体の張りが良く、健康状態も上向きました。楽な手応えでも、スムーズに加速していますよ。もう息遣いの荒さは気になりません。咳の症状も見られず、気管支の炎症は完治したと見ています。この先もスムーズにトレーニングを重ねていけるでしょう。初夏くらいにはトレセンか近郊へ送り出すイメージで、長期的な調教プランを立てたうえ、確かな素質を丁寧に磨いていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重485kgです。
2020/02/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「中間に咳き込むことがあり、若干、呼吸の荒さも気になりましたので、内視鏡検査を行ったところ、気管支に軽い炎症が確認されました。場内で何頭か見受けられる症状であり、ウイルスの感染が想像されます。ただし、獣医師の見解や過去の経験上でも、休養させる必要は感じません。坂路でのキャンターを継続しつつ、吸入治療を施して、回復を待っています。飼食いは旺盛なままだけに、ペースダウンしたことにより、体重が増加傾向にありますが、毛艶が落ちたりせず、上品な雰囲気は失われていませんよ。今後の調整にも影響はないでしょう。兄たちの成績が上がっていないことが懸念されますが、逆に言えば不安はその点だけですね」とコメントしていました。現在の馬体重491kgです。
気管支の炎症が判明しましたが、軽度であり、呼吸器の機能性に異常は確認されませんでした。身体能力の高さは評価されているだけに、このまま順調に調整が進むことを願うばかりです。
2020/02/14
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「もともと身体能力が優秀なうえ、体調面も安定して良好なだけに、無理なくメニューを強化できました。ブランクを経ても、楽々と遅れを挽回しつつあり、既に坂路にてハロン15秒ペースまでスピードを上げています。気持ちの部分でも前向きさを増し、機敏さが加わってきましたね。ウイークポイントだった飛節に関しても、すっきりした状態を保っています。半兄たちの活躍が物足りないのは気になる点だとはいえ、懸念材料を払拭する進歩と言えるでしょう。私どもも将来に自信を深める一方であり、ぜひ会員の皆様にお勧めしたい逸材ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重480kgです。
2020/01/31
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「飛節の腫れはすっかり目立たなくなりました。トラックにて豊富な運動量を確保したうえ、定期的に坂路でハロン16秒ペースのメニューを消化しています。全身を柔軟に使え、四肢の運びに軽やかさもあり、順調そのものと言えるでしょう。引き続き飼食いが旺盛であり、体調面の不安など感じられません。精神的にも繊細さが薄れ、集中力が高まりました。しっかりと鞍上の意図を感じ取れるセンスの良さが光り、余裕の手応えでスピードアップに対応できていますよ。これから成長する段階にあるだけに、ますます将来が楽しみになりました。マイルから中距離での活躍を想像しています」とコメントしていました。現在の馬体重480kgです。
管理予定の松永幹夫調教師は「飛節の腫れも大きな問題ではなく、心配していません。定期的に北海道で見せていただいていますが、素質を感じさせますね。楽しみな馬ですので、このままステップアップしてくれるといいですね」と爽やかな笑顔を見せていました。
2020/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末より坂路入りを再開させました。入念なケアを継続していますが、左トモの飛節後腫に悪化は見られず、順調にペースアップできていますよ。先週のハロン17秒ペースに続き、今週は16秒までスピードを上げてみましたが、しっかり充電できた効果があり、体力面に余裕が感じられ、飼食いが落ちたりする心配もありません。ふっくらした理想的なスタイルをキープしています。身のこなしに柔らかみがあり、前後左右のバランスに片寄りもなく、改めて非凡なポテンシャルを感じ取ることができました。この調子で伸びてくれたら、文句なしと言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重484kgです。
2019/12/26
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「当初は長期の休養も覚悟していましたが、左トモの飛節後腫は順調に治まってきました。思いのほか早く、獣医師からも調教再開の許可が得られましたので、1週間ほどトレッドミルで脚慣らしを行ったうえ、周回コースにて軽めの乗り込みを消化しています。後躯に負担がかからないよう、しばらくは坂路入りは避けますが、問題なくペースアップできるでしょう。ちょうどいいリフレッシュの機会となり、ふっくらしたスタイルとなりました。馬体のバランスも良化して、この間の成長は明らかです。確かな能力には疑いようがないだけに、今後も大切に育てていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重486kgです。
