Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
フランチェスカの2018   [募集馬 / シュウジデイファーム]
2020/02/14
シュウジデイファームで育成中。引き続きBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ成長の余地をたっぷり残したスタイルながら、安定した健康状態を保ち、体力の向上は目覚ましいですよ。だいぶ気持ちに余裕が出て、子供っぽい仕草が目立たなくなりました。トラックで1800m程度のハッキングを消化のうえ、坂路を1本、順調にキャンター調整しています。今週はラストをハロン15秒まで伸ばしてみましたが、自ら前向きにハミを受け、スッと加速できました。しっかりと基礎固めできた実感がありますので、さらなるペースアップにも無理なく対応できるでしょう。今後も体と気持ちのバランスを整えながら、入念に乗り込んでいきます」とコメントしていました。現在の馬体重448kgです。
2020/01/31
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「引き続き順調に坂路入りしています。トラックでの乗り込み量も増やしました。横から見れば見栄えがするスタイルになってきたとはいえ、まだトモの幅が薄く、これから成長していく段階にあるだけに、しばらくはハロン17秒ペースを上限にして、丁寧に基礎固めをしたいと思います。馬房の中でも落ち着きがなく、まだまだ子供っぽいのですが、じっくり教え込んだ成果が表れつつあり、だいぶハミ受けが安定して、コントロールしやすくなりましたよ。走る意欲にあふれ、キビキビと動けていて、勝ち気な性格もプラスの方向へ働き始めたように感じています」とコメントしていました。現在の馬体重446kgです。
心身ともに幼さが目立ちますが、本領発揮は3歳以降と見ており、焦らずに成長を促していきます。
2020/01/15
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCの屋内坂路を中心にダートコース、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回コースでじっくり乗り込むとともに、坂路でのメニューを強化して、順調に負荷を強められていますよ。コンスタントにハロン17秒ペースのキャンターを積み重ねるうち、気持ちが先走りがちな面が薄れ、粗削りだったフォームも改善され、だいぶ心身のバランスが整ってきました。この間にも上背が伸び、伸びやかさが加わっています。まだコンパクトなスタイルながら、これからの鍛錬で骨格にふさわしい筋肉が備わってくるでしょうね。伸びる余地をたっぷり残した現状だけに、この先もメニューに強弱を付けながら、個性に添った対処を心がけていきます」とコメントしていました。現在の馬体重448kgです。
2019/12/26
シュウジデイファームで育成中。この中間もBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「引き続き元気いっぱいですね。坂路を併用してハロン17秒ペースまで負荷を強めました。ただし、相変わらず線が細く、もっと幅を出したいところですので、テンションを上げすぎないように配慮しながら、トラックでのスローキャンターをメインにして、丁寧に乗り進めています。運動神経が良く、常にキビキビと動けるうえ、ハミ受けなどの操縦性に関しても、着々と高めることができました。これで父らしいパワーが加わってきたら、もっと自信を深めることができるでしょう。飼葉はしっかり食べていますし、これからの成長が楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重445kgです。
まだまだ課題が残る現状ですが、俊敏な動きを見せており、今後の成長次第で一気に頭角を現してくれることでしょう。
2019/11/26
シュウジデイファームで育成中。現在はBTCのダートコースを中心に屋内坂路、直線コースなども併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「敏感な精神面に配慮して、しっかりと基礎固めを進めました。細めに映った馬体も順調に回復しましたので、BTCの様々なコースに慣らしながら、徐々にキャンターの距離を延ばしています。周囲に気を取られ、頭を上げたりもしますが、だいぶ精神状態が落ち着き、体力的にも堪えた様子はうかがえません。サイズは小ぶりでも、フリオーソ産駒らしく一歩一歩に力がこもり、無理なく推進できますね。坂路にてハロン20秒くらいのメニューも開始ました。これからの成長が大いに見込めるだけに、本馬向きの調整方法を工夫して、将来の飛躍につなげたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重444kgです。
依然として気性面の幼さが目に付きますが、運動神経の高さも感じさせます。昨日、当地で視察した伊藤圭三調教師は「気性面の課題は残しますが、キビキビとした快活さがあって身のこなしがいい馬ですね。まだまだ良くなる余地が残されていますので、じっくり取り組んでもらいましょう。期待しています」と柔和な表情を見せていました。
2019/10/25
シュウジデイファームで育成中。現在は牧場内の屋内馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「馬房内でも落ち着きを欠きがちであり、気性的な幼さが目立つ状況です。中間も牧場内の角馬場や屋内運動場での速歩をメインにして、入念に鞍上とのコミュニケーションを図ってきました。徐々に納得してくれるようになってきましたが、小柄ながらも、パワーにあふれていますので、暴れた際は抑えるのが大変です。肉体的にも成長する余地をたっぷり残していますので、しばらくは丁寧に基礎固めを進めたほうが良いでしょう。確かな素質を感じているだけに、もう少しふっくらしたスタイルを整えたうえ、ペースアップしていく方針です」とコメントしていました。現在の馬体重422kgです。
セリで感じたようにカリカリした一面を見せていますが、様々なタイプを育てあげた育成場なので心配はしていません。勝気な性格が闘争心に転化できるよう育てていきます。
2019/10/01
シュウジデイファームで育成中。現在は角馬場で軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「問題なく馴致の過程を卒業して、騎乗を開始していますが、まだ体型に幼さを残しますし、精神面の成長もたっぷり見込める状況です。テンションを上げやすく、発汗も目立ちますので、下地を築くことを優先させ、角馬場でじっくりと乗り進めました。ただし、手脚がしっかりしていて、軽量な割りに力感が伝わってくるあたりは血統のイメージと合致しますね。秘めたポテンシャルは確かでしょう。これから大きく変貌を遂げても不思議はないと思います」とコメントしていました。現在の馬体重422kgです。セリ会場でも立ち上がるなど、気の強さを見せていましたが、様々な癖馬を手掛けてきたシュウジデイファームの育成により、本馬も立派な競走馬へと仕立て上げてくださることでしょう。血統面からダート志向が強い本馬ですが、管理予定の伊藤圭三調教師はスマートボーイなどダートの強豪も多く育ててきただけに、その手腕にも大きな注目が集まります。
page top
page top