Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
カンデラの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2021/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ハロン14秒程度のメニューを織り交ぜながら、順調に坂路で乗り込めています。暖かい日が増えたことに伴い、体は10キロほど絞れましたが、健康状態に不安はなく、艶やかな皮膚感を保てました。肩回りやトモの筋肉が張り出し、ますますパワーアップした印象を受けます。相変わらずスピードの乗りも良好だけに、予定通り、夏前の入厩を目指せるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は493kgです。
大型馬ながら仕上がりが早く、順当にレベルアップが図れていることから、夏の北海道開催でのデビューを目標に進めていきます。
2021/03/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も坂路でしっかりと乗り込めました。ハロン14秒ペースまでスピードアップさせても、余力がたっぷり感じられます。硬めに映る歩様は変わらないものの、キャンターに移れば身のこなしに違和感など感じられません。中身が詰まってきた実感があり、筋肉量も増加して、着々と推進力を高めていますよ。今後の状態次第ではありますが、6月前後に入厩させる方向で、矢作先生と打ち合わせました」とコメントしていました。現在の馬体重は506kgです。
2021/02/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「コンスタントにハロン14秒程度までスピードを上げています。前さばきに硬さが残るとはいっても、トモの筋力が強化され、余裕の手応えでこなせるようになりました。健康状態も安定していて、体力的に堪えた様子は見せません。先日、状態チェックに来場した矢作先生も良化を感じ取り、夏の北海道シリーズあたりでデビューさせたいと話していました。十分に対応できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は506kgです。
2021/02/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「トモに緩さが残る現状ではありますが、メニューを強めて以降、むしろ歩様のぎこちなさが薄れ、ボディバランスが良化してきましたね。毛艶も上向き、健康面に不安はありません。ハロン15秒ペースも織り交ぜながら、しっかりトレーニングできています。着々と操縦性を高めていて、夏前くらいにトレセンへ移動できそうなレベルまで進歩していると言えるでしょう」とコメント。矢作調教師は「先週、北海道で見てきましたが、順調そのものですね。距離に限界があるタイプかもしれませんが、早期始動させるにはちょうどいいかもしれません。このまま進んでくれれば、自ずと夏場の始動を考えることになるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は510kgです。
2021/01/29
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「やや硬めのではあるものの、体力的には着々と強化されてきましたので、セーブ気味のペースだけでなく、日によっては坂路の2本目に15-15も織り交ぜています。体重が減少傾向にありますが、体調が落ちているわけではありません。馬体の張りは上々です。無駄肉が削がれ、むしろフォームが大きくなりましたね。反応の良さも目立ち、優秀なポテンシャルが伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は512kgです。
2021/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「依然として身のこなしに硬さが残っているため、ハロン16秒ペースにセーブして、坂路にてキャンターを継続していますが、脚元に不安は見当たりません。体質も強靭であり、疲れが蓄積してきた気配など感じられません。右肩上がりに体重が増えているとはいえ、徐々に無駄肉が削がれ、メリハリが付いたスタイルに変化してきました。成長に伴って前後左右のバランスが固まれば、いずれ柔軟性を増すでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は526kgです。
2020/12/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「健康状態は安定していて、旺盛な食欲も変わらず、一段と立派な体付きになりました。ただし、成長期によく見られる傾向として、一時的に全身のバランスが崩れていて、フォームに安定味を欠きがちですので、坂路ではハロン16秒程度を上限にして、あえて控えめなメニューの組み立てに努めています。そんななかでも、スタッフの高い評価は揺るぎません。大切に素質を磨いていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は524kgです。
成長段階にあるため、現在はバランスが崩れているものの、一時的なもので心配はないとみています。早期始動を目指す方針に変わりはありません。
2020/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「キャンターのペースを16~17秒まで上げており、変わらずに鍛錬を積み重ねています。急成長している段階で脚元への負担が増すタイミングにあり、腱が太くなったりしていますが、時期がくれば解消するもので心配はしていません。現在は成長段階でアンバランスに感じますが、春前にはガラッと変わってくる手応えを感じています」とコメント。矢作調教師は「先日、見てきましたが、逞しく成長していますね。こちらは2歳戦から始動できるでしょうし、新馬戦からエンジン全開といきたいところです」とコメントしていました。現在の馬体重は520kgです。
2020/11/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ここまでの調教進度としては十分すぎるくらいですので、先週は軽めの乗り込みにとどめました。今週から再び坂路2本のメニューに切り替え、ハロン17秒ペースのキャンターを順調にこなしていますよ。あっという間に飼葉を平らげ、ますます馬体がボリュームアップしました。大型馬だけに、まだ身のこなしに緩さが目立つとはいえ、それでも楽々と推進でき、確かな能力が伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は516kgです。
育成は至極順調に進んでおり、このまま順調に進めば早期始動も視野に入ってくることでしょう。
2020/11/13
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「ここまで順調に乗り込むことができましたので、今週はリフレッシュさせることになりました。我の強さを見せることもありますが、問題になるほどではありません。先週まで17秒ペースを上限に乗り込んできましたが、進んだ組に属していますし、早めに始動できるイメージを持っていますので、今後も順調に進められることを願うばかりです」とコメントしていました。現在の馬体重は512kgです。
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「場内の1歳では最も調整が進んだグループに属し、順調に坂路でのキャンターを消化中です。ハロン17秒までスピードアップしても、手応えに余裕があるうえ、操縦性の課題など見当たらず、とびきりの優等生といえるでしょう。ただし、成長期による見られる傾向として、若干、身のこなしに硬さが感じられるようになりました。周回コースで入念に乗り込む日も設け、きちんとバランスを整えていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は504kgです。
硬さも感じられるようですが、成長段階に多く見られるだけに、心配には及びません。
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路入りしてから1ヶ月が経過しましたが、ハロン18秒ペースのキャンターも継続しており、疲労感等は一切なく順調のひと言です。ドレフォン産駒は気性面や体質に悩まされることが少ないですし、本馬も性格が良くて体もしっかりしています。早めに始動することができそうなタイプですね」とコメントしていました。現在の馬体重は502kgです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「同期に先駆けて馴致を終え、8月末より坂路にてハロン18秒ペースのキャンターを開始しました。調整進度だけでなく、動きもしっかりしていますよ。文句なしの健康体を保ち、乗り進めながらも、この2ヶ月で体重が20圓眩加しました。前向きな気性に加え、現時点でも逞しい筋肉の持ち主であり、スピードとパワーを兼備した競走馬に育つでしょうね。いかにも早めから始動できそうなタイプだと感じていますので、順調に進めていけるようにしたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は492kgです。
セレクトセール時から一回り大きくなり、期待通りの成長を見せています。現場サイドの評価も高く、早期始動を意識させる充実ぶりです。

測尺:体高157.0僉ゞ三183.0僉ヾ桧21.5
page top
page top