勢いに乗る父ハーツクライですが、週末のホープフルSにも有力馬の1頭と数えられるワーケアを出走させるだけに、評価や実績はさらに増していくことでしょう。
2019/12/05
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行なっています。
担当スタッフは「ここまで一番早い組に属していましたが、左トモの飛節後腫が確認されたことから、休養させることになりました。これまでの症例から治まってしまえば予後に影響を与えることは少ないと見込んでいますが、良化途上の段階で見切り発車をしてしまうと慢性化につながる恐れもあるだけに、立ち上げのタイミングは慎重に図りたいところです。最低でも年内は休養に充てることになると思います。あくまでも現状の推察ですが、1〜2ヶ月の休養になるかもしれません。患部には冷却剤等を用いてケアしていきます。一番早い組で進めていただけに、申し訳ございません。しかし、競走能力に影響を及ぼすことはないと見込んでいますので、焦らずに治して素質を開花させられるように育てていきたいと思います」とコメントしていました。今後は幹部のケアをしながら休養させ、回復を待つことになっています。
2019/11/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「乗り込むごと、一段とすばらしい体付きとなり、最近の成長には目を見張ります。体力面も着々と充実してきました。坂路入りする日を増やし、週3日、2本のキャンターをこなしています。最も調整進度の早いグループに属していますが、疲れた様子など見せません。さらなるペースアップが可能なレベルといえるでしょう。スケールの大きさに自信を深めることができました。ただし、一時的に身のこなしの硬さが目立った過去があるだけに、攻めすぎに注意して、丁寧に基礎固めを進めたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重487kgです。
先日行われたエリザベス女王杯(G1)は松永幹夫厩舎のラッキーライラックが優勝。偉大な先輩に近づけるように素質に磨きをかけていきます。
2019/10/25
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「もう熱発の影響はありません。一時的に落ちていた飼食いが戻り、すっかり状態が安定しました。週に2日は坂路を2本、ハロン17秒ペースのメニューをこなしています。トラックでのキャンターを長めに消化しても、疲れた様子はうかがえません。場内の1歳では最も調整進度が進んでいるうえ、動きに関しても評価は上がる一方です。ハーツクライ産駒らしく、前肢を開き気味に走る傾向があっても、背中の使い方が柔らかく、楽々と推進できますので、不器用な印象は受けませんね。ちょっと気が早いかもしれませんが、早期のデビューを意識しています」とコメントしていました。現在の馬体重473kgです。
騎乗調教が進むにつれて牧場内での評価が上昇してきました。父の産駒はサリオス、マイラプソディ、ワーケア、クラヴァシュドール、ウーマンズハートなど、2歳世代も続々とクラシック候補生が誕生しており、来年は本馬が躍動する姿が目に浮かびます。
2019/10/01
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用しての騎乗運動を中心に調整を行っています。
担当スタッフは「牝馬にしては馬格に恵まれ、しっかりした体付きです。早めに馴致を終了して、トラックや坂路でのキャンターへとスムーズに移行できました。ハロン18秒程度まで難なくクリアでき、すでに確かなポテンシャルを示しています。先週になって熱発してしまい、しばらくリフレッシュ期間を挟むこととなりましたが、場内でも何頭か罹患した感染症が原因であり、決して体質が弱いわけではありません。短期間で騎乗を再開できる見込みだけに、今後も順調にステップアップしてくれるでしょう。いまは成長のタイミングで馬体のバランスが崩れており、やや本来の柔軟性が薄れています。動画撮影の時なんかはそれが顕著でしたね。今後の調教撮影の時にはこの馬本来のしなやかさを見ていただきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重461kgです。当クラブ初預託となる松永幹夫調教師はジョッキー時代からスターホースとのコンビで華々しい活躍を見せましたが、調教師としても多くの活躍馬を育て上げており、本馬にとって大きな後押しとなることでしょう。レッドディザイア、ラッキーライラックなど牝馬の活躍馬が多いことも強調しておきたいポイントです。
page top
page top