Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ペブルガーデンの2018   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2019/10/25
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの調教環境にすっかり馴染み、在厩している1歳のなかでは最も進んだメニューを消化しています。トラックでハロン22秒くらいのペースまで負荷を強めました。馬体の張りが良く、健康面は高いレベルで安定しています。体力的に余裕があり、精神的にもどっしりした態度を崩さず、現時点で課題など見当たりませんね。促さなくても、自らハミをがっちり受け、スイスイと前進できます。筋肉量が豊富ながら、柔軟に全身を使え、伸びやかに四肢を伸ばせるあたりは、確かな素質の証明でしょう。これからペースアップするごと、ますます魅力が際立ってくると思いますよ」とコメントしていました。現在の馬体重455kgです。
父の産駒は依然として好調で、同じ橋口厩舎のロールオブサンダーをはじめ、アリストテレスなどの素質馬が勝利を挙げました。
2019/10/01
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「体質がしっかりしていて、性格的にも真面目です。早めに馴致を済ませて当場へ移動しましたので、すでにBTCの様々なコースに慣らしながら、順調にステップアップできました。物覚えが早く、ハミ受けなどに問題は見当たりません。まだハロン25秒くらいのスローペースに止めていていますが、現時点でも一歩一歩に力がこもり、乗り味は上々です。今後の調整もスムーズに進められるでしょう。確実性が高いうえ、奥も深そうなイメージを抱きます」とコメントしていました。現在の馬体重454kgです。今年の新種牡馬である父は早くも13頭もの勝ち馬を誕生させており、同期のキズナとともに現役時代さながらのハイレベルで熾烈なリーディングサイアー争いを繰り広げることでしょう。初の預託となる橋口慎介調教師は9月に入ってから新馬戦2勝を含む4勝を挙げているように勝ち星の量産体制に入っており、若手敏腕トレーナーのタクトにも大きな期待がかかります。
page top
page top