Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
レッドミモザの2018   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2020/01/15
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年末に右目の角膜を傷付けてしまったため、いったん休養を挟みましたが、薬を点眼して対処したところ、幸い細菌などの感染もなく、短期間で炎症は治まりました。すでにBTCの周回コースや坂路に入り、順調にペースアップしています。疲れが見え始めていたタイミングだっただけに、ちょうど良いリフレッシュになったのではないでしょうか。確かな素質は疑いようがなく、これからの成長もたっぷり見込めますからね。健康状態が上向き、飼葉をよく食べ、適度に余裕を感じるスタイルになりました。気持ちの部分でも前向きさを増し、キビキビと動けていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重458kgです。
2019/12/26
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックで長めに乗り込むとともに、坂路にてハロン17秒ペースのキャンターを開始しました。飼葉をしっかり食べ、健康状態は良好です。まだ上背が低く、コロンとしたスタイルではありますが、順調な成長曲線を描いていると言えるでしょう。軽々と四肢を回転させ、切れを感じる動きを見せていますよ。これから芯が入り、パワーアップしていけば、どんどんスピードが際立ってくるのではないでしょうか。背中の使い方が柔軟だけに、ドゥラメンテ産駒らしい伸びやかさも兼備していますので、この母系としては距離の融通も利くと思います」とコメントしていました。現在の馬体重453kgです。
管理予定の松下武士調教師は、阪神ジュベナイルフィリーズをレシステンシアで制し、早くもG1トレーナーの仲間入りを果たしています。若き指揮官の手腕も大きな魅力と言えるでしょう。
2019/11/26
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの充実したコースで鍛錬できる下地が備わりました。屋内トラックをメインに置き、スローキャンターを消化しています。前向きな性格であり、ちょっと力み気味に走りたがる傾向はありますが、坂路や直線コースを経験させても、キビキビと走り切れました。運動神経が良く、余力もたっぷり感じられ、問題なくペースアップできる手応えがありますよ。前躯のたくましさに比べ、現状ではトモに緩さが目立つものの、馬体は順調に成長しつつありますので、これからバランスが整ってくるでしょう。確かなスピード能力とともに、奥の深さも伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重449kgです。
先日のファンタジーステークス(G3)は松下武士厩舎のレシステンシアが無傷の2連勝を飾り、来春のクラシックに向けて名乗りを挙げました。若き敏腕トレーナーの指揮も本馬にとって心強い限りです。
2019/10/25
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「牧場内の角馬場で騎乗調教を立ち上げ、スムーズに屋内馬場でのハッキングへと移行できました。健康面の不安はなく、常に元気いっぱいです。それでいて、素直な態度を崩さず、物覚えも早く、乗りやすい優等生と言えるでしょう。これから成長する余地をたっぷり残しながらも、現時点でも基礎体力がしっかり備わっていて、乗り味に安定感がありますね。パワーとスピードを兼ね備えたタイプではないでしょうか。問題なくペースアップしていける下地ができました。まもなくBTCの広いコースでのキャンターを開始したいと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重443kgです。
現時点で募集馬の中で1番人気の指示を集めており、父の人気もさることながら、血統背景や身体能力の高さにも注目が集まっています。
2019/10/01
シュウジデイファームで育成中。現在は調馬索で運動を行っています。
担当スタッフは「馴致を終えてから当場へ移ってきたばかりですが、豊富なスピードが自慢の母系だけに、軽やかな歩様が目を引きますね。まだトモが高い幼児体型であっても、垢抜けた雰囲気があり、実際よりも大きく見せています。こちらの環境にしっかり慣らしたうえ、騎乗を開始する予定であり、まだロンジングを行っている段階であっても、体の使い方に窮屈さはありません。ドゥラメンテ産駒らしさも伝わってきますので、幅広い距離をカバーできそうな予感がします」とコメントしていました。現在の馬体重435kgです。成長の前段階で、いかにも幼いイメージが伝わってきますが、背中をしっかりと使った柔軟で踏み込みの深い脚捌きに目が奪われます。カラクレナイ、モズアトラクションといった活躍馬を擁して注目を集め、初の預託となる松下武士調教師の元、目指すは父の代表産駒です。
page top
page top