Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ホワイトローズ兇2019   [入厩馬 / 社台ファーム]
2021/01/15
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「トラックで周回を重ねるとともに、隔日に坂路入りし、週に2回、キャンターを2本、コンスタントに消化しています。年末にはラストをハロン15秒まで伸ばしましたが、楽な手応えで走り切れましたよ。慎重な状態把握に努めても、反動など感じられません。体重は増加傾向にあっても、無駄肉が削がれ、トモの筋肉に張りを増し、一段と見栄えがするスタイルになりましたね」とコメントしていました。現在の馬体重は558kgです。
2020/12/25
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「週に3日は直線コースに入り、ハロン16秒程度までスピードを上げているうえ、週1回は2本、登坂しています。他の日も長めにトラックで乗り込み、かなりの負荷をかけていても、体力的に堪えた様子などうかがえませんね。旺盛な食欲も変わらず、体重が増加傾向にありますが、適度に余裕を感じる程度であり、骨格にふさわしい筋肉が備わりつつあります。ダイワメジャー産駒らしく、いい意味での敏感さもあり、ますます反応が上向いてきましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は554kgです。
体重は増加していますが、それほど太め感はなく、成長しているものと解釈しています。坂路で見せる推進力あふれるフットワークは魅力的です。
2020/12/15
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「同様のメニューで順調に乗り進めることができています。大柄な馬ですし、背腰に緩さがあるものの、走るフォーム自体には安定感が出てきました。腰の力を強化し、トモの踏み幅を上げていければ、自ずと伸縮性の高いフォームで動けるようになるはずです。様子を見ながら1日に坂路を2本登坂するメニューへと移行したいと考えています」とコメントしていました。現在の馬体重は538kgです。
2020/11/25
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「順調にトラックでの周回を重ねるとともに、週3日は直線コースにてハロン18秒ペースのキャンターを消化しています。まだまだ成長期にあり、一段と迫力ある馬体となりました。大型馬だけに、現状は器用に小脚を使えないとはいえ、イメージ以上の俊敏さがあり、スピード調整は楽ですよ。これからサイズにふさわしい筋肉が備わってきたら、破格のパワーも際立ってくるでしょうね」とコメントしていました。現在の馬体重は538kgです。
大型馬にありがちな重苦しさは一切なく、推進力あふれるフットワークが目を引きます。
2020/11/13
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「週に2~3回は直線坂路に入れ、それ以外の日は馬場で騎乗者とのコンタクトをしっかり取るように心がけています。大型馬の割には、背中を中心に、体に見合った筋肉が備わりきっていない印象を受けますし、来場された吉岡先生も同様の感想を述べておられました。今後はそのあたりの強化を重視したいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は530kgです。
2020/10/28
社台ファームで育成中。引き続きトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「周回トラックとトレッドミルで調整を積みながら、1日置きに坂路へ入れ、ハロン20秒から18秒くらいのペースで乗り込んでいます。余裕があった馬体が引き締まり、精悍な雰囲気に変化してきました。現時点でも体に緩さを感じませんね。しっかりした骨格の持ち主だけに、一歩一歩に力感があるうえ、ダイワメジャー産駒らしい軽快さも兼ね備えています」とコメントしていました。現在の馬体重は520kgです。
馬体は減少しましたが、無駄肉が削げたものと捉えています。スピード調教でどんな走りを見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。
2020/10/15
社台ファームで育成中。この中間もトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび直線坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「騎乗開始してから順調そのものです。週に2回ほど直線坂路で18秒のキャンターを行うなど、問題なく乗り込めていますし、まったくへこたれる様子がありません。基礎体力が備わっているのでしょうね。大型馬で骨太で丈夫な印象ですし、重苦しさがないのも良いですね。吉岡先生も期待してくださっていますので、将来に向けてしっかりと乗り込んでいきたいと思います」とコメントしていました。現在の馬体重は535kgです。
2020/09/29
社台ファームで育成中。現在はトレッドミルによる運動と周回ウッドバークコースおよび坂路での騎乗調教を行っています。
担当スタッフは「馴致の過程をスムーズに卒業しました。コースに慣らしながら、ハッキングを行っています。トラックだけでなく、週に3回、坂路入りを開始しました。調整進度が早いうえ、走りも大人びていますよ。筋肉量が豊富な大型ながら、徐々にピリッとした気持ちに変化して、重苦しさを感じません。パワーはもちろん、優秀なスピード能力も秘めているのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は530kgです。
吉岡調教師は「1頭目からセレクトセール出身でこのような馬をお預けいただき光栄です。体を使い切れるようになれば相当なスピードがありそうな馬ですし、期待しております」と期待を寄せていました。

測尺:体高164.0僉ゞ三188.0僉ヾ桧21.5
page top
page top