Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
プリンセスネージュの2018   [募集馬 / 愛知ステーブル本場]
2020/03/31
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「屋外トラックの馬場状態が安定して、1周1600mあるダートコースが使用可能となりましたので、慣らしながら距離を延ばしています。ウッドチップの直線コースではハロン16秒ペースまでメニューを強化しました。相変わらず反応の良さが目立つうえ、体力的に堪えた様子はうかがえません。無駄なシーンで動揺することがなくなり、精神面も大人になりましたよ。手前替えやコーナーでの口向きなどをチェックしても、問題は見られず、現時点でも完成度の高さが光ります。今後の変貌ぶりが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重482kgです。
今後に向けて伸びしろが多いことから、秋を見据えながらじっくりと育成していますが、進めるにつれて評価が上がってきており、期待度が高まってきました。
2020/03/13
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トラックでの乗り込み量を増やすとともに、直線コースでハロン18秒ペースのキャンターを消化しています。メニューを強化しても健康体を保ち、疲れた様子など見せません。骨格にふさわしい筋肉が備わりつつあり、張り艶も上向きました。騎乗者を替えても問題なくコントロールできるうえ、無駄なく全身を使えるようになり、ダイナミックに動けていて、誰もが乗り味の良さを誉めますね。希少なザサンデーフサイチの産駒ながら、大きな夢を託せる逸材と言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重488kgです。
2020/02/28
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「長めにウォーミングアップを施したうえ、連日、全長1000mの屋根付き直線コースを2本、順調にキャンター調整しています。体力の向上とともに、精神的な幼さが薄れ、コントロールしやすくなりましたよ。スピード的にはハロン20秒から18秒ほどが基本ながら、きちんとハミを向け、ラストまで安定したフォームで走り切れています。健康状態の変動が少なく、馬体の張りもずいぶん上向きましたね。この血筋らしく、ダート向きのパワーが伝わってくる一方、ストライドが大きく、身のこなしに窮屈さはありませんので、ターフでも活躍できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重488kgです。
乗り込みを進めるにつれて評価が上昇してきており、今後の成長でどのような変化を見せるのか楽しみでなりません。
2020/02/14
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「直線コースをメインにしたキャンター調整を継続しています。ハロン18秒ペースを上限にして、基礎体力の強化に努めている段階であっても、全身を無駄なく使えるようになりました。まだ腹周りに余裕があり、骨格の割りにトモが薄いスタイルながら、筋力の強化は明らかです。幼かった気性も改善に向かい、ずいぶん集中力が高まってきましたね。鍛えて味があり、奥は深いとみています。将来は長めの距離で活躍してくれるのではないでしょうか。スピードが豊かな母系だといっても、現時点でも大きなフットワークは迫力満点ですよ」とコメントしていました。現在の馬体重480kgです。
2020/01/31
愛知ステーブル本場で育成中。引き続きBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「体質の強化は明らかです。段階的に負荷を強めても、もう脚元が浮腫んだりせず、堪えた様子は見せません。この間にも上背が伸び、ぐっと幅も出て、逞しいスタイルになりましたね。冬場も安定した走路を保っている屋内の直線コースにて、ハロン18秒ペースのキャンターを2本、丹念にこなしています。幼かった気性面も改善され、操縦性が高まってきました。現時点でも力強く推進でき、フォームの伸びも良く、着実な進歩がうかがえますよ。この先も成長を促すように配慮して、メニューを組み立てていきますが、どんどんペースアップしていけるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重482kgです。
ペースを上げながらもへこたれることはなく、馬体の迫力が増し、動きもスムーズさが増してきました。今後どういった成長を見せるのかいまから楽しみでなりません。
2020/01/15
愛知ステーブル本場で育成中。この中間もBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「少し疲れた様子がありましたので、年始からウォーキングマシンで運動させていましたが、数日間で落ちていた飼食いも戻りました。今後もオーバーワークに注意しながらペースアップしていきたいと思いますが、無理なくBTCの周回トラックで乗り込み量を増やせています。ウッドチップの直線コースへも入り、キャンターのスピードも上げ始めました。最近はトモが浮腫むこともなく、だいぶ中身がしっかりしてきた実感があります。硬めに感じたフォームに安定味が加わり、走りの質もずいぶん向上しましたね。精神的にも落ち着きを増し、順調な成長がうかがえます」とコメントしていました。現在の馬体重470kgです。
2019/12/26
愛知ステーブル本場で育成中。現在はBTCのダートコース、直線コースなどを併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「BTCのダートトラックをメインにして、順調にキャンターの距離を延ばしています。前向きな性格ながら、調教環境にすっかり慣れ、乗り進めるごとに落ち着きを増しました。直線のウッドコースなど、様々な場所に連れて行っても、戸惑った様子は見せませんよ。もう調教後に脚元が浮腫んだりすることもなく、ボディーコンディションは安定しています。トモに負担がかかりやすい特徴は変わらないとはいえ、騎乗を継続しながら、辛い時期を乗り越えてくれました。動きに関しても、想像以上に良化が急です。鍛えて奥がありそうな感触があり、今後の変貌ぶりが楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重475kgです。
調教を進めるにつれて評価が増しているのは心強く、一族の名声を高める存在に育ってくれることでしょう。
2019/11/29
愛知ステーブル本場で育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ハミ受けや口向きを整えながら、角馬場でのダク、ハッキングを消化中です。本来は自慢のグッドルッキングホースながら、このところ疲れが蓄積するタイミングに差しかかり、トモに浮腫みが見られるものの、骨や筋のトラブルではありません。ウォーキングの動画を撮影した際、ちょうどピークに達していて、画面でもはっきりわかるほどでも、ご心配は無用です。その後に体調も上向き、既に目立たなくなりました。まだ気性的には幼く、テンションを上げがちですので、将来を見据えて丁寧なペースアップに努めていきますが、背中の感触からも確かな素質が伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は453kg。測尺は体高157.0僉胸囲181.0僉管囲20.5僂任后
今月に入って小休止しましたが、今後に与える影響は皆無とみられています。随所に資質の高さを感じるだけに、焦らずに乗り込んでいきます。
page top
page top