Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
キョウエイカプリスの2018   [募集馬 / 愛知ステーブル本場]
2020/01/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在は角馬場での軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「年明けまでウォーキングマシンでの運動を継続したうえ、先週より角馬場で軽めの乗り込みを再開させました。舌に負った外傷は順調に癒えつつあり、もうハミを着けても痛がりません。口向きは安定したままですし、四肢の回転も滑らかです。ちょうど良いリフレッシュになったのでしょう。馬体に厚みを増し、少し背も伸びて、ますますたくましいスタイルとなりました。まもなくBTCの充実したコースでの調教に移行させますが、元気さを増したうえ、現時点でも操縦性が高いだけに、問題なくペースアップできると思いますよ。鍛えるごとにスピードやパワーが際立ってくるでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重476kgです。
2019/12/26
愛知ステーブル本場で育成中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。
担当スタッフは「先週になって、口内からの出血が認められました。馬房で退屈しのぎに遊んでいるうち、何かの弾みで舌の裏側に切り傷をつくってしまったのが原因です。管理には慎重を期していたのですが、こんな事態を招いてしまい、たいへん申し訳ありません。ただし、獣医師に診察してもらったところ、縫合などの処置は必要なく、短期間で自然治癒するだろうとのことでした。まだ痛みがあるはずでも、飼葉はきちんと平らげています。一旦ウォーキングマシンでの運動に切り替えましたが、騎乗再開まで時間はかからないでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重472kgです。
思わぬアクシデントととなりましたが、大事には至っていません。この機会に英気を養って今後のペースアップに備えたいところです。
2019/11/26
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCのこの中間もBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「中間は1周800mのダートトラックを中心に順調な基礎固めを消化できました。自ら前向きにハミを取り、楽々と推進でき、確かな素質が伝わってきます。このところ皮膚病が見られ、やや体調が落ちているように感じられますので、いったん軽めのメニューに切り替え、リフレッシュを図ることにしました。ただし、角馬場や直線1000mのウッドコースを活用して、騎乗は継続しています。飼葉はよく食べ、余裕のある体付きをキープしているとはいえ、増加傾向にある体重は成長分と言えるでしょう。順調に背も伸びていますし、今後の変貌ぶりが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重467kgです。
以前よりも筋肉に厚みが増し、メリハリの利いた体になってきました。石栗厩舎所属のスピーディクール、ジェミニズのように、ダート戦線で上級へ出世して力強い走りを披露してくれることでしょう。
2019/10/25
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCのダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCの調教環境に慣らしながら、順調にメニューを強化できています。周回コースをメインにして入念なハッキングを行っている段階ながら、この時期としては乗り味に安定感があり、スイスイと前進しています。一通りの基本はしっかりマスターできましたし、そろそろ疲れが心配なタイミングだけに、どこかでリフレッシュ期間を設けたいと思っているのですが、乗り込みながらも体重が増え、健康状態に不安はありません。騎乗すれば表情が引き締まり、やる気にあふれている一方、反抗的な態度など見せず、コントロールも容易です」とコメントしていました。現在の馬体重460kgです。
父の産駒らしく、厚みのある筋肉を有し、さらに迫力が増してきました。いかにもダートの短距離戦で頭角を現しそうな雰囲気です。
2019/10/01
愛知ステーブル本場で育成中。現在は角馬場での騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馴致を順調にクリアして、角馬場で軽めの乗り込みを開始しました。この時期の牝馬にしては乗りやすく、学習能力が優秀です。ちょっと怖がりなところがあるとはいえ、ピリッとした気性も反応の良さにつながるでしょう。段階的に運動時間を延ばしていますが、健康状態は安定していて、疲れた様子など見せません。コンパクトな体型ながら、現状でも良質の筋肉に覆われ、特にトモはボリューム満点です。これから背が伸びたら、もっと見栄えがするスタイルになるでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重444kgです。いよいよサウスヴィグラスも最終世代となりました。晩年の傑作と呼ばれるような活躍を期待しています。同じ父を持つスピーディクールやオープン入りも視界に入ってきたジェミニズなどを上級クラスへ導き、1頭1頭に向き合う姿勢で取り組んでくださる石栗調教師の采配もマッチしそうな印象で、先輩たちとともに厩舎を盛り上げる走りを見せてほしいところです。
page top
page top