Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ジュベルアリの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2021/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「1ヶ月以上もハロン14秒ペースのメニューを継続してきましたが、溌溂とした雰囲気を保ち、馬体の張りも良く、高いレベルで状態は安定しています。小柄ながらも、芯がしっかりと入り、フォームにぶれがなく、反応の良さも変わりません。ゴールデンウイークあたりにはノーザンファームしがらきへ移動のうえ、入厩に備える方向で、橋口先生とも打ち合わせました」とコメントしていました。現在の馬体重は432kgです。
馬体重こそ減少していますが、ここ最近は評価が高まっており、期待も自ずと高まってきました。先週の毎日杯(G3)に出走した母の半弟シャフリヤールは、従来のコースレコードを0秒5更新する1分43秒9のレコードタイムで制し、クラシック戦線の主役候補に名乗りを上げています。
2021/03/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「遅生まれということもあり、以前は成長待ちの印象が強かった馬ですが、年明けから目覚ましく進歩を遂げ、同期に追い付き、追い越しそうな勢いです。この間もしっかりと坂路での15-15を積み重ねることができました。コンパクトな体付きは変わりませんが、ギュッと中身が詰まり、全体のバランスも整い、実際の体重より大きく見せますね。体幹もしっかりとしていてバネを感じるフットワークも魅力的です。橋口先生とも相談していますが、短距離向きのスピードタイプと見て、夏の北海道や小倉あたりでのデビューを目指していくことになりました。現状の雰囲気からすれば十分に対応できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は438kgです。
2021/02/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ハロン14秒ペースも織り交ぜながら、順調に乗り込めています。コンパクトなスタイルは変わりませんが、張り艶の良さが目立ち、体調面に不安はありません。キビキビと動け、ますます反応が良化してきました。きちんと抑えも利き、コントロールは容易です。今後の状態次第となりますが、橋口先生とは6月あたりに栗東へ移動させる方向で打ち合わせました」とコメントしていました。現在の馬体重は430kgです。
2021/02/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「子供っぽさが残る現状ではありますが、じわじわと体重が増え、スタイルのバランスも均整が取れつつあり、順調な成長がうかがえます。積極的に坂路での15-15を消化していても、快活な雰囲気を維持し、飼食いも落ちたりせず、疲れが蓄積してきた気配はありません。焦るつもりはありませんが、この調子であれば、夏前あたりの入厩を相談できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は440kgです。
2021/01/29
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「コンパクトな馬体に負担をかけないよう、慎重なペースアップに努めてきましたが、馬体減には至っていません。息遣いの荒さも薄れ、中身の充実が著しいですね。坂路での15-15を開始しました。ますます反応が良化していますよ。これからも成長を妨げないよう、状態を優先させて調整を進めますが、この調子で進歩していけば、そこまでデビューが遅れることはないのかもしれません」とコメントしていました。現在の馬体重は437kgです。
2021/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「成長を促すべく、1週間ほどリフレッシュ期間を挟んだうえ、先週より坂路入りを再開させました。狙い通りに体が増え、健康状態は良好です。小柄ながら全身を無駄なく使えるようになり、フォームに伸びやかさが加わってきましたよ。まだハロン16秒を上限にしていますが、常に手応えは楽であり、確かな身体能力が伝わってきます。大切に育てていけば、大成も可能な器ではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は437kgです。
2020/12/25
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン16秒ペースのキャンターを継続しています。成長の余地をたっぷり残すだけに、今後も無理のない範囲でメニューに強弱を付けていきたいと思いますが、Yearlingからの移動が遅かったのにもかかわらず、休まずにトレーニングを重ねることができ、同期に追い付き、追い越しそうな勢いで進歩していると言えるでしょう。現時点でも反応の良さが目立ち、スタッフの評価も上昇する一方です」とコメントしていました。現在の馬体重は427kgです。
