Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
スウェアトウショウの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「現状はまだコンパクトな体付きではありますが、調教開始後は至って順調に調教を進めることができており、坂路では18~19秒のキャンターを消化しています。手のかからない馬ですし、キビキビとした素軽い動きは好印象です。まだまだ良化の余地がのこる現状ですが、ドレフォン産駒は早めに始動していけそうな感触がありますし、この先も順調に乗り込めるようにしていきたいと思っています」とコメントしていました。現在の馬体重は429kgです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコースを中心に騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「繊細さが前面に出た現状に配慮して、8月末より馴致を開始したのですが、賢い馬であり、飲み込みは早く、順調に騎乗を立ち上げることができました。現在は周回コースを中心にハッキングを行っています。安定した体調を維持でき、飼葉もしっかり食べていますので、どんどん成長するでしょうね。スピード豊かな血統背景なうえ、母の父ディープインパクトらしい柔軟性やバネも伝わってきます」とコメントしていました。現在の馬体重は428kgです。
加藤士津八調教師は「父は初年度産駒ですので、こうだとは断定できませんが、本馬はしなやかで柔軟性に富み、機敏な動きを見せているようにディープインパクトの良さが出ていますね。母系の長所を引き出す種馬なのかもしれません。これだけの馬を託していただきましたので、結果を出して恩返しがしたいですね」と評価していました。加藤士津八調教師は、先週末に5頭の2歳馬を出走させ、2頭が新馬勝ちを果たし、その他2頭が2着に入っているように、ブレークを予感させます。その新進気鋭の若き指揮官も大きな期待を寄せる1頭です。

測尺:体高154.5僉ゞ三176.0僉ヾ桧20.0
page top
page top