Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
アンジェリックの2019   [入厩馬 / 愛知ステーブル小松分場]
2021/01/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在はウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「記録的な大雪の影響で角馬場は雪に覆われてしまいましたが、コースと坂路は屋根付きですので影響を受けることはありません。連日、坂路2本のメニューを組み立て、しっかり乗り込めています。そろそろリフレッシュを挟むことも視野に入れていましたが、健康状態に不安はありません。旺盛な食欲は変わらず、馬体に幅を増してきましたね。現時点でもセンスの良さが伝わってきます。ハロン25秒から17秒の範囲でスピード調整していますが、スムーズに抑えが利き、手綱を緩めれば自らハミを取ってくれ、着々と操作性か高まってきましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は473kgです。
2020/12/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。引き続き角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も毎日、坂路を2本、順調に乗り込めました。ペース的にもハロン17秒まで上げていますが、飼食いが落ちたりせず、精神面も素直なままです。年内には15-15を課せるのではないでしょうか。ただし、まだトモが高い幼児体型であり、シャープな体付きも変わりません。来月になったら、さらに成長を促すべく、プール調整も取り入れて、いったんリフレッシュを図る予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は464kgです。
進めるにつれて俊敏な脚捌きが目に付くようになっており、完成された際にはどのような走りを見せてくれるのか楽しみでなりません。
2020/12/15
愛知ステーブル小松分場で育成中。この中間も角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路入り後の調整も順調ですし、体調面や脚元に異常はなく、上々のコンディションを維持しながら毎日のトレーニングを継続することができています。現在は1ハロン18〜20秒ペースを基本として、毎日2本前向きな姿勢としなやかなフットワークで駆け上がっており、順調そのものです。身体能力の高さを感じていますし、この調子で長所を引き出していければと思っています」とコメントしていました。
2020/11/25
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場、ウッドチップコース、坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ウッドチップコースでのハッキングに加え、坂路でのキャンターを開始しました。もう少し馬体に幅を出したいところであっても、疲れた様子などうかがえず、良好な張り艶を保ち、健康状態に不安はありませんよ。ハロン20秒ペースを基本として、連日2本、ゆったりと走らせている段階ながら、すっかり調教環境に慣れ、集中力が高まってきましたね。伸びる余地をたっぷり残した状況だけに、今後の変わり身が楽しみでなりません」とコメントしていました。現在の馬体重は457kgです。
毎日古馬と一緒に鍛錬を重ねており、心身の成長が感じられます。
2020/11/13
愛知ステーブル小松分場で育成中。現在は角馬場とウッドチップコースで軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「だいぶ環境に慣れてきましたし、角馬場でのダク、ハッキングもスムーズに行えるようになってきましたので、中間からウッドチップコースでの調教も開始しました。気性的に勝気な性格ではありますが、ここまでは問題なくステップアップできていますし、柔軟性に富んだ動きが目につきますね。古馬に混じって調教しており、体力はもちろんのこと、度胸も据わってくるはずですよ」とコメントしていました。
2020/10/28
10/24に愛知ステーブル小松分場に移動して育成中。現在は角馬場を中心に軽めの騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「先週末に北海道の愛知ステーブル本場より到着しました。輸送熱なども見られず、体調は良好です。若干、体重は減りましたが、きちんと飼葉を完食していますので、乗り進めながらも回復に向かうでしょう。こちらの調教環境に慣らしながら、早速、角馬場でのハッキングを開始しました。精神的にも落ち着いていて、忠実に指示を守っていますよ。軽めの運動でも身体能力の高さは感じさせていますし、楽しみな逸材です」とコメントしていました。現在の馬体重は460kgです。
腰が高くて現状はアンバランスに映りますが、伸びしろが多い証拠でもあるので、今後どういう進化を見せてくれるのか期待は尽きません。
2020/10/15
愛知ステーブル本場で育成中。現在はパドック放牧を行っています。
担当スタッフは「ブレーキングや調馬索を無事に終え、ロンギ場でのハッキングまで進めていたのですが、今週に入って熱発したことから、リフレッシュを兼ねて休養させています。熱は下がりつつありますので、状態を確認しながら騎乗運動再開のタイミングを図る予定です。当初のイメージよりも従順ですので、気性面で苦労することはありません。ややクビの硬い面が見受けられるので、その点は意識して取り組んでいきます。体調が回復し、進められる状態になってから小松に移動する予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は470kgです。
2020/09/29
愛知ステーブル本場で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンでの運動を消化しています。
担当スタッフは「当場に移動して日が浅いため、環境に慣らしながらウォーキングマシンでの運動を消化していますが、若駒らしく元気さにあふれ、身のこなしは俊敏です。時折、気の強さを垣間見せるとはいえ、扱いに苦労することはありません。ハミや鞍の装着を覚えさせている段階ながら、ブレーキングもスムーズに進行していますよ。来月後半に本州の小松分場へ移動して育成を進める予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は465kgです。
菊沢調教師は「しっかりとした馬体の持ち主で、トモの筋肉の付き方をはじめ、高評価につながるポイントが多いですね。現状は成長段階でバランスが崩れていますが、将来性を感じています」と期待を寄せていました。

測尺:体高157.0僉ゞ三178.0僉ヾ桧20.0
page top
page top