Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
グレンダロッホの2018   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2020/01/15
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「一時的に感じられた疲れが癒え、四肢の浮腫みも気にならなくなりました。周回コースで丁寧に乗り込むとともに、冬季でも安定した馬場状態を保っている屋内坂路を活用してキャンター調整を行っています。食欲が旺盛なだけに、腹周りに余裕があり、皮膚感も厚ぼったい状況ながら、徐々にトモや肩回りの筋肉が張り出してきました。まだハロン18秒ペースを上限にしていても、手応えに余裕があり、徐々に中身が詰まってきた感触を受けますね。イメージ以上の伸びやかさも兼備した馬であり、成功の確率は高いでしょう。今後の変わり身が楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重487kgです。
2019/12/26
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「引き続き順調に乗り込めていますが、このところペースアップに伴う疲れが感じられ、脚元に浮腫みが見られることもありました。坂路でハロン18秒程度のメニューを繰り返すとともに、トラックも活用して、長めをじっくりと調整しています。毎日、飼葉は完食していて、だいぶボリュームアップしましたが、まだ幼さが前面に出たスタイルであり、これからの成長は大きいでしょう。現状でも機敏な反応が目を引き、確かな素質が伝わってきますが、精神的にもデリケートな部分を残していますので、焦らずに心身を磨いていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重485kgです。
早くも評価は上昇していますが、遅生まれで伸びしろが大きいだけにじっくりと育てていきます。
2019/11/26
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCを使ってメニューを強化したところ、めきめき頭角を現してきた一頭です。場内では最も調整が進んだグループに入り、坂路でハロン18秒ペースのキャンターを開始しました。軽快に四肢を回転させ、スピード感は満点です。飼葉が上がる心配はなく、引き続き健康そのものといえるでしょう。ただし、勝ち気な気性が顔をのぞかせ、行きたがるくらいの手応えです。過剰にテンションを上げないよう、周回コースでじっくり乗り込む日も設けました。遅生まれであり、これから伸びる余地をたっぷり残していますので、必要に応じてリフレッシュ期間を設けながら、大切に育てていく方針です」とコメントしていました。現在の馬体重486kgです。
まだ線の細さは感じさせますが、中身が詰まってきているようで、レベルアップしているのが歴然としています。父の代表産駒も目指せる好素材です。
2019/10/25
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「牧場内の屋内馬場で基礎固めを施したうえ、BTCでのキャンター調整へと移行させました。まだ様々なコースに慣らしながら、ゆっくりしたペースで走らせている段階ですが、手先まで力がこもり、楽々と推進できますよ。ストレスを感じている様子などうかがえず、素直な態度を崩しません。健康体を保ち、飼食いが旺盛ですので、乗り進めながらも徐々にボリュームアップして、順調に筋肉が備わりつつあります。スウェプトオーヴァーボード産駒らしい軽快さとともに、母父のディープインパクトの血も伝わっていて、強靭かつしなやかさが目立つ1頭です」とコメントしていました。現在の馬体重458kgです。
乗り進めるにつれて体に厚みが増し、迫力あふれる動きを披露しています。随所に資質の高さを感じさせる魅力的な存在です。
2019/10/01
シュウジデイファームで育成中。現在は角馬場での騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致を済ませてから当場に移ってきましたが、まずはしっかりと環境に馴染ませたかったため、ロンジングでの準備期間を設けたうえ、角馬場での乗り込みへと進ませたところです。健康状態は安定していて、とても素直な性格だけに手がかかりません。遅生まれだけに、慎重に手順を踏んでペースアップを図りますが、この父らしく手脚を軽々と回転させ、非凡なスピードを秘めていそうな感触がありますね。まだ華奢なスタイルではありますが、トモの肉付きが良く、イメージ以上のパワーも兼備した個性ではないでしょうか。今後の変貌が楽しみでなりませんよ」とコメントしていました。現在の馬体重440kgです。現状は父の産駒にしてはスリムな体付きですが、遅生まれだけに成長の余地が多く残されています。アエロリット、ミッキースワローなど続々と活躍馬を送る菊沢厩舎。豊かな将来性を感じるだけに、偉大な先輩のように厩舎に貢献する存在へ育ってくれることでしょう。
page top
page top