Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ハリウッドローズの2018   [募集馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2020/01/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ここまでしっかり乗り込んできましたので、そろそろ疲れが蓄積するタイミングです。少し飼食いが落ちましたので、年初よりウォーキングマシンでの運動に止め、しっかりとリフレッシュを図りました。コンスタントな活躍が予感されるうえ、奥の深さも感じている馬なだけに、この先も丁寧に素質を磨いていきたいですね。ただし、もう健康面に不安はなく、グンと幅が出ましたよ。今週より角馬場にて軽めに乗り始めたところですが、問題なくペースアップできるでしょう。真面目な調教態度を保ちつつも、狙い通りに活気も増して、四肢の運びは軽やかです」とコメントしていました。現在の馬体重465kgです。
2019/12/26
愛知ステーブル小松分場で育成中。引き続き角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースで2400mほど乗り込んだうえ、坂路でもキャンターを2本消化しています。順調に調教メニューを強化できました。日によってはラストをハロン17秒程度までペースを上げていますが、体力的に余裕があり、無理なく動けています。スピードの乗りは上々ですし、ゆったりと全身を使え、フォームに安定感が加わってきましたね。クラシックディスタンス向きの本格派に育ってくれるのではないでしょうか。性格的にも真面目ですので、鞍上の指示を素直に受け入れてくれ、スピードの緩急が容易に付くあたりもセールスポイントです」とコメントしていました。現在の馬体重453kgです。
進めるにつれて評価が高まってきた1頭で、早くも豊かな将来性を感じさせます。
2019/11/26
愛知ステーブル小松分場で育成中。この中間も角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだハロン20秒くらいが基本でも、常に手応えに余裕があり、基礎体力の向上は明らかです。この間も古馬に先導してもらい、場内の様々なコースを経験させてきましたが、やんちゃな仕草が目立たなくなりました。順調にキャンターの距離を延ばしています。1頭になっても動揺したりせず、きちんと集中できますね。ハミ受けが安定し、口向きの問題もなく、操縦性を高めてきました。ゲートの練習を課しても、落ち着き払った態度を崩しません。いまだ成長期にありますので、必要に応じてリフレッシュ期間を設けながら、段階的にペースアップを図ります」とコメントしていました。現在の馬体重460kgです。
馬体重が示す通りパワーアップは歴然で、早くも鍛錬の成果が表れてきました。しっかりと鍛え込んで将来に向けて強固な土台を築き上げていきます。
2019/10/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「角馬場で体をほぐしたうえ、トラックで22秒ペースのキャンターを消化しています。まだ慣らす程度にゆっくり走らせている段階ながら、坂路にも入れ始めました。戸惑った様子はなく、きちんと集中していますよ。古馬に交じって縦列で行動させても、きちんと歩く速度を合わせてくれ、大人っぽい態度になりましたね。ゲートを通過させる練習も開始しましたが、素直に従ってくれます。馬体の張りが良く、肉体的にも順調な成長がうかがえ、いまのところ課題は見当たりません。このままの姿を保ちながら、まっすぐにステップアップしてほしいですね。中間に視察に訪れた本田師も『いい馬だし、また良くなったね』と目を細めていました」とコメントしていました。現在の馬体重450kgです。
しなやかなで躍動感あふれる動きが目につきます。父の産駒スカーレットカラーが府中牝馬ステークスを優勝し、新たに重賞ウィナーが誕生しました。
2019/10/01
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「北海道浦河の愛知ステーブル本場にて馴致を済ませたうえ、9/21に当場へ移動しました。長距離輸送で減った体を回復させるとともに、こちらの環境に慣らすべく、パドック放牧や曳き馬を行っていましたが、先週末より角馬場での騎乗へと移行させたところです。若駒らしく、当初は戸惑っていなないたりすることが多かったものの、周囲の古馬たちに影響され、どっしりした対応に変化してきましたね。均整の取れたスタイルをしていて、精悍なイメージです。問題なくペースアップできるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重451kgです。テイエムオーシャン、ローレルゲレイロなどとのコンビで活躍した本田優調教師は、調教師転身後も続々と個性的な活躍馬を送り込んでおり、その手腕にも大きな期待がかかります。本馬の能力も最大限に引き出してくださることでしょう。
page top
page top