Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
クロフォードの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「すべての面でバランス良く進歩している印象です。この間も順調に坂路でのキャンターを継続できました。スピード的にはハロン17秒を上限にしていますが、楽な手応えで消化できるうえ、コントロールにも気を遣う必要がありません。体力的な余力がたっぷりあり、張りの良さも目立ち、健康面は高いレベルで安定しています。さらにメニューを強化していけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は476kgです。
育成を開始してから担当者の評価は高まる一方で、期待値も自ずと高まってきました。
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「引き続き順調に乗り込めており、進んだ組で育成が進められています。体も立派ですし、乗り込みは順調そのものです。現在はハロン17~18秒台のキャンターも行っており、気性面や脚元に不安点は感じさせません。牝馬でありながら、乗り込んでいるにも関わらず体がどんどん増えてきているのは素晴らしいですね。牝馬にありがちな、『体が減ってしまうのでリフレッシュ』ということはほとんどないかもしれませんね。成長度で他馬を一歩リードしていると言えるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は479kgです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「健康体を保ったまま、スムーズに馴致を終え、既に坂路ではハロン18秒ペースのキャンターを開始しました。スムーズにコントロールが利き、大人びた走りです。いまのところ問題点など見当たりません。牝馬ながら骨量が豊かであり、皮膚感も黒光りして、実際の体重よりも重厚感があります。現状でもしっかりと体力が備わっていますので、今後も同期をリードする1頭であり続けるでしょう。この一族は気性がネックですが、拍子抜けするぐらいに従順で素直な振る舞いを見せています。いまから早めの始動を意識させられる存在です」とコメントしていました。現在の馬体重は462kgです。
松永幹夫調教師には数頭の募集馬の中から本馬をチョイスしていただきました。母系は気難しさがあるとの評価ですが、本馬は難しいところを見せておらず、この血統を熟知する松永師の手腕も大きな後押しです。

測尺:体高157.0僉ゞ三180.0僉ヾ桧20.0
page top
page top