Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ヒアーズトウショウの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2021/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ハロン14秒ペースのスピードメニューを織り交ぜながら、順調に坂路でのキャンターを消化しています。積極的に負荷をかけても、堪えた様子など見せません。晩成だったトーセンジョーダン産駒らしい個性であり、現状では気合い乗りに物足りなさを感じるとはいえ、すでに早めのデビューにも対応できる体力は備わっています。大竹先生と打ち合わせている通り、夏前の入厩を目指せるでしょう」とコメント。大竹調教師は「先日、北海道で見させていただきました。着実にレベルアップし、期待通りに成長してくれています。5月ぐらいに連れてきたいと思っており、芝でのデビューを考えたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は498kgです。
2021/03/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「メニューをワンランク強化し、坂路にてハロン14秒ペースまでスピードを上げ始めました。しっかり乗り込んでも体調は安定しています。もうひと絞りしたい体付きであり、まだ瞬時の加速が不得手な印象ながら、徐々にトモの緩さが改善されつつあり、動きに力強さを増しました。気持ちの部分でも落ち着きを保ち、調整に苦労はありません。もう少し引き締まってくればもっと楽に動けるようになるはずですし、さらなるコンディションアップに努めていきます。5月頃の入厩をイメージしながら進めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は497kgです。
2021/02/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「しっかりと基礎体力が備わり、安定して健康体を保てているのは心強いですよ。性格的にも大人っぽく、操縦性に難しさはありません。すべての面で十分なレベルに達しているうえ、焦るタイミングではありませんので、ハロン15秒を上限にしてメニューを組み立てていますが、この間も豊富な調教量を消化できました。6月前後に入厩させる方向で、大竹先生と打ち合わせています」とコメントしていました。現在の馬体重は497kgです。
2021/02/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「コンスタントに坂路での15-15を消化しています。ゆったりした精神状態を維持しているうえ、体力的にも安定していて、調整を手控える必要がありませんね。スピード色が強い母系ながら、スタミナやパワーを兼備した個性に思われますので、デビューの目標は番組との相談となるでしょうが、夏前あたりにはトレセンへ移動できそうな調整進度にありますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は492kgです。
2021/01/29
ノーザンファーム空港で育成中。中間にトレッドミルの運動に切り替えましたが、騎乗運動を再開し、現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「体調が落ちたわけではないのですが、十分な調教進度に達しましたので、いったんリフレッシュ期間を設けました。本馬が在厩する馬房はトレッドミルが併設されていませんので、これまで利用する機会がなく、いまのうちに慣れさせるのも目的の一つです。坂路入りを再開させてからも、動きの良さが目を引き、スタッフの高い評価も変わりません。すでにハロン15秒ペースのメニューも課していますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は493kgです。
2021/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「走るフォームに安定感があり、現時点でも完成度の高さが自慢です。この間に体重が減少したとはいえ、骨格にふさわしい数字であり、このままフレームは固まるでしょうね。坂路にて順調に15-15を積み重ねていますが、堪えた様子など見せず、体調面に不安はありません。乗り出す前に骨折するアクシデントに見舞われたとはいえ、症状は軽度でしたし、手脚が丈夫なのもセールスポイントです」とコメントしていました。現在の馬体重は493kgです。
2020/12/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を開始しました。とても健康的であり、精神的にもしっかりしていて、状態は高いレベルで安定しています。しっかり負荷をかけながらも、一段とボリュームアップしました。パワーやスタミナの向上が著しいですね。長めの条件が合いそうなイメージが強まってきましたので、番組との相談となるかもしれませんが、早期のデビューにも難なく対応できるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は502kgです。
当初に抱いていたイメージが崩れ去り、いまでは世代を牽引する動きや進行度を見せています。早期始動を視野に入れて積極的に乗り込む予定です。
2020/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「メインはハロン16秒ペースのキャンターですが、15秒に近いラップを刻むことも増えてきました。馴致前は骨折した経緯もありましたし、硬さや体質が弱いのかもしれないと感じさせたこともありましたが、心配はすべて杞憂に終わりましたね。ここまでリフレッシュ以外に休ませたことはなく、まさに健康優良児です。動きもしっかりとしていますし、振る舞いもどっしりとしています。これだけ乗れていれば、この先に大きく崩れる心配は低そうです。新たな出資馬を検討している会員様にお薦めしたいですし、ご検討いただきたいと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重は488kgです。
2020/11/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「調教進度だけでなく、動きの質でも同期を一歩リードしています。坂路にてハロン16秒までキャンターのスピードを上げました。騎乗を開始する前、軽い骨折に見舞われ、行動範囲を制限して管理した期間がありましたので、ここまで急速に進歩するなんて、うれしい誤算です。パドック放牧中は孤独に耐えているだけに、他馬に影響されたりせず、自立心も備わりました。とても乗りやすく、文句なしの優等生です」とコメントしていました。現在の馬体重は488kgです。
順調度に加え、迫力に満ちた動きも魅力で、進めるにつれて期待が高まってきました。
2020/11/13
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「Yearlingでは骨折を経験した経緯もあるだけに、他馬以上に慎重に進める方針でしたが、ここまでは順調という以外にありません。一番早い組で調教を進めており、良い意味で裏切られました。休ませる理由もないですからね。いまでは不安材料はまったくないですし、乗りながらグンと体も増えているように成長力の高さも感じており、この調子で進めていければ早期始動も可能でしょう。坂路ではハロン16~17秒ペース、3ハロンで50秒台のラップも刻んでおり、この調子で上積みを求めていきたいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は498kgです。
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路でのキャンターを積み重ねています。ハロン17秒ペースのメニューまでクリアでき、調整は順調そのものと言えるでしょう。依然として腹周りに余裕があり、外見的には幼さが前面に出た状況ながら、イメージ以上に手先は軽く、キビキビと動けていますよ。体力の向上は明らかであり、疲れなど見せません。鍛えて味があるタイプだけに、今後の変貌ぶりが楽しみですね」とコメントしていました。現在の馬体重は481kgです。
骨折の影響はまったく感じさせず、当初の見込みよりも順調に調整が進んでおり、これからのさらなる成長が楽しみでなりません。
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「放牧中の骨折で少し遅れることを想定していましたが、まったくそんなことはなかったですね。坂路で17~18秒ペースで乗っていますし、進行度はむしろ早い組に属しています。骨折の影響で他の馬よりも1頭で過ごすことが多かったこともあるのでしょう、他馬に依存せず、自立した性格で1頭でも寂しがったりすることもないですし、通常では躊躇してしまうような場面でも臆することがありません」とコメントしていました。現在の馬体重は475kgです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「放牧地で左膝を打撲し、副手根骨を骨折した経緯があるのですが、順調に回復し、調整に支障はまったくありません。ノーザンファームYearlingより移動したのは8月中旬でしたが、スピーディーに馴致を終え、段階的にメニューを強化できています。トラックでのハッキングとともに、坂路入りも開始しました。まだ身のこなしに緩さが目立つとはいえ、力強く推進していますよ」とコメントしていました。現在の馬体重は482kgです。
大竹調教師は「骨折といっても軽微な部類で気にする必要はなく、実際に馴致は順調に進みましたからね。その点は心配していません。緩さがあり、本格化には相応の時間が必要なタイプですが、期待は大きいですよ。セリの時にとても気に入った馬で、幸運にもライオンさんが落札し、実際にやらせてもらえることになったので、なんとしても結果を出したいと思っています」と今後への展望や期待を語っていました。

測尺:体高160.0僉ゞ三181.0僉ヾ桧20.5
page top
page top