Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ベットーレの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2021/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「少し体が細めになりましたので、中間に1週間、リフレッシュ期間を設けました。しばらくは繊細さが残る心身に配慮して、ハロン15秒手前にセーブしたいと思っていますが、坂路でのキャンターを再開させてからも、イライラした素振りが目立たなくなり、健康状態も上向いています。成長の速度はゆっくりめでも、機敏な反応に見どころがありますので、いずれ頭角を現してくるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は441kgです。
2020/12/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ背腰に弱さを抱えていますので、軽めの乗り込みに止める日を設け、ショックウェーブで治療を施しながら調整を進めています。坂路ではハロン16秒くらいを上限にしていますが、だいぶ体幹がしっかりして、フットワークに安定感を増しました。精神的な幼さも薄れつつあり、カリカリした仕草は見せません。今後も本馬向きのメニューを工夫して、非凡な才能を伸ばしていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は443kgです。
課題は残るものの、坂路では弾力性のあるフットワークを披露しており、資質の高さを存分に感じさせています。
2020/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この中間も坂路で17秒ペースのキャンターを中心に乗り込んでいます。精神面や脚元で気になる点はありませんが、背腰に疲労がたまりやすく、リフレッシュを交えながらの調整です。しかし、日にち薬になりそうな印象ですし、成長度合いを見ても幼さが残るだけにじっくり焦らずに育てるべきでしょう。身体能力の高さは感じていますので、丁寧に素質に磨きをかけていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は450kgです。
2020/11/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路をメインにして、順調にキャンター調整を継続しています。落ち着いた精神状態を保ち、着々と操縦性を高めてきました。まだ背中の感触に頼りなさが残っているうえ、体質も繊細であり、もっとトップラインをボリュームアップさせたいところですので、ハロン17秒程度を上限にしていますが、疲労が蓄積してきた気配はありません。成長を促すように配慮しながら、今後も丁寧に心身を磨いていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は449kgです。
育成が進むにつれてサトノアラジン産駒の評価が高まってきており、期待値はさらに高まっています。
2020/11/13
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「皮膚病は治まっているのですが、まだ体力面の課題が残りますし、背腰に疲れが残ることもあり、加減しながらの調整にとどめています。それでもハロン18秒台の調教も行っていますし、これからしっかりとしてくるでしょうからね。まずは焦らずに基礎を固めていく予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は455kgです。
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコースを中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「しばらくはトレッドミルでの運動に切り替え、背中の皮膚病が癒えるのを待っていましたが、騎乗しても差し支えない状況となりました。安定した健康状態を保ち、馬体はずいぶんボリュームアップしています。ちょうど良いリフレッシュとなり、グンと落ち着きを増しましたね。まだ周回コースでじっくりと乗り進めている段階ながら、フォームのバランスに気になるところはなく、伸びやかに四肢を伸ばせていますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
半兄のグロリアムンディ(父キングカメハメハ)がデビュー戦を快勝し、来年のクラシック候補との評価も見られました。兄とともに母の名を広める走りを期待したいところです。
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシン、トレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「坂路で17~18秒ペースで順調に乗っていましたが、背中に皮膚病が見られることから、リフレッシュも兼ねて騎乗運動はお休みさせることになり、今週からウォーキングマシンとトレッドミルでの運動に切り替えています。元々背腰が敏感でしたので、ここでスッキリさせてあげることが今後につながるはずです。トレッドミルは初めてで慣らしの段階ですが、問題なく対応してくれています。サトノアラジン産駒は総じて評価が高いですし、本馬も好素材と言える1頭です」とコメントしていました。現在の馬体重は450gです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「学習能力が優秀であり、馴致を短期間で終えました。牝馬だけにシャープなシルエットだとはいえ、馬体もしっかりしています。ノーザンファームYearlingより移動後、2ヶ月が経過したところですが、早くも体重は20キロほど増えました。トラックでの乗り込み量を増やしても、体力的に堪えた様子など見せません。既に坂路ではハロン18秒ペースのキャンターも消化していますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は445kgです。
安田隆行調教師は「月曜日に見てきましたが、筋肉の質や身のこなしがとても良く、かなりの素質を秘めていると感じます。セラスチュームも含め、良い馬を託していただけることに感謝したいです」と期待を寄せていました。9/13(日)には同日で東西の重賞を制すなど、今年も着実に実績を積み重ねている安田隆行厩舎。本馬にも大きな貢献をする存在になってほしいと期待しています。

測尺:体高156.0僉ゞ三177.0僉ヾ桧20.0
page top
page top