Main Visual
レポート
  他の所属馬のレポートを表示します。
ビアンカシェボンの2019   [入厩馬 / ノーザンファーム空港]
2021/03/31
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路にてハロン14秒ペースのスピードメニューも織り交ぜながら、順調に乗り込めています。体調の変動は少なく、反応の良さも変わりません。先日、田中先生が来場し、状態をチェックしてもらいましたが、順調な進歩に目を細めていましたよ。5月に入ったら栗東へ移動させたい意向でしたので、期待に応えるべく、この先も適切な状態管理に努めていきます」とコメント。田中克典調教師は「相変わらず順調に乗り込んでいただいていますし、いいイメージのままステップアップできていました。期待馬ですので、まずは自分の目の届く栗東トレセンでゲート試験をクリアさせたいと思っていますが、北海道開催でのデビューを目指していきたいと考えております」とコメントしていました。現在の馬体重は455kgです。
2021/03/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「積極的にハロン15秒までラップを上げながら、しっかりと坂路でのキャンターを継続できています。体力的に消耗した様子などなく、この間も溌溂とした雰囲気を保てました。過剰にテンションを上げてしまうこともなく、コントロールに苦労はありません。上の産駒は気性面で苦労することもありましたが、本馬はそういったことがなく、扱いに困ることはないですね。5月か6月あたりに入厩させ、北海道でのデビューを目指す方向で、田中先生とはイメージをすり合わせています」とコメントしていました。現在の馬体重は458kgです。
2021/02/26
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路での15-15を織り交ぜながら、順調に調整されています。脚元もすっかり固まり、健康状態も安定していて、特に不安点は見当たりません。反応に関しても、着々と良化しています。先日、来場した田中先生は、夏の北海道シリーズでのデビューを視野に入れたいと話していました。このまま調整が進めば、十分に対応できるでしょう。さらにペースを上げていきます」とコメント。田中克典調教師は「先日、馬を見させていただきました。脚元の不安も解消していますし、育成は軌道に乗ってきて見た目もさらに良くなってきました。私、そして厩舎の期待馬でもありますので、全力で取り組む所存です。今後も順調に育成が進むようであれば、夏場の始動を検討したいと思っております。出資会員の皆様、ご声援よろしくお願いいたします」とコメントしていました。現在の馬体重は467kgです。
2021/02/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も順調にキャンター調整を継続できました。肉体的に苦しい時期を乗り越え、十分な基礎体力が備わってきましたので、気持ちの部分にも変化が表れ、前向きにハミを受けています。ハロン15秒ペースまで加速させても、手応えに余裕が感じられるようになりましたよ。このままペースアップできたら、夏前あたりに栗東へ移動できるのではないでしょうか」とコメントしていました。現在の馬体重は473kgです。
2021/01/29
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「丁寧な基礎固めが実を結びつつあり、最近の良化度が著しい一頭ですよ。健康面に不安はなく、右前の状態もすっかり落ち着きました。順調にメニューを強め、坂路にて15-15を織り交ぜていますが、ずいぶん引き締まったスタイルとなり、着実に反応は上向いていますよ。背中に安定感を増し、ファームが伸びやかに変化してきました。この調子でステップアップしてほしいですね」とコメントしていました。現在の馬体重は473kgです。
2021/01/15
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「周回トラックで長めを乗り込むとともに、坂路ではハロン17秒ペースでのキャンターを消化していますが、もう捻挫した右前に不安はありません。まだ能力を隠しているように感じられ、前進気勢が不足気味であっても、もともと体質が強靭なだけに、健康状態も安定していて、再びペースを上げても涼しい顔で走り切れていますよ。さらにメニューを強化していけるでしょう」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
2020/12/25
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「腫れが見られた右前の球節に関しては、念のためにレントゲンやエコーでの検査も行いましたが、骨や筋に異常はありません。先週まではウォーキングマシンとトレッドミルでの運動のみにして、慎重に経過を観察しましたが、短期間ですっきりした状態に戻りました。控えめの内容からキャンター調整を再開させた段階ながら、身のこなしはスムーズです。ちょうどリフレッシュさせたいタイミングとも重なり、すっかり元気さを取り戻しましたね」とコメント。管理予定の調教師は「先日、北海道に足を運んでチェックさせていただきました。脚元も確認しましたが、心配はなさそうですね。開業初年度からこれだけの馬をお預けいただけることになり、感謝していますし、何としても結果でお応えしたいです」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
