Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ペブルガーデンの2018   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2020/03/31
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「もう少しボリュームアップしたら理想的なのですが、しばらく軽めのキャンターに止めたことで、だいぶ活気を増し、健康状態が上向いた実感があります。坂路で15-15を再開させても、飼食いが落ちたりせず、体力的に堪えた様子などうかがえません。先日は単走でラスト3ハロンを40秒程度まで伸ばしてみたのですが、スムーズに走り切れ、改めて非凡な能力を確認することができました。スピード面だけでなく、力強さも加わり、右肩上がりに進歩していますので、いい流れを断ち切らないよう、今後もきめ細かな対処に努めたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重462kgです。
橋口調教師は「北海道で馬を確認していますが、素質を感じていますし、着実に良化してきました。あと1ヶ月ほど順調に進むようであれば、栗東近郊に連れてくることも検討しています」とコメントしており、期待を寄せながら、今後のプランを思い描いています。
2020/03/13
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現時点でも十分に満足できる調整進度に達しているうえ、まだまだ伸びるタイミングです。そろそろリフレッシュさせ、成長を促したほうがいいでしょう。先週、今週は軽めのキャンターに止めました。もっと馬体をふっくらさせたいところではありますが、健康状態に不安はなく、飼葉はしっかり食べています。ちょうど良い気分転換となり、精神的にも落ち着きを増しましたね。確かなポテンシャルは疑いようがありませんので、今後も将来を見据えたメニューの組み立てに努めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重460kgです。
2020/02/28
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にて3ハロンを15秒ペースで走らせていますが、促さなくても加速できます。体力的に堪えた様子はなく、調整はすっかり軌道に乗りましたね。スタミナ面の向上も著しく、ラストまで余裕の手応えです。息の戻りも早くなりました。メニューの進度だけでなく、操縦性の高さやフォームの安定味でも、同期たちを一歩リードしているといえるでしょう。早めのデビューを意識していますよ。ただし、骨格を考えれば線の細さが感じられ、これからボリュームアップするはずですので、成長促進に心がけ、今後も状態を優先してトレーニングしていきます」とコメントしていました。現在の馬体重460kgです。
早期始動も可能な進度ではありますが、まだ良化が見込めるだけに、今後のさらなる進化が楽しみでなりません。
2020/02/14
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「しばらくはトラックで軽めに乗り込み、リフレッシュを図りました。ただし、現状でも芯はしっかり入っていて、体調面に不安はありません。飼葉をよく食べ、ふっくらしつスタイルに戻りつつありますので、徐々にキャンターの距離を延ばしています。今週より坂路での15-15も再開させました。現時点でも完成度は高く、活気も十分にあり、相変わらず反応の良さが目を引きます。ただし、伸びる余地をたっぷり残しているうえ、まだ焦るタイミングではありませんからね。些細な変化も見逃さないよう、丁寧な対処に努めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重468kgです。
2020/01/31
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「調整の進度としては断然、同期をリードしていて、無理なく坂路での15-15を消化しています。ますます反応が上向き、素質に自信を深めることができましたよ。落ち着いた精神状態を保ち、コントロール面なども着々と向上しています。疲れた様子など見せず、飼葉を残したりしません。ただし、食べたものが実にならず、このところ体が減少傾向にありますね。あばらに触れられるくらいになりましたので、しばらくは控えめなペースに止め、成長を促したほうがいいでしょう。ふっくらしたスタイルに戻り次第、再びペースを上げていきます」とコメントしていました。現在の馬体重459kgです。
早期始動を視野に入れていますが、焦る時期ではないため、まずは馬体のボリューム感を戻していきます。
2020/01/15
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も順調にステップアップできました。トラックでじっくりと体をほぐしたうえ、冬場でも馬場状態が安定しているウッドチップの坂路を使用して、コンスタントに15-15を重ねています。早めのデビューを目指しているとはいえ、まだ焦るタイミングではありませんので、どこかでリフレッシュ期間を設けたいと思っているのですが、この時季にしては馬体の張りが良く、脚元などにも気を遣う必要がなく、調整は順調そのものと言えるでしょう。スピードを求めても手応えに余裕があり、スタミナ面も着々と向上し、ラストまで余裕の手応えで駆け上がっていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重471kgです。
2019/12/26
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「順調にペースアップしています。トラックでもしっかり乗り込みながら、坂路にて15-15を開始しました。在厩している1歳の中では最も進んだメニューを消化していますが、しっかりと基礎体力が備わっていて、疲れた様子などうかがえません。折り合いを欠くことはなく、鞍上の指示にきちんと従って、スムーズに加速します。幅がある好馬体を誇り、スピードだけでなく、パワーも兼備した個性といえるでしょう。反応は上々ですし、すべての面で完成度が高く、バランス良く進歩しましたね。この調子でスケールアップしてくれたら、文句はありません」とコメントしていました。現在の馬体重471kgです。
調教を進めるにつれて評価が高まってきました。早くも早期始動を意識させる充実ぶりです。
2019/11/26
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの坂路にてハロン18秒ペースのキャンターを開始しました。現時点でも体幹がしっかりしていますので、乗り味に安定感があります。肩回りや後躯の筋肉が盛り上がり、一段とたくましいシルエットになりましたよ。それでいて、全身を無駄なく連動させ、伸びやかなフォームです。メニューを強化しても、食欲は旺盛なままですし、堪えた様子など見せません。前向きにハミを取りつつも、きちんとコントロールが利き、ちょうど良い精神状態をキープできています。今後も同期たちをリードしていくことでしょうね。早めのデビューをイメージしています」とコメントしていました。現在の馬体重473kgです。
馬の成長や個性に合わせた育成で定評があり、各調教師からも絶大な支持を集める責任者から早期始動の声が挙がっているように、資質の高さに加え、順調さもうかがえます。
2019/10/25
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの調教環境にすっかり馴染み、在厩している1歳のなかでは最も進んだメニューを消化しています。トラックでハロン22秒くらいのペースまで負荷を強めました。馬体の張りが良く、健康面は高いレベルで安定しています。体力的に余裕があり、精神的にもどっしりした態度を崩さず、現時点で課題など見当たりませんね。促さなくても、自らハミをがっちり受け、スイスイと前進できます。筋肉量が豊富ながら、柔軟に全身を使え、伸びやかに四肢を伸ばせるあたりは、確かな素質の証明でしょう。これからペースアップするごと、ますます魅力が際立ってくると思いますよ」とコメントしていました。現在の馬体重455kgです。
父の産駒は依然として好調で、同じ橋口厩舎のロールオブサンダーをはじめ、アリストテレスなどの素質馬が勝利を挙げました。
2019/10/01
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「体質がしっかりしていて、性格的にも真面目です。早めに馴致を済ませて当場へ移動しましたので、すでにBTCの様々なコースに慣らしながら、順調にステップアップできました。物覚えが早く、ハミ受けなどに問題は見当たりません。まだハロン25秒くらいのスローペースに止めていていますが、現時点でも一歩一歩に力がこもり、乗り味は上々です。今後の調整もスムーズに進められるでしょう。確実性が高いうえ、奥も深そうなイメージを抱きます」とコメントしていました。現在の馬体重454kgです。今年の新種牡馬である父は早くも13頭もの勝ち馬を誕生させており、同期のキズナとともに現役時代さながらのハイレベルで熾烈なリーディングサイアー争いを繰り広げることでしょう。初の預託となる橋口慎介調教師は9月に入ってから新馬戦2勝を含む4勝を挙げているように勝ち星の量産体制に入っており、若手敏腕トレーナーのタクトにも大きな期待がかかります。
page top
page top