Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ハッピーヴァリューの2018   [募集馬 / 愛知ステーブル本場]
2020/01/15
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「レントゲン検査で左前蹄骨の状況を確認のうえ、そろそろ乗り始めるタイミングを探ろうと思っていますが、厳寒期となって馬場が硬くなっていますので、もうしばらくはウォーキングマシンでの運動のみに止め、入念に準備したいと思います。歩様はスムーズであり、健康状態にも不安はありませんよ。飼葉はあっという間に完食しています。丸みを帯びたスタイルになっているとはいえ、たっぷり歩かせている効果があり、腹周りの余分な脂肪が削がれてきました。精神的な落ち着きを保ち、相変わらず手がかかりません。ただし、顔付きなどを見ても幼さが薄れ、精悍な雰囲気に変化してきましたね」とコメントしていました。現在の馬体重470kgです。
2019/12/26
愛知ステーブル本場で育成中。この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「徐々にウォーキングマシンの運動時間を延ばしていますが、歩様はスムーズなままです。先日、行ったレントゲン検査でも左前蹄骨の骨折箇所に悪化は見られません。すっかり完治したと判断していいでしょう。引き続き体調も安定していますので、年明けには騎乗が開始できる見込みです。食欲が旺盛なだけに、余裕が感じられる腹周りになっているとはいえ、この間の成長は明らかであり、だいぶ大人びた雰囲気になりました。馬体に伸びやかさが加わってきたうえ、現時点でも筋肉量が豊富です。いまから乗り味を確かめるのが待ち遠しくてなりません」とコメントしていました。現在の馬体重472kgです。
順調に回復し、まもなく騎乗を運動を始める予定となっています。焦らずに鍛錬を重ねて着実にレベルアップさせたいところです。
2019/11/26
愛知ステーブル本場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「先週末に行ったレントゲン検査でも、きれいに骨折線が埋まっているのが確認できました。もう患部を気にする様子など見せません。獣医師とも相談のうえ、ウォーキングマシンでの運動を開始しました。落ち着いた精神状態を保ち、スムーズな身のこなしで歩いています。食欲が旺盛なだけに、馬体は太めに映りますが、もともと胸前やトモの筋肉量が豊富なうえ、休養中も順調にボリュームアップして、たくましい雰囲気が備わりました。徐々に運動時間を延ばしながら、騎乗再開のタイミングを探っていきますが、問題なくステップアップできるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重458kgです。
まだ焦る時期ではありませんし、一歩前進できたことは明るい材料です。BTCの坂路でどんな走りを見せてくれるのかいまから楽しみでなりません。
2019/10/25
愛知ステーブル本場で育成中。この中間もパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「パドック放牧を継続しています。左前の蹄に関しては、定期的にレントゲン検査を行って確認していますが、順調に骨折線が埋まってきました。まもなくウォーキングマシンでの運動へと移行できるでしょう。上体が重くなって脚元に負担がかからないよう、調教馬よりカロリー低めの飼料を与えていても、元気が余っているくらいです。本来は素直で扱いやすい性格ながら、暴れて右ヒザに擦り傷をつくってしまいました。ただし、症状はごく軽度であり、骨や筋に影響はありません。馬体の張りは良好ですし、順調に背が伸び、順調な成長がうかがえます」とコメントしていました。現在の馬体重445kgです。
他馬に遅れる形となっていますが、焦る必要はありません。鍛えれば鍛えるほどに発達するのが父の産駒の真骨頂だけに、どんな変化を遂げるのか期待が膨らみます。
2019/10/01
愛知ステーブル本場で育成中。現在はパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「こちらには先月移動してきたのですが、徐々に左前脚を気にする素振りを見せたため、今月上旬にレントゲン検査を行ったところ、蹄骨にごく軽度の骨折線が確認されました。獣医の話では『数か月前に発症したものが、成長過程で症状や痛みが表面化してきたのでは』ということで、既に固まりつつある状況です。もう歩様に違和感はなく、順調に回復へと向かっています。競走能力に影響は出ないはずですし、今後の調整に支障を与えることもないでしょう。素直な性格を活かし、鞍着けや人が跨って騎乗するまでの過程はスムーズにマスターできていました。ただし、患部は負担がかかりやすい箇所だけに、あと数週間はパドック放牧で経過を観察したうえ、ウォーキングマシンでの運動へと移行させる予定です。脚元を固めしっかりと乗り込めるようになってから進めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重442kgです。他馬に一歩遅れを取ることになりますが、完治すれば今後に与える影響は少ないとみられています。会員様から絶大な支持を誇る田島調教師も大きな期待を寄せており、いまは我慢の時と位置づけ回復を待ちます。
page top
page top