Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ユキノマイの2018   [募集馬 / 下河辺牧場]
2020/01/15
下河辺牧場で育成中。この中間も屋内馬場、周回ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースを中心にして、連日、2400mから3000mほどキャンターを消化しています。飼葉をしっかり食べ、体調面に不安はありません。まだスピードは求めず、基礎体力の強化を図っている段階ながら、一歩一歩に力がこもり、最後までしっかり走り切れています。これから坂路でペースアップしていけば、反応に鋭さが加わってくるでしょうね。のんびりした態度を崩さず、もう少し前向きさがほしいものの、メンタル面にも余裕がある証拠と捉えていて、むしろ好ましく感じていますよ。どんどんペースアップしていける手応えがあり、今後の変貌ぶりが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重523kgです。
2019/12/26
下河辺牧場で育成中。現在は屋内馬場、周回ダートコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「1周1400mあるダートトラックを活用してメニューを強化し、ハロン20秒ペースのキャンターを順調に消化しています。まだ調教環境に慣らすことに主眼を置いていますが、バークが敷き詰められた全長1000mの坂路へも入れ始めました。体力的に余裕があり、常に楽な手応えです。ハミ受けなどの基本はしっかりマスターできました。精神的にも落ち着きを保ち、コントロールは容易です。問題なくスピードアップしていけるでしょう。無理をして絞るタイミングではありませんので、体重が増加傾向にありますが、筋肉量のアップに伴うものです。フットワークに重苦しさはありませんよ」とコメントしていました。現在の馬体重524kgです。
力強さに加え、敏捷性も高さも感じさせており、これからスピード調教でどんな動きを披露してくれるのか、いまから楽しみでなりません。
2019/11/26
下河辺牧場で育成中。この中間も屋内馬場での騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「時間をかけて口向きの矯正に努めながら、屋内馬場にて軽めのキャンターを3000mほど消化しています。当場では本格的な調整へと移行する前に、歯科の専門獣医師にチェックを依頼して整歯を施しているのですが、ハミ受けに影響がある狼歯(やせ歯。前歯と奥歯の間に生える咀嚼に不必要な歯)がありましたので、抜いて処置しました。メニューを強化するのにあたり、準備は万全と言えるでしょう。安定した健康状態を保ち、体力的にも着々と強化されていますの。素直で乗りやすい特徴も変わりません。来月から坂路でのキャンターへと移行させる予定です」とコメントしていました。現在の馬体重515kgです。
整歯も無事に終え、これから始まる本格的な調教を開始するにあたり体調は万全で視界は良好と言えます。どんな動きを見せてくれるのかとても楽しみです。
2019/10/25
下河辺牧場で育成中。現在は屋内馬場での騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「昼夜放牧を切り上げ、乗り込み主体のメニューに切り替えました。ハミ受けを整えながら、集団調教で他馬とリズムを合わせ、ゆっくりしたペースでキャンターを行っている段階ではありますが、人の指示を素直に受け入れてくれ、乗り難しさはありません。3000mくらいまで距離を延ばしても、体力的に堪えた様子はなく、快活な雰囲気のままですね。ずいぶん絞まったスタイルとなりましたが、旺盛な食欲は変わりません。引き続き健康そのものと言えるでしょう。イメージ以上にフットワークが軽く、確かな素質が伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重507kgです。
大型馬の割には手脚の運びが軽くて動きが俊敏で、身体能力の高さを存分に披露しています。
2019/10/01
下河辺牧場で育成中。現在は屋内馬場での騎乗運動と昼夜放牧を行っています。
担当スタッフは「集団調教を行い、基本的なルールや口向きを入念に教えている段階ながら、屋内馬場での乗り運動を順調に消化中です。大人びた性格をしていて、馴致に手間取ることはありませんでした。騎乗者を替えても、問題なくコントロールできますね。昼夜放牧も継続していて、調教を終えた昼過ぎには放牧地に放ち、早朝に集牧するというハードな毎日ながら、健康状態に不安はなく、ボリューム満点のスタイルを維持できました。体力的にも若駒離れしていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重525kgです。購買時とは別馬のように逞しい姿に進化を遂げており、その成長力の高さには目を見張ります。重苦しさを一切感じさせない手先の軽いフォームも大きなセールスポイントです。先週のポートアイランドステークスを制したロードマイウェイはこれで4連勝となり、同馬の活躍もさることながら、杉山厩舎の注目度もよりいっそう高まることでしょう。
page top
page top