まだまだ成長の余地を残す現状ですが、しなやかなフットワークが目につくだけに、今後の成長から目が離せません。
2020/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「お伝えしているように、やや奥手の馬と見込んでおり、成長を阻害しないように進めています。今週はリフレッシュを挟みながら調整していますが、坂路ではハロン16~17秒までキャンターのペースを上げている段階です。馬格的に非力さが残るのは仕方がないのですが、天性のしなやかさやバネから非凡な素質の持ち主だと感じていますので、これからも焦らずにじっくりと進めていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は426圓任后
2020/11/25
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン20秒ペースのキャンターを開始しました。まだ体型や性格が幼く、これからの成長が多く見込める状況ながら、健康状態は良好であり、常に元気いっぱいです。問題なくペースアップしていけるでしょう。サイズは小さいといっても、いかにもモーリス産駒といった体付きであり、外見以上に乗り味がしっかりしているうえ、母父ディープインパクト譲りの軽さやバネも伝わってきますね」とコメントしていました。現在の馬体重は425kgです。
まだ伸びしろが多く残る現状で、高い身体能力を示しているだけに、焦らずに成長を促しながら進めていきます。
2020/11/13
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「まだ成長途上の段階にありますので、意識的に他馬よりもゆったりとした調整を行っていますが、この中間から馬場、坂路にも入り始めていますよ。現状は、心身とも牡馬にしては頼りないのですが、負荷を強めている段階で体が増えてきているのは歓迎材料ですし、バネを存分に感じさせる動きは魅力的ですね。素質の高さを感じるだけに、焦らずにじっくりと育てていきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は421kgです。
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。現在は馴致を行うとともにウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を消化しています。
担当スタッフは「ノーザンファームYearlingより空港牧場の調教厩舎に移り、先週より騎乗馴致を開始しました。一瞬の反応が鋭く、非凡な運動神経が伝わってきますが、この母系に共通するピリピリしがちな性格の持ち主だけに、丁寧に時間をかけて基本を教え込んでいきたいですね。男馬にしては華奢ながら、とても健康的であり、飼い食いも旺盛ですので、どんどん成長を遂げるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は415kgです。
先週の新馬戦で母の全弟にあたるシャフリヤールが快勝。この一族からまた新たなスターの誕生を予感させます。
2020/10/15
ノーザンファームYearlingで育成中。現在はウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「遅生まれということもあり、現在もYearlingでの育成を行っています。この血統は奥手の傾向が強く、本馬も同様に感じていますので、まずは成長を促すことを優先させたいですね。それでも遠くないうちに空港牧場に移して騎乗馴致を開始することになると思います。豊かな素質が感じられる馬ですし、じっくりと進めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は419kgです。
2020/09/29
ノーザンファームYearlingで育成中。現在はウォーキングマシンとトレッドミルでの運動を行っています。
担当スタッフは「まもなくノーザンファーム空港へ移動のうえ、騎乗馴致を開始する予定です。牡馬としては小柄であり、遅生まれで成長の余地をたっぷり残す状況を踏まえ、焦らずに調整を進めたいと思っていますが、ウォーキングマシンで常歩の時間を延ばし、トレッドミルでは駈歩の速度を上げていても、快活な雰囲気は変わりません。イメージ以上に芯が強いですね。おじのアルアインも育成を進めてからグングンと大きくなりましたが、本馬にも同様の雰囲気を感じますし、今後の成長によりガラッと変わってくると思います」とコメントしていました。現在の馬体重は420kgです。
他のスタッフからは「ここ最近はモーリス産駒の勝ち上がりが目立ちますが、セレクトセール時は産駒の評価が定まっていませんでしたからね。馬の成長も相まって今セリに出したら少なくとも倍以上の評価になるのではないしょうか。こちらとしては誤算ではありますが、かなりお買い得だったと思います」との声も聞かれました。

測尺:体高154.5僉ゞ三173.5僉ヾ桧20.0
page top
page top