骨瘤は解消し、球節の捻挫も快方に向かっており、騎乗運動を再開しました。管理予定の調教師も非常に大きな期待を寄せています。
2020/12/15
ノーザンファーム空港で育成中。現在はウォーキングマシンの運動を行っています。
担当スタッフは「坂路で16~17秒までペースを上げている段階でしたが、右前脚の球節を捻挫したため、先週からマシン運動にとどめています。お話しているように、牝馬にしては珍しいタイプでどっしりとしていますが、逆に言えば緩んでしまって太りすぎを心配するぐらいです。本音を言えば、あまり休ませたくないのですが、この段階で無理させる必要はありませんからね。左前脚の骨瘤は解消しており、その点はご安心ください」とコメントしていました。現在の馬体重は478kgです。
2020/11/25
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「しっかりした体質の持ち主であり、順調にキャンター調整を継続していても、食欲が旺盛です。がっちりした馬格を誇り、短距離向きのスピードタイプに育つでしょう。左前脚の骨瘤も心配なさそうです。牝馬ながら、のんびりした態度を崩しません。そんな精神的な特徴は長所である反面、気合い乗りに物足りなさがあり、太りすぎを心配するくらいですので、早めのデビューをイメージして、この時期としては強めのメニューも織り交ぜていきます」とコメントしていました。現在の馬体重は480kgです。
2020/11/13
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路では上限16秒ペースまで上げており、順調そのものです。体は成長してきているのが明らかですし、数字以外にも裏付けを感じられます。ここのところ、父の産駒はズブい面を見せるようになってきているのですが、本馬もそう感じる部分が出てきましたね。左前脚に骨瘤が見られるようになりましたが、そういった気性も考慮し、できるだけ緩めないようにしつつ、ケアもしながら進めていきたいと思います。管理予定の調教師も先日来場し、成長した姿にとても満足気な表情を見せていましたよ」とコメントしていました。現在の馬体重は479kgです。
2020/10/28
ノーザンファーム空港で育成中。引き続き周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「この間も順調に坂路でのキャンターを積み重ねることができました。ハロン17秒ペースに加速しても、楽々とこなせているうえ、背中の感触がしっかりしていて、フォームに安定感がありますね。疲れを翌日に持ち越すことはなく、健康面に不安はありません。現時点でも完成度が高いうえ、Yearlingから入場した際、436キロだった体重が30キロ以上も増加しているように、めきめき成長しているあたりも心強いですよ」とコメントしていました。現在の馬体重は470kgです。
思い描いていたよりも順調に育成調教を進めることができています。早くも成長力の高さを見せており、期待度は高まる一方です。
2020/10/15
ノーザンファーム空港で育成中。この中間も周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「坂路で17秒ペースまでピッチを上げていますが、ここまでは何の不安も感じさせず順調そのものです。他の馬でも述べていますが、ドレフォン産駒は手がかからず扱いやすく、欠点が少ないうえに仕上がりも早そうな印象で、育成を進めるにつれて産駒の評価が高まっています。体重も増えているのも理想的ですが、まだまだ伸びる余地があるだけに、適度にお休みも挟みながら進める予定です」とコメントしていました。現在の馬体重は463kgです。
2020/09/29
ノーザンファーム空港で育成中。現在は周回ダートコース、屋内坂路を併用して騎乗運動を行っています。
担当スタッフは「ノーザンファームYearlingより移動して3週間が経過したところですが、性格的に従順であり、馴致の課程は短期間で卒業できました。健康状態も安定しています。ドレフォン産駒は総じて調整の進み具合が早いのですが、トラックで長めを乗り込むとともに、坂路ではハロン18秒ペースのキャンターを開始しました。一歩一歩に力がこもり、スイスイと前進していますよ。母の産駒は緩い産駒が多いのですが、上に比べると完成は早いかもしれません」とコメントしていました。現在の馬体重は452kgです。
ドレフォン産駒は3頭が募集となりますが、それぞれに違った魅力が詰まっており、母系の良さを引き出す印象を受けます。3頭ともに結果を出し、父の評価を高めていきたいところです。

測尺:体高156.0僉ゞ三179.0僉ヾ桧20.0
page top